2015年08月10日

本木のいちばん長い日『日本のいちばん長い日』



 1967年に映画化された岡本喜八監督のオールスターキャスト映画『日本のいちばん長い日』の再映画化。1945年、昭和天皇と閣僚らがポツダム宣言の受諾を決定し、玉音放送にて国民に降伏を知らせた8月14日の正午から翌15日の正午まで、その間に起きた陸軍の一部将校らによる降伏を撤回させようとした宮城事件を描いた、つまり『日本のいちばん長い日』だ。

 今回、原田眞人監督による2015年版のもっとも大きな違いは本木雅弘演じる昭和天皇の存在だ。67年版にも昭和天皇は登場する(演じたのは八代目松本幸四郎、松たか子のお祖父さん)が遠くからの姿だったり、背中しか写っていなかったりだ。
 今回は4月に戦中最後の首相、鈴木貫太郎(山崎努)が昭和天皇の要望があって誕生するあたりから天皇の姿が描かれる。鈴木首相はかつて天皇の侍従長を務めており、鈴木侍従長の時代に侍従武官を務めていた阿南惟幾(役所広司)陸軍大将が鈴木によって陸軍大臣に選ばれる。鈴木、阿南は昭和天皇の信頼も厚い人物(阿南が武官時代に天皇の乱れた軍服の裾を直すシーンに示される)で、昭和天皇の肝いりで誕生した鈴木内閣は終戦を迎え入れるための内閣なわけだ。

 ところがそうすんなりとは収まらない。7月にポツダム宣言が連合国より発表され、すでに沖縄も陥落した今、日本の敗戦は避けられないが陸軍の一部は徹底抗戦を主張し、「二千万の国民が玉砕すれば戦争に勝てる」などと本土決戦を阿南に求める有り様。そんな状況でも77歳という高齢の鈴木首相はのらりくらりとその場をかわしているが8月、広島と長崎に原爆が落ち瀬戸際に追い詰められる。それでも鈴木は「無条件降伏」では「天皇を連合国に委ねることになるのか」と決断できない。阿南も陸軍内部から「本土決戦して一矢報いてから有利な条件で講話を」と主張する意見が出てくるのを必死に抑える。昭和天皇は鈴木と阿南の苦悩を知りながら政治においそれと口を出すことができない。
 8月9日の御前会議でも決着がつかず、鈴木首相は「ご聖断を仰ぐ」とし、昭和天皇によりついに無条件降伏の受け入れが決まるも無条件降伏を受け入れられない若手主戦派の畑中少佐(松坂桃李)らに詰め寄られた阿南は叫ぶ。
 「ならば阿南を斬れ!」
 徹底抗戦派が暴発するのは時間の問題であるのに、玉音放送の原稿を巡って陸軍と海軍の上層部が衝突する。


 昭和天皇、鈴木首相、阿南大臣によって終戦までの絵が描かれた、とされる2015年版では昭和天皇を遠景や背中だけで済ませるわけにはいかず終始天皇は出ずっぱり。本木雅弘はあの玉音放送のレコードでも知られる甲高い声を再現し、ソクーロフの『太陽』に見られるようなチャーミングに見える天皇の姿を演じきる。本木雅弘にそんなイメージがまったくないので驚かされる。
 本木雅弘といえばシブがき隊時代の『スシ食いねェ!』、周防正行監督の『シコふんじゃった。』のイメージが強いと思われるが(いつの話や)、その二つの印象を軽く打ち破る存在感でほとんど本木雅弘一人の映画と言ってもいい。
 本木雅弘もここに辿り着くまで耐え難きを耐え、忍び難きを忍んできたんだな…と。まさに本木のいちばん長い日。この後公開される原発テロ映画『天空の蜂』でも本木は重要な役で強烈なイメージを残している。この夏、本木が熱い!





同じカテゴリー(映画)の記事画像
勝手に好きになれよ『先生!、、、好きになってもいいですか?』
これぞプログラムピクチャー時代の進化系『GODZILLA 怪獣惑星』
映画をひとりで観るのがそんなに哀しいのか
童貞を死に追いやる女優
爆音マクロス
広瀬アリスの目力に注目『氷菓』
同じカテゴリー(映画)の記事
 勝手に好きになれよ『先生!、、、好きになってもいいですか?』 (2017-12-12 00:27)
 これぞプログラムピクチャー時代の進化系『GODZILLA 怪獣惑星』 (2017-12-09 02:31)
 映画をひとりで観るのがそんなに哀しいのか (2017-11-30 00:26)
 童貞を死に追いやる女優 (2017-11-28 19:38)
 爆音マクロス (2017-11-24 12:47)
 広瀬アリスの目力に注目『氷菓』 (2017-11-21 14:05)

Posted by 縛りやトーマス at 22:22│Comments(1)映画
この記事へのコメント
最近は海外映画でイッセー尾形さんや片岡孝太郎さんが演じられてますが、昭和天皇役は相当なプレッシャーかと思われます。モックンは記事の通り素晴らしい存在感でした。
Posted by 沖田 at 2015年08月11日 01:06
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。