2013年06月12日

どこのメタルギア

太平洋の海溝から現れた巨大な怪獣と人が乗り込んで操縦する巨大ロボット【イェーガー】(イェーガーって!チャック・イェーガーか!?)が戦う、という内容に全世界の怪獣、特撮ファンが注目している映画『パシフィック・リム』日本公開は8/9だが少しずつ映画の全貌が明らかにされる中、日本版予告編(字幕版&吹替版)が公開された。


字幕版


吹替版


吹替版のナレーション及び主人公ラリー・ベケット(チャーリー・ハナム)の声に杉田智和、予告編の演説でおなじみ、スタッカー・ペンテコスト(イドリス・エルバ)の声に大塚明夫というどこの『メタルギア』だよ。でもサイコー!
『風立ちぬ』主人公の声に庵野監督と聞いて全員脱力している中、やはり本職しかも実力派の仕事はさすがやのー
怪獣映画が日本のスクリーンから消え去った今、この映画のヒットが今後の怪獣映画の行方を左右するといっても過言ではない(大ヒットすれば『ゴジラ』『ガメラ』もすぐに復活するであろう)『パシフィック・リム』に期待。

どこのメタルギア



同じカテゴリー(映画)の記事画像
第92回アカデミー賞直前予想
猫人間が有力!第40回ゴールデンラズベリー賞
永遠に閉じ込められるミステリー『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』
狼が帰ってきた!『野獣処刑人 ザ・ブロンソン』
これが日本の格差社会映画だ『カイジ ファイナルゲーム』
吹替がお好き? けっこう。ではますます好きになりますよ。
同じカテゴリー(映画)の記事
 第92回アカデミー賞直前予想 (2020-02-10 09:29)
 猫人間が有力!第40回ゴールデンラズベリー賞 (2020-02-09 23:12)
 永遠に閉じ込められるミステリー『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』 (2020-02-02 23:42)
 狼が帰ってきた!『野獣処刑人 ザ・ブロンソン』 (2020-01-27 23:14)
 これが日本の格差社会映画だ『カイジ ファイナルゲーム』 (2020-01-18 15:15)
 吹替がお好き? けっこう。ではますます好きになりますよ。 (2020-01-18 00:02)

Posted by 縛りやトーマス at 22:57│Comments(0)映画
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。