2014年11月14日

金曜ロードSHOW!に何が起こったか

 11/14の金曜ロードSHOW!はガイ・リッチー監督の『シャーロック・ホームズ シャドウゲーム』を放送していたんですが、Twitterなどで大盛り上がり。別に、映画の内容が面白かったってわけじゃない。なんと放送中、左上にタイトルと今何が起きているのか展開の説明が延々とテロップで表示されていたのだ。

※参考画像
金曜ロードSHOW!に何が起こったか

 NHK朝ドラとかでやってる字幕放送じゃあるまいし、「視聴者に何が起きているのか逐一説明しないとわからないじゃない!」とでも言いたいのか。CM開けにはさっきまでのあらすじまでやる気合の入れよう。Twitter、2ちゃんねるでは抗議の書き込みで溢れかえり、#金曜ロードショーの左上のテロップにありがちなことというハッシュタグまでつくられ、ネタにされていた。
 『2001年宇宙の旅』とか『メトロポリス』、『デビルマン』(実写)みたいな難解な映画だったら解説のための説明文が挿入されるのはアリだと思うけど(『デビルマン』(実写)は別の意味で難解なんだけど…)『シャーロック・ホームズ シャドウゲーム』って別に説明いらないよな。大体金曜ロードSHOW!で流れてた説明文は単に今何が起きているか、次どうなるのかを表示してるだけだからな。これって2ちゃんねるの実況板のカキコや、ニコニコ動画のコメントレベルのことだよ。キタ━(゚∀゚)━!とかワロスとかwwwwwとか書いてるだけの。何の意味もない。
 いったいどういう意図があってこんな説明を入れたのか、金曜ロードSHOW!のスタッフに聞いてみたい。来週は『千と千尋の神隠し』だが、これも同様に「湯婆婆が千尋に千という名前をつける」「この後、カオナシ登場!」とかやるつもりじゃないだろうな?ラピュタだったら「この後“バルス!”」「目がぁー目がぁー」とかやるの?
 金曜ロードショーってどんどん変になってるよな。テレビにおける映画番組の未来が心配。




同じカテゴリー(映画)の記事画像
114通りの未来を観た男
ゴジラファンは複雑なのだ『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』
次回もドンソクと地獄に付き合ってもらう『神と共に 第一章:罪と罰』
女優二人の怖顔対決『貞子』
理屈じゃないんだ、炎なんだよ!『プロメア』
演技派ジャッキーが開眼する『ザ・フォーリナー/復讐者』
同じカテゴリー(映画)の記事
 114通りの未来を観た男 (2019-06-13 18:33)
 ゴジラファンは複雑なのだ『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』 (2019-06-11 20:32)
 次回もドンソクと地獄に付き合ってもらう『神と共に 第一章:罪と罰』 (2019-06-06 23:19)
 女優二人の怖顔対決『貞子』 (2019-05-31 23:10)
 理屈じゃないんだ、炎なんだよ!『プロメア』 (2019-05-28 17:46)
 演技派ジャッキーが開眼する『ザ・フォーリナー/復讐者』 (2019-05-26 16:59)

Posted by 縛りやトーマス at 23:57│Comments(0)映画テレビ
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。