2016年01月22日

俺たちゃ黒いプリキュア!『ストレイト・アウタ・コンプトン』



 ギャングスタラップを全米に広めた伝説のラップ・グループ、N.W.A.の自伝的映画。

 イージー・E(ジェイソン・ミッチェル)が麻薬の取引をしている「ツケにしてくれよ」「舐めてんのか!金払わなきゃブツは渡さねえ!」すると地を揺るがすキャタピラの音と振動が…装甲車だ!!なんと警察が麻薬の取引現場を襲撃するのに砲塔つけた装甲車を持ち出す。民家の一室で対面の取引なのに!?
 舞台は1980年代のカリフォルニア州コンプトン。ギャンググループが二つに別れて街を仕切り、昼間に拳銃持って街をうろついてんの!街を脱け出すにはギャングに入るか、死体袋に入るかだ!警察だって装甲車持ってこないとヤバイの!屋根伝いに警察の手から逃げ出すイージー・E。「いつまでもこんなことしてられねえ…」
 「ラッパーとして成功してえ…」とうわついた夢を抱く無職野郎(ここ重要)ドクター・ドレー(コーリー・ホーキンス)、街を歩いているだけで「ドラッグのディーラーかてめえは!とっとと家に帰りやがれ!」と警察に職質されるアイス・キューブ(オシェア・ジャクソン・Jr.、アイス・キューブの息子!)らは同じ思いを抱いてN.W.A.を結成する。

 白人プロデューサーのジェリー(ポール・ジアマッティ)もついてレコーディングが始まる。しかし当時のアメリカ西海岸は黒人差別の吹き荒れる時代、メンバーがレコーディングスタジオの前にたむろしているだけで警察に職質!黒人警官に「這いつくばれ!両手を頭の後ろで組め!」と強要されて頭を蹴られるメンバーたち。
 「てめえは黒人だろ?ブラザーにこんなことすんのか!?」
 「ポリ公、ムカつくぜ!!」
 キューブはそんな怒りを詩に込める。タイトルは『Fuck the Police』!



 「くたばれポリ公!」
 「ポリ公がオカマかどうか知らねえが ニガーを尋問してキンタマ握りやがる」
 「そのくせ銃がなきゃなんにもできねえ」
 「警察には少数派を殺す権利がある!」

 アルバム『Straight Outta Compton』は大ヒットし、全米の国民は初めて知らされる。警官から黒人が受ける差別的な扱いを!(ロドニー・キング事件が起きるのはアルバム発売の3年後)
 N.W.A.は一躍有名になるが、当然警察、FBIに目をつけられるようになった彼ら。全米ツアー中のデトロイトではライブ前に呼びだされ「ピー・ザ・ポリスは歌うな。歌ったらその場で逮捕だ!」さすがロボコップの街デトロイト、警官も高圧的だな!
 「ポリ公、ムカつくぜ!」の怒りを新たにしたN.W.A.、かますことにする。「みんな聞いてくれ!ライブ前にポリ公が来て歌うなっていいやがった!」超満員の観客、一斉にブーイング!「俺たちは歌いたいことを歌って、言いたいことを言う!聴いてくれ『Fuck the Police』!!」すると警察が威嚇射撃を始める!大騒ぎの中メンバーは捕らえられる。だが、これが逆にN.W.A.のカリスマ性を高めてゆく…

 しかし絶頂期を迎えたメンバーの蜜月は長く続かない。大ヒットしても儲かっているのはプロデューサーのイージー・Eとマネージャーのジェリーだけ。二人がレストランでワイン飲んでる時にアイス・キューブらはハンバーガー食ってる。キューブが脱退し、ドレーも抜ける。結成して2年も経たないうちにグループは瓦解する。ソロになった彼らとイージー・EのN.W.A.は互いをdisりあう。
 地元コンプトンの仲良しグループだった彼らの関係は修復できないほどになっていた。しかし騙されていることを知ったイージー・Eはジェリーをついに追放、ドレーと再会しもう一度一緒にやろうと言い出すのだった。コンプトンで繋がった彼らの絆は切れておらず、アイス・キューブも戻ってきてN.W.A.再結成への道が拓けるのだがイージー・Eの体はエイズに蝕まれていた…

 全米では去年夏に公開されて『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』を越えるヒットを叩きだしたのだが、これが受けた理由はカリスマ的人気を誇るグループの物語だっただけじゃない。夢を抱いて世界に挑戦した若者が理想と現実に引き裂かれていく、誰しもが経験することを描いているからだろう。
 夢は必ずしも人を幸せにしない。だけど人は夢で繋がっている。イージー・Eの死で再結成の機会は絶たれるが、この映画はドレー、アイス・キューブ、イージー・Eの未亡人がプロデュースしてるんだから。

 夢は必ずしも人を幸せにしないが、人は夢見ることで強くなれるというのはGo!プリンセスプリキュアでも言ってることだから西海岸ラッパーとオタクは相通じてるのかも!だってあいつらトランスフォーマーやドラゴンボールのシャツ着てるし。




同じカテゴリー(映画)の記事画像
失われたうまい棒
円環の輪になって見事完結『猿の惑星 聖戦記(グレート・ウォー) 』
大コケ?健闘?
日本人はどうして怒らないのか『エルネスト もう一人のゲバラ』
君たちはハンバーガーだ『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』
今年も完全再現だ
同じカテゴリー(映画)の記事
 失われたうまい棒 (2017-10-17 22:36)
 円環の輪になって見事完結『猿の惑星 聖戦記(グレート・ウォー) 』 (2017-10-16 21:14)
 大コケ?健闘? (2017-10-12 02:49)
 日本人はどうして怒らないのか『エルネスト もう一人のゲバラ』 (2017-10-08 04:33)
 君たちはハンバーガーだ『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』 (2017-10-06 19:30)
 今年も完全再現だ (2017-10-05 01:24)

Posted by 縛りやトーマス at 11:32│Comments(0)映画アニメ音楽
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。