2015年08月04日

スッキリ!!疑惑の追求

 ついに全米公開された『ミッション・インポッシブル ローグ・ネイション』がシリーズ歴代二位のオープニング記録で好スタート。シリーズ最高傑作の呼び声も高く(前作『ゴースト・プロトコル』の時もそういってたけどな…)、日本での大ヒットも期待されるところ。

 そして8月7日の日本公開を迎え、トムがキャンペーンのため来日。各テレビ番組に出演して精力的に宣伝をこなしていたのだが、その時歴史が動いた。


“身長詐称疑惑”トム・クルーズに最大タブー!? 日テレ『スッキリ!!』で「靴を脱げ」の暴挙にファン驚愕!?
http://www.cyzo.com/2015/08/post_23226.html




 なんと体で番組名『スッキリ!!』のスの字を表現するため雪駄を用意して履き替えてもらおうとしたのだが、トムの来日キャンペーンの専属担当といっても過言ではない、字幕翻訳家の戸田奈津子さんが「それは無理」と慌てて阻止。
 トムが婆専で公称よりも身長が低い、というのはほぼ公然の秘密(身長はともかく、婆専は公称してへんわ!ほっといたれよ!)なのだが、『スッキリ!!』スタッフは上手く靴を履き替えるよう誘導して「トム、実は身長低かった!」の真実を暴こうという文字通りのミッション・インポッシブルに挑戦したというのか!しかしその前に立ちはだかるシンジケート・戸田奈津子によってあえなく敗れ去ったのであった…

 これは戸田さんが悪いよ。トムはなんといっても大スターなんだから、ド失礼な日本のテレビ局スタッフが「靴を履き替えろ」と要求しても、そこはニコニコ応対してくれますよ。
 上重アナが「雪駄に履き替えてください」といったら「デハ、アナタモコレニハキカエテクダサイ」ごく自然にABCマートで買ったスニーカーを差し出すトム!曇る上重アナの表情!!上重アナのプライベートデータすらも収集していたとは、恐るべきIMF!絶対不可能に挑む男、大勝利!!

 これぐらいのシナリオはクリストファー・マッカリーが用意してると思いますよ。




同じカテゴリー(映画)の記事画像
すべては浜村淳の思し召し『嘘八百』
痛い女の前代未聞復讐劇『リベンジgirl』
なぜリメイクした『オリエント急行殺人事件』
最初からクライマックス!?『ガールズ&パンツァー最終章 第一話』
お前はジーグだから『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』
8作目から観ました
同じカテゴリー(映画)の記事
 すべては浜村淳の思し召し『嘘八百』 (2018-01-15 01:05)
 痛い女の前代未聞復讐劇『リベンジgirl』 (2018-01-06 23:51)
 なぜリメイクした『オリエント急行殺人事件』 (2018-01-01 22:48)
 最初からクライマックス!?『ガールズ&パンツァー最終章 第一話』 (2017-12-30 09:43)
 お前はジーグだから『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』 (2017-12-24 20:35)
 8作目から観ました (2017-12-23 22:05)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。