2014年02月27日

名づけて……ゴリラ野球!!

一年ほど前に『伊集院光の深夜の馬鹿力』で話題になったゴリラがプロ野球に挑戦するという異色の韓国映画『Mr.GO』の日本公開がついに決定。

名づけて……ゴリラ野球!!

ミスターGO!公式サイト
http://go.gaga.ne.jp/

韓国版の予告編では細かい内容がわからなかったのだが、



今回大まかなあらすじが判明したのでご紹介しよう。
以下ストーリー。

万年最下位球団ベアーズは、一世一代の賭けに出た。凄腕スカウトマンが連れてきた大物ルーキーに、起死回生を託したのだ。ルーキーの名は<ミスターGO>。
その正体は、資金難に陥ったサーカス出身のゴリラだった。GOは借金返済のため、ゴリラ使いの少女とともに、球団に雇われたのだ。
「ゴリラの入団なんて非常識だ!」
「ルールブックには人間だけでチームを作れとは書いてない!」
世間を巻き込む大騒動の末に迎えたミスターGOの初打席。剛速球を弾き飛ばした打球はフェンスを越え、バックスクリーンを打ち砕く。”代打の切り札”として快進撃を始めるミスターGO。噂は日本のプロ野球にも飛び火し、空前のゴリラ争奪戦へと突き進む。
だが、突如現れたライバル、ゴリラ投手ZEROSとの決戦を前に、ミスターGOの膝が悲鳴を上げた。九回裏、二死満塁。運命の打席に果たして彼は立てるのか?ベアーズは万年最下位の汚名を返上できるのか――?



途中で別のゴリラが登場するんだ!スタジアムで激突するゴリラVSゴリラ!大体ゴリラってプロ野球入れるの?「ルールブックに書いてない!」ってそりゃ書いてないだろ!

ちなみにこれ、どこにも明記されてないんだけど、野球漫画の巨匠・水島新司が70年代前半に発表した読み切りマンガ『たそがれちゃってゴリ』(『野球狂の詩』のコミックスに収録されているが、本来は『野球狂の詩』とは関係ない単独の読み切り)が元ネタだよね?
『たそがれちゃってゴリ』は村山実監督(プレイングマネージャー時代)の阪神タイガースにゴリラが入団しようとする話で、ある日練習中のグラウンドに少年に連れられてきたゴリは江夏の直球を場外までかっとばし、一瞬で盗塁を決める。村山監督は「こいつぁいける!」と早速ゴリを入団させようとするのだがコミッショナーに
「ゴリラの入団は認められん」
と突っぱねられる(当然)。しかし村山は
「入団規則にゴリラの入団を認めないとは書いてません!ゴリラが動物でダメというなら人間だって動物です!」
ザトペック投法ばりの強引さでねじ伏せようとする。村山監督の熱意に押されたコミッショナーは緊急会議を招集。そこに現れた動物学者が「ゴリは危険な種類のゴリラです」と指摘、結果入団は不可。しかし数ヵ月後の新聞には大リーグで活躍するゴリの勇姿が!「こんなことになるならあの時……」と項垂れるコミッショナー。そのころゴリのいない阪神タイガースは負けまくって甲子園には閑古鳥が鳴いていたのであった。

というもう完全に元ネタやんけ、と思われるのだが『ミスターGO!』には韓国で86年に発表された漫画『第7球団』という原作があるらしい。つまりそれが『たそがれちゃってゴリ』の朴、いやパクリ……ゴホゴホ、オマージュ作品というわけで……ああややこしい。
しかし「動物がプロ野球の試合に出る」という話は別に水島新司がオリジナルってわけじゃない。1919年にニューヨーク・ジャイアンツ(現サンフランシスコ・ジャイアンツ)で猿が数イニングだけプレーしたという実話があって、それを元にした『モンキー・リーグ/史上最強のルーキー登場』という映画もある。猿まで選手にしていたとはさすがメジャーリーグやな。

とまあこんな論争はともかく『ミスターGO!』楽しみなので5月の公開が待ち遠しい。
あ、ちなみに中日ドラゴンズのオーナー・イトウ役でオダギリジョーが出演しており、ゴリラを飼っている少女、ウェイウェイの日本語吹き替えは田村ゆかりさんですよ!




同じカテゴリー(映画)の記事画像
高島礼子がキャインキャインと鳴いて政伸に噛みつく!わんわんばんこ!『犬鳴村』
これぞ真の社会正義映画!ドンキー!『ロバマン』
第92回アカデミー賞直前予想
猫人間が有力!第40回ゴールデンラズベリー賞
永遠に閉じ込められるミステリー『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』
狼が帰ってきた!『野獣処刑人 ザ・ブロンソン』
同じカテゴリー(映画)の記事
 高島礼子がキャインキャインと鳴いて政伸に噛みつく!わんわんばんこ!『犬鳴村』 (2020-02-27 21:18)
 これぞ真の社会正義映画!ドンキー!『ロバマン』 (2020-02-19 01:41)
 第92回アカデミー賞直前予想 (2020-02-10 09:29)
 猫人間が有力!第40回ゴールデンラズベリー賞 (2020-02-09 23:12)
 永遠に閉じ込められるミステリー『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』 (2020-02-02 23:42)
 狼が帰ってきた!『野獣処刑人 ザ・ブロンソン』 (2020-01-27 23:14)

Posted by 縛りやトーマス at 23:40│Comments(1)映画
この記事へのコメント
そういえば、韓国では3Dで公開されたんですよね。

日本における3D映画バブル(という程反響があったかは知らんけど)が弾けた後の公開になった事だけは残念です。
Posted by kajio at 2014年02月28日 00:45
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。