2009年06月15日

筋肉少女帯『シーズン2』ライブ


今日は大阪心斎橋BIGCATにて行われた筋肉少女帯『シーズン2』ライブに行ってきました。
以下セットリストです。

01.心の折れたエンジェル
02.ドナドナ
03.日本印度化計画
04.ノーマンベイツ ’09
05.ロシアンルーレット・マイライフ
06.踊る赤ちゃん人間
07.これでいいのだ
08.人間嫌いの歌
09.1000年の監視者
10.蓮華畑
11.イワンのばか
12.へそ天エリザベスカラー
13.踊るダメ人間
14.世界中のラブソングが君を
15.サンフランシスコ

アンコール
16.プライド・オブ・アンダーグラウンド
17.ゴーゴー蟲娘
18.釈迦
19.ツアーファイナル

この歳になるとハードロックのライブ参加が辛いのなんの。最低でも一月前からある程度体動かしてライブの押し合いに合わせないと体は翌日ボロボロです。でも筋少ライブの参加者も年々世代が上がってきているのでみんな体力に不安のある人ばかりですわ。明らかに途中で前列の観客が息切れしており、もう少し※「頑張れよ」(笑)
で肝心のライブですが、
『踊る赤ちゃん人間』は定番の涎掛けコスプレの上、

「小向美奈子のおっぱい~」

ってw
やっぱりあのおっぱいはオーケンも見たかったのか・・・
11曲目の『イワンのばか』では息切れした客が♪ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!ハイハイハイ!のフレーズで腕が上がってませんでした。「頑張れよ」!
アンコールでは珍しい『ゴーゴー蟲娘』(筋少が若手で絶好調の時代にCMソングのタイアップを取ろう!という意気込みで企画されたものの、全身が蟲の少女が「こんなんじゃ私は愛されない」と嘆く内容で、どう考えても売れ線の歌ではなく、マネージャーが殺虫剤のタイアップを取ろうと画策する羽目になった名曲)をやったのですが、オーケン、普段やらない曲なのでキーがあってません。「頑張れよ」!

私8月で35になるんですけど、まだまだ二時間のライブに体がついていくことが判明しました。

画像は見事に手に入れた橘高さんの使用跡のあるピックです。

※オーケンが途中のMCとちってファンに「頑張ってー」といわれ「うちは頑張ってとか、言ったり言われたりするバンドじゃないんだよー!」と心が折れた


同じカテゴリー(筋少)の記事
 姉妹都市解消 (2018-10-03 17:06)
 チケット難民 (2009-10-15 15:24)

Posted by 縛りやトーマス at 00:10│Comments(0)筋少
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。