2016年02月21日

ゴージャス感を取り戻せ!『さらばあぶない刑事』

ゴージャス感を取り戻せ!『さらばあぶない刑事』

 11年ぶりの新作にしてシリーズ完結編。なにしろかつてはダンディー、セクシーと呼ばれた主演の二人も舘ひろし65歳柴田恭兵64歳!それどころかメインスタッフの多くが再登板。カメラマン仙元誠三77歳監督の村川透78歳!還暦超えの男たちが老体に鞭打って、という表現がまったく似合わないハードアクション。

 二人はのっけから横浜で売春、ドラッグ、人身売買となんでもアリのブラックマーケット(どこの国だよここは)を襲撃!大銃撃戦をぶちかます!今や課長に出世した透(仲村トオル)が「センパイたちはあと5日で定年なんですから大人しくしていてくださいよ!刑事の殉職は定年前が一番多いんだから!」と諭されてもどこ吹く風。二人はブラックマーケットを仕切る元銀星会の残党で新興勢力・闘竜会の幹部、伊能を追うが死体で発見される。


 今や暴対法だなんだといってヤクザの描写なんてかつてに比べるとかわいくなったもの。この映画だと違法ビジネスなんでもござれ、人殺しだって辞さないぞ!という恐るべし存在なのだった。懐かしいなあ。かつての人気シリーズ復活ということで懐かしさが目につく本作。健在なレギュラーたちはほぼ全員再出演とあって引退して小料理屋やってるベンガルや69歳にしてピッチピチの美脚を魅せつける木の実ナナはともかく、「課長のお茶くみ役もしくは通信連絡役の瞳ちゃん」やってた長谷部香苗まで出てる。最近は『相棒』で内村刑事部長役でおなじみの片桐竜次がドラマあぶ刑事や劇場版で悪役やってたせいか、今回も出てくる!そんな脇役、やられ役に至るまで再登板!仕事細かすぎですよ。

 とはいえ単なる懐かし映画というわけではなく、ブラックマーケットの描写のように昨今の邦画では太刀打ちできないような激しいアクションが披露されている。全速力でボートを追いかける柴田恭兵、ハーレーダビットソンにまたがってショットガンを撃つ舘ひろし!昨今の邦画アクションはテロ描写にリアリティを出そうとして細菌兵器使ったりするんだけど逆に全然リアリティ出ないんだよな。やっぱあぶ刑事みたいに爆弾やミサイルで街を破壊しないと!

 二人と対決する日系人キョウイチ・ガルシア役には吉川晃司。吉川ぐらいじゃないと舘・柴田の相手はできないな。舘の恋人役に娘ぐらいの年頃の菜々緒が出ていていくらなんでも無理あるで!と思ったが画面ではらしく写ってるので大したもんだ。菜々緒がすごいわけじゃなくて舘ひろしの色気がすごいんだけど。
 あぶ刑事というブランドイメージもあるが、舘・柴田を始めとする役者たちのタレントオーラが半端じゃない。むせ返るほどのゴージャス感が単なるドラマの映画化という枠組みに収まってない。
 この間映画館で若い女の子がカウンターで「さらばあぶないけいじ一枚下さい!」って言ってたのを見て、あぶない刑事のタイトルを読めない世代まで観に来ていることがわかった。おそらく彼女は20代前後のイケメン役者では感じられない舘・柴田のタレントオーラを求めてやってきたに違いない。君の判断は間違ってないぞ!

 邦画よゴージャス感を取り戻せ!

 総じて昔のイメージのままに活躍する面々ですが、浅野温子だけは…無理があると思います





同じカテゴリー(映画)の記事画像
恐怖と笑いの緩急『アス』
右にも左にも配慮した毒にも薬にもならないコメディ『記憶にございません!』
佐藤二朗のギャグで笑ったら負け『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』
映画の中の夢こそ現実『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
連続上映1000日突破!
書くことはやめられない『ガーンジー島の読書会の秘密』
同じカテゴリー(映画)の記事
 恐怖と笑いの緩急『アス』 (2019-09-20 22:55)
 右にも左にも配慮した毒にも薬にもならないコメディ『記憶にございません!』 (2019-09-16 23:00)
 佐藤二朗のギャグで笑ったら負け『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』 (2019-09-12 00:06)
 映画の中の夢こそ現実『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 (2019-09-08 21:38)
 連続上映1000日突破! (2019-08-31 23:16)
 書くことはやめられない『ガーンジー島の読書会の秘密』 (2019-08-30 20:43)

Posted by 縛りやトーマス at 17:35│Comments(1)映画
この記事へのコメント
ドンパチ重視を貫いて原点回帰をした今作のオーラスが、ニュージーランドはともかくとして(笑)探偵物語をオマージュする形でセントラル・アーツの原点(大袈裟)に立ち返ったのは『そう来たかぁ』と唸らされました。
Posted by kajio at 2016年02月21日 21:29
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。