2015年07月30日

トム・クルーズVS江頭2:50 グランブルー対決か

 シリーズ最新作がつくられるごとに危険なアクションに自ら挑む不滅の男トム・クルーズの『ミッション・インポッシブル』シリーズ。この度5作目『ローグ・ネイション』が公開される(日本8/7、北米は7/31)のだが、トムはまたもや前作超えに挑むのであった。

トム・クルーズVS江頭2:50 グランブルー対決か

 トムが離陸直前の飛行機に侵入しようとするがミスでそのまま飛行機は離陸してしまう…という予告編、ポスターにも使われている本作を象徴するこのシーン。いくらなんでもこの場面はスタジオでブルーバック撮影だろう…と思ってたら甘かった。現在YouTubeでこのシーンの撮影模様がアップロードされている。





 見てみたらトムをワイヤーで飛行機に固定したまま、本当に飛ばしていた。死んじゃうよ…こんなことしたら…しかも本当に凄いのはこのシーンではなく、水深6mで6分間息を止めて撮影したというシーンらしい。

トム・クルーズ水中6分間息止めスタント演技
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1514489.html


 まだ公開前のためどういうシーンなのかわからないけど、この場面をトムはノーカットで6分間演じきったという。ということは水中で6分間息を止めてたってこと!あの浅ヤンの伝説企画、水中息止め対決で江頭2:50が達成した4分14秒よりも長い!
 人知を超えた体の動きにタランティーノも惚れ込んだことがあるエガちゃんにライバル意識を燃やしたのかトム。「エガちゃんには負けられないっすよ!」まさに絶対不可能な作戦に挑む男!『007/スカイフォール』にも水中アクションのシーンがあったからそれに対抗したのかも知れないけど、いやトムの相手はトルコ人も騒がせた男、江頭でしょう。
 これを聞いたエガちゃんが「老け専のやつには負けられないっすよ!!」とまた余計なことをいって国際問題に発展しないかどうか不安!ローグネイションって無法国家という意味だけど「ならず者」の意もあるので、これは日本のならず者、江頭2:50対トム・クルーズのローグムービーだ!!ぜひ水道橋博士に対決のシナリオを書いてほしい。




同じカテゴリー(映画)の記事画像
これが日本の格差社会映画だ『カイジ ファイナルゲーム』
吹替がお好き? けっこう。ではますます好きになりますよ。
第92回アカデミー賞ノミネート作品(決戦は2月9日)
てめえら、揚げてやる!『エクストリーム・ジョブ』
過去最高にカワイイ浜辺美波『屍人荘の殺人』
人生という宮殿『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』
同じカテゴリー(映画)の記事
 これが日本の格差社会映画だ『カイジ ファイナルゲーム』 (2020-01-18 15:15)
 吹替がお好き? けっこう。ではますます好きになりますよ。 (2020-01-18 00:02)
 第92回アカデミー賞ノミネート作品(決戦は2月9日) (2020-01-14 00:11)
 てめえら、揚げてやる!『エクストリーム・ジョブ』 (2020-01-12 13:50)
 過去最高にカワイイ浜辺美波『屍人荘の殺人』 (2019-12-26 22:55)
 なんと劇場アニメの公開数が3桁! (2019-12-22 16:17)

Posted by 縛りやトーマス at 23:18│Comments(0)映画
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。