2013年08月02日

俺にも橋本愛がいれば・・・『俺はまだ本気出してないだけ』

『俺はまだ本気出してないだけ』を観る。



この手のダメ人間の苦闘を描いた映画には見方が二つある。「こんなダメなやつがいるんだー。ま、俺の方がナンボかマシだな!あーこんなのにならなくてよかった」と上から目線で軽く笑うか、「これは・・・俺のことだよ!」と他人事ではいられない、観るのがかえって辛くなるのか、どちらかだ。俺はもちろん後者だね!!

大黒シズオは42歳にして会社を辞めた。理由は?
「本当の自分を見つけるために」だ!
ここで「42にもなって本当の自分とか言ってる時点でアウト」とか言わないように!
シズオは勢いで会社を辞めたものの、別段目的はないので(本当の自分はどうした)毎朝ゲーム三昧。そんなシズオを見て父親(石橋蓮司)は「朝からファミコンばっかやってんじゃねえ」と怒鳴り散らす。父親の怒りも何処吹く風なシズオは「ファミコンじゃねえよ。PS3だよ」と言い返す(子供か!)
そんなシズオもある日ひらめいた。
「とうとう見つけちゃたよ。俺の生き方。俺、漫画家になるわ」
呆れて泣き出す父親を尻目にシズオは原稿に向かう。初日はペンネームを決めるだけで終わった。漫画家になるといったものの特に書きたいものもないので、ダラダラ眺めてみたテレビで時代劇をやっているのを見て「これだ!」と時代劇漫画を描き始め、初投稿!
結果はボツだったが担当編集者(濱田岳)は都合のいいこと言ってシズオを調子づかせて漫画を描かせる。例えばシズオが思いつくがままに時代劇、青春もの、アクション、恋愛もの・・・と描いてくるのを見て
「先生、ひょっとして・・・描けないものってないんじゃないですか?つまり、これといったテーマさえ見つければ・・・傑作ができる?」
てな具合にだ!
すっかり乗せられたシズオは次々漫画を書くが結局はボツばかり。しかし周りのことなど眼中にないシズオは「俺を誰だと思ってんだ!いいんですか?本気出しちゃって!」と諦めない。

こう書くと夢のために邁進するカッコイイ男の生き様でも描かれているのかと思うが、シズオは実の娘に金を借りたり、幼なじみ(生瀬勝久)と飲みにいって全額奢らせたりするどこからどうみても完全なクズ人間。
この幼なじみもなんでこんなクズに会うたびメシをおごるのだろうと思うが、真面目なサラリーマンな彼は実は嫁と「あなたは真面目に仕事してるし、優しいけれど、愛情が伝わらない」とわけのわからない理由で別居状態。息子とは週に数回しか会えない。「俺の人生、間違ってたのか?」と悩む彼は自由奔放、やりたい放題に生きているシズオのことを羨ましく思うのだった・・・
そんな幼なじみの気持ちを知る由もないシズオは
「くそ真面目にサラリーマンなんかやってないで、君も俺のように夢を追ってみたまえよ」
とエラソーなことをほざいたりする。

このどうしようもないクズ人間のシズオに少しでもフォローがあるのかと思いきや、ない!まったくない!
シズオは父親が働いてないので生活費をスーパーのレジ打ちで稼いでいる娘からも金を借りたりしていると書いたが、この娘が父親に文句のひとつも言わず、漫画家になると寝言をいう父親を見て微笑むだけ。普通「いいかげんにして」って嘆くぐらいのことするのに!この娘役は橋本愛なんだけど、ホンマに天使のような娘やで・・・2万円もあっさり貸してくれるし!
自分しか見えていないシズオは父親も幼なじみも、この天使のような娘のことだって気にかけてないのだが、ある日大変ショックなことがあって、勢いで飛び込んだファッションヘルスで娘が働いているのを発見!!橋本愛のいる風俗店!料金はいくらですか?
何も言わず男のために風俗で働く女・・・夢を追う男のそばにはこういう天使のような女が必要なんだな・・・
本来感動するような場面じゃないんだけど、なぜかジーンとしてしまった。

とまあ天使のような橋本愛に比べてラストにチョイ役で登場する指原莉乃はどっからどうみてもブサイクで優しさの欠片もない女で女優としても、女としても橋本愛に100対0で100連敗している。
なのに橋本愛に男がいるというだけで世間から冷たい扱いをされ、指原はパトロンがいるだけであんなにエラソーにしているのは納得できないぜ!

ほとんどの観客は主人公シズオのクズ人間ぶりにまるで感情移入できないだろうが、同じいい年して夢を追う人間として他人事とは思えない。俺に足りないのは橋本愛だな。橋本愛さえいれば俺も本気出すのに。



同じカテゴリー(映画)の記事画像
SFポリス・ストーリー『ポリス・ストーリー/REBORN』
ハリウッドデビューの被害者たち
俺のおかげでヒットした!自画自賛だらけの前田有一
リアル大人の鬼ごっこ『TAG タグ』
犬がトニカクカワイイ『ドーベルマン・ギャング』
人としてのボーダーラインはどこにあるのか『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』
同じカテゴリー(映画)の記事
 SFポリス・ストーリー『ポリス・ストーリー/REBORN』 (2018-12-17 09:09)
 ハリウッドデビューの被害者たち (2018-12-14 20:47)
 俺のおかげでヒットした!自画自賛だらけの前田有一 (2018-12-13 20:45)
 リアル大人の鬼ごっこ『TAG タグ』 (2018-12-11 23:55)
 犬がトニカクカワイイ『ドーベルマン・ギャング』 (2018-12-03 15:42)
 人としてのボーダーラインはどこにあるのか『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』 (2018-11-26 14:07)

Posted by 縛りやトーマス at 02:08│Comments(2)映画
この記事へのコメント
橋本愛でも能年玲奈でもなく、有村架純に100点!
Posted by 生クリーム新党 at 2013年08月02日 09:35
指原に斬り捨てられてから、目標を漫画家からゲームデザイナーに切り替えて、ダメ人間の無駄に逞しいところをアピールするオチかと思ったら、

パン屋も無事?にオープンして普通にベタなオチになったのは逆に驚いたというか。

ちなみに橋本愛は、原作の漫画家さんとの対談で思いきり『読んだ事はなかったです』と言うてました(苦笑)
Posted by kajio at 2013年08月02日 11:13
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。