2013年05月22日

あんたイモね!

スターダストの人気女優、北川景子のオフィシャルサイト、DIARYより。


近況など
2013/05/18(Sat)

http://official.stardust.co.jp/keiko/diary/index.html#13051801

先日はデビュー作のセーラームーンでお世話になった白倉プロデューサーや
田崎監督にお会いし「あれから10年、早いですね」等とお話しました。

白倉さんは映画「Dear Friends」で東映大泉でお会いして以来、
田崎監督は昨年太秦東映で「みをつくし料理帖」を撮影していた時に
田崎組と撮影時期が重なりよくお会いしていて、その時以来でした。

どなたとお会いしても、いつも決まってセーラー時代の思い出話に花がさきます。

忘れもしない10年前、セーラー戦士役の最終オーディションで
歌や踊りなど何か一芸を披露する、という審査があったのですが、
ごくごく普通の冴えない高校生だった私は何も一芸を持ち合わせておらず
オーディション前夜まで何を披露するか決められずにいました。

就寝前、私はとうとう思い詰め、サツマイモを半分に切ってラップで包み
彫刻刀と一緒に鞄の中に入れました。
そして当日のオーディション会場では容姿端麗で、
歌やダンスやバレエ、新体操など才能豊かな少女たちに紛れ
もうどうにでもなれと惨めな気持ちで審査員の前で黙々と芋版を彫って合格しました…

田舎から芋を持って上京した17の私は現実に打ちのめされ
神戸までの帰りの新幹線では「落ちるなら芋で落ちた。」と何度も強く思いました。
今では、芋があったから今の自分がいる、と強く思っています。
芋版で合格にして下さったお心の広い白倉さん、田崎監督には今も頭があがりません。(笑)



北川景子が新人時代にセーラームーンの実写版に出演し、セーラーマーズ・火野レイ役だったことはよく知られてるけど、全員が揃って行われたファン感謝祭のようなイベントで一人だけ握手会に姿を見せなかったがため「オタクを嫌っている」「出演していた事は黒歴史にしたがっている」といった噂が都市伝説のように語られているのですが、出演陣とは未だに時々会うほど仲が良く、それぞれの誕生日には全員必ず集まってパーティーをするというのも有名な話。
そんな彼女がDIARYで明らかにした実写セーラームーンオーディション秘話!
一芸披露しろと言われて何もない彼女が芋判を掘って合格・・・
大川興業のオーディションでナイフを取り出したハウス加賀谷なみのエピソードですね。しかしナイフで加賀谷が合格したように、北川景子も芋判で合格。人生何が起こるかわからない!何事もやってみるのが肝心。やりもしないで逃げたり、やってもいないことをさもやったかのように嘘つくとか、最低ですね!そんな人間にはならないでおこうと、北川景子のDIARYを読んで固く誓ったのであった。




同じカテゴリー(日記)の記事画像
前回の訂正記事です
タイムカプセルが見つからない
豚の逃走
ひきにげ!!
レジェンドゴールイン
まさみのすべて
同じカテゴリー(日記)の記事
 前回の訂正記事です (2017-12-17 00:45)
 タイムカプセルが見つからない (2017-08-25 00:10)
 豚の逃走 (2017-06-08 12:04)
 主任に口なし (2017-05-15 13:46)
 ひきにげ!! (2017-01-05 14:07)
 レジェンドゴールイン (2016-12-06 00:28)

Posted by 縛りやトーマス at 23:45│Comments(0)日記
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。