2015年02月24日

本筋と咬み合わない野球描写『アゲイン 28年目の甲子園』

本筋と咬み合わない野球描写『アゲイン 28年目の甲子園』

 元高校野球部員の坂町(中井貴一)のところに女子大生の戸沢美枝(波留)がやってくる。マスターズ甲子園(高校野球OBが出場できるアマチュアの甲子園大会)の学生スタッフである美枝は大会への参加を誘いに来たのだが、「野球をやってたのはもう昔のことだから」とけんもほろろな対応の坂町に美枝は自分が坂町の後輩、松川典夫の娘だと告げる。
 松川は一年前の震災で亡くなり、遺品から野球部員に宛てた27年分の年賀状の束を見つけ、なぜ一枚も出さずに年賀状を書き続けていたのか、父親が元野球部だったということも知らない美枝は唯一宛先が書かれてあった坂町の元にやってくればその謎が解けるかも知れないと思っていた。
 野球部時代、坂町はキャプテンとして夏の県予選決勝まで勝ち進んだが、決勝前日野球部員が暴力事件を起こし、あえなく出場辞退。その事件を起こした部員こそ松川だった…

 枯れたオヤジたちが「あの時の夢をもう一度!」と衰えた体に鞭打って夢の舞台を目指す『アゲイン 28年目の甲子園』は父の過去を知らない美枝、坂町と疎遠になっている娘(門脇麦)、暴力事件のきっかけを作ってしまったマネージャー裕子(和久井映見)の和解の物語だ。清々しいほどのイイ話で、クライマックスのキャッチボール場面はベタベタで結末は誰でも予想できるんだが、それでも胸に込み上げてくるものを抑えきれない展開。だが残念なことにそういった和解の物語と野球場面がまったく吊り合っておらず、野球の試合自体が盛り上がらない!これ、物語と野球が咬み合っていれば傑作になったのに…
 例えでいうと、『タッチ』のクライマックス、3年生の地区大会決勝を思い浮かべてくれ!主人公達也と柏葉監督はそこまではお互いいがみ合っていながら、奇妙なシンパシーを互いに感じてもいた。柏葉監督は出来のいい名キャプテンだった兄が卒業した後に入部するが、レギュラーを奪われそうになった先輩部員のイジメに遭って退部するハメになり、その復讐にやってくる。兄に対して妬みを覚えていた柏葉に、かつて出来のいい弟に対して少なからずジェラシーを感じていたことがある達也にとって柏葉の思いは他人事ではなかった。二人は決勝戦一試合(監督就任から地区予選、決勝までの数カ月間という長い期間を通じて)をかけて和解する。『アゲイン 28年目の甲子園』もそういう風に描きたかったんじゃないのかな?
 見せ場の暴力事件の真相が語られる場面なんて、和久井映見が棒立ちでしゃべってるだけ!その演出ってどうなの。

 本作のメインヒロインを演じた波留はこれまで名前もない脇役ばかりだったが本作では立ち位置の難しい役を魅力的に演じており、彼女の代表作になると思われる。後に本作を振り返って文字通りのアゲイン、あの時の波留をもう一度!ということはあるだろうが、この映画自体はあっという間に忘れ去られると思う

 余談だが、東映の映画で甲子園と聞くとざわざわする。鈴木則文監督の『スケバン 女番長』(73)って映画で元高校球児で今はヤクザの用心棒という設定の宮内洋が組を裏切って杉本美樹を助けようとするのだが、思い出の地、甲子園のマウンドに立つ宮内洋を組のヒットマンが狙う!(もちろん、甲子園で完全ロケです!)銃弾に撃ちぬかれる宮内洋!しかしワインドアップモーションからエイヤ!とドスをオーバースロー!スタンドにいるヒットマンに命中!甲子園で元球児が殺人事件!!という壮絶な場面を東映は甲子園に「夢を断たれた元高校球児が再生を目指す感動作」とかなんとか嘘ついて(本当のこというと使わせてもらえないから)撮影許可をもらったものの、出来上がった映画を見て甲子園大激怒。その後しばらく東映は甲子園から出禁を食らったという過去がある。だから『アゲイン~』で堂々甲子園ロケしているのを見ると♪あんな時代もあったねと~思い出す日が来るわ





同じカテゴリー(映画)の記事画像
ツカマルシアター
スミーニャ軍曹の鬼解説T-34
犬が修斗する映画『ジョン・ウィック:パラベラム』
一行さんにツンツンされたい未来『HELLO WORLD』
秋だ一番!ジェイソン・ステイサム祭り!
20年封印されたメイキング ジム・キャリー大暴れ『ジム&アンディ』
同じカテゴリー(映画)の記事
 ツカマルシアター (2019-10-17 21:15)
 スミーニャ軍曹の鬼解説T-34 (2019-10-12 05:23)
 犬が修斗する映画『ジョン・ウィック:パラベラム』 (2019-10-10 13:56)
 一行さんにツンツンされたい未来『HELLO WORLD』 (2019-10-06 03:31)
 秋だ一番!ジェイソン・ステイサム祭り! (2019-10-03 10:50)
 20年封印されたメイキング ジム・キャリー大暴れ『ジム&アンディ』 (2019-10-02 23:41)

Posted by 縛りやトーマス at 09:32│Comments(4)映画
この記事へのコメント
『みなさん、さようなら』では何とも言えない色気を出していた波留が、こちらではエンクミちゃんみたいな爽やかさを出すんだから、女優は怖いって改めて思いました((((;゜Д゜)))
Posted by kajio at 2015年02月26日 23:54
いい役者なのに仕事に恵まれなくて残念
Posted by 縛りやトーマス縛りやトーマス at 2015年03月07日 18:09
>縛りやトーマス
>いい役者なのに仕事に恵まれなくて残念

そんな事を書いた矢先にNHK朝ドラの主役に抜擢されるとは!?

こんなサクセスストーリーもあるんですね(*_*)
Posted by kajio at 2015年03月13日 04:43
波留なのに『あさが来た』って…
大阪枠放送なので楽しみです
Posted by 縛りやトーマス縛りやトーマス at 2015年03月13日 04:53
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。