2014年03月03日

何もかもみんな爆破したい『ウルフ・オブ・ウォールストリート』

「アカデミー賞が欲しいよコンビ」こと(スコセッシは持ってるけど)マーティン・スコセッシ&レオナルド・ディカプリオの『ウルフ・オブ・ウォールストリート』を観た。



26歳で証券会社を設立、年収49億円を達成し"ウォール街のウルフ”と呼ばれるも36歳ですべてを失い破滅―
破格の成功、贅沢、破滅。すべてが型破りすぎた狼の生き様、まさに伝説の男をスコセッシとディカプリオが描き出す!


22歳でウォール街に飛び込んだジョーダン・ベルフォート(ディカプリオ)は清く正しい真面目な株式ブローカーとして入社初日に上司ハンナ(マシュー・マコノヒー)から「ブローカーとは何かね?」と問われる。
「それは、お客様にいい株を買ってもらって、儲かっていただいて……」
「違う!いいブローカーってのはな、馬鹿の財布から金をくすねて自分の懐に入れるんだよ!!」
ランチタイムにドラッグを決め、酒を煽るハンナに度肝を抜かれるベルフォート。
「これがウォール街なんだ!!」
半年で正規ディーラーの資格を得、ハンナのようなブローカーを目指した初日は1987年10月19日。ブラック・マンデー!会社は潰れ、職なしになったベルフォート。
「カタギにでもなろうかな……」
と項垂れるベルフォートを「あきらめちゃだめよ!」とハッパをかける妻のアドバイスで小さな会社から出直すことに。
ハッタリと人の心を鷲掴みにする話術で頭角を表すと、街で知り合ったドニー(ジョナ・ヒル)とともに26歳で自分の証券会社を設立、かき集めた部下たちに「ベルフォート流・客が必ず買いたくなるセールストーク」を叩き込み、ガレージで始めた会社はあっという間に成長、自社ビルに移転。
ウォール街の寵児となったベルフォートをフォーブスが取材しにくる。しかし出来上がった記事は「金持ちから金を取り上げ、自分と部下に分け与えるウォール街のウルフ」と揶揄する批判記事だった。訴えましょうと怒る部下にベルフォート、
「こいつを見て金を稼ぎたい奴らがうちに集まってくるさ」
その読み通り、フォーブスを読んだ若者たちがベルフォートの元に集まってくる12人で始まった社員は700人を越えるように。700人の頂上に君臨するベルフォートは毎朝、ステージに立って部下をアジる。ベルフォートのスピーチを聞いた部下たちはモチベーション上昇!教祖ベルフォートのありがたい言葉を聞けば働かずにいられない!
札束、酒、ドラッグ、そして女が飛び交うオフィスは酒池肉林の極楽浄土。貯金ゼロから年収49億円を稼ぎ出すように。しかし詐欺同然の手口で大金を稼ぐベルフォートにFBIの捜査の手が伸びる。


マーティン・スコセッシがいつもやってる一般世間では到底受け入れられないタイプの人間を思い入れタップリに描く映画。
ディカプリオ演じるジョーダン・ベルフォートはカリスマ性があり、リーダーシップを発揮し、人の上に立つ資格のある男だが、そういった才能をすべて人を騙すことに使ってるというどうしようもない人でめちゃくちゃとしか言えないやり方で荒稼ぎした金を湯水のごとく使いまくる!
コカインのジョイントを巻く紙替わりにドル札を使って吸ったらゴミ箱に捨てちゃう。だからゴミ箱はドル札で溢れてるの!しかもそれ会社のオフィスで!イカレポンチの社員がコールガールと社内セックスし始めるのでさすがにイカンと「社内セックス禁止令」の張り紙が出される。でも社長が自分の個室でハメまくってるので意味なし(笑)
道徳とかそういうものをトイレに流すような素敵な映画!何かあったら酒、ドラッグ、女!の三拍子!これが3時間続くの。頭クラクラしてくるわ。
後半にディカプリオとジョナ・ヒルがレモンってドラッグでラリラリになって足腰立たない状態で大げんかを始める場面があるんだけど、映画史上例を見ない不抜けたアクションシーンでねこれが。スター・トレックのカークVS怪獣ゴーンを越えてるよw



ディカプリオの壮絶なドヤ顔演技も素晴らしく3時間はあっという間ですわ。
ベルフォートはどうしようもない詐欺師なんだけど、不思議な魅力があってなんか嫌いになれない。実際のベルフォートも詐欺罪で懲役食らったんだけど今は出所して必ず儲かるセールストーク術みたいなセミナーをやってて、またそれに人が集まってるらしい。ホリエモンや与沢翼を信奉する人がいるのと同じこと。ベルフォートもホリエモンと同じで「金があれば女は芋づる式!」を実践し、ほぼ同じ失敗をしたわけで、ベルフォートのような下品な人生にちょっとでも憧れてしまう俺みたいな人間からするとやっぱり最後には罰が下るオチには納得しつつも結局のところ、この世界はすでに勝ち組負け組が決まっていて新参者がやってきても足元掬われるんだけなんだな……としんみりしてしまうわ!
庶民が夢見ちゃいかんのですか!純白のメルセデスにプール付きのマンション、最高の女とベッドでドン・ペリニヨン飲んじゃいかんのですか!!いつか奴等の足元にBIG MONEY叩きつけてやる!



同じカテゴリー(映画)の記事画像
俺のおかげでヒットした!自画自賛だらけの前田有一
リアル大人の鬼ごっこ『TAG タグ』
犬がトニカクカワイイ『ドーベルマン・ギャング』
人としてのボーダーラインはどこにあるのか『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』
全編PCの画面で展開する、本当に革新的かつ感動作『search サーチ』
セガール化するワシントン『イコライザー2』
同じカテゴリー(映画)の記事
 俺のおかげでヒットした!自画自賛だらけの前田有一 (2018-12-13 20:45)
 リアル大人の鬼ごっこ『TAG タグ』 (2018-12-11 23:55)
 犬がトニカクカワイイ『ドーベルマン・ギャング』 (2018-12-03 15:42)
 人としてのボーダーラインはどこにあるのか『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』 (2018-11-26 14:07)
 全編PCの画面で展開する、本当に革新的かつ感動作『search サーチ』 (2018-11-22 13:43)
 セガール化するワシントン『イコライザー2』 (2018-11-17 00:24)

Posted by 縛りやトーマス at 23:54│Comments(0)映画
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。