2016年05月31日

ヒーローになるなら気持ちが大切だろ『ヒーローマニア-生活-』

ヒーローになるなら気持ちが大切だろ『ヒーローマニア-生活-』

 スーパーヒーローに憧れる少年が自作のコスチュームで自警活動に勤しむものの、普通の人なので当然悪党にコテンパンに叩きのめされる。だがその様子がYou Tubeにアップされるとたちまち話題に。彼は本物のヒーローになったのだ!
 ヒーローになるための条件はスーパーパワーじゃない、ヒーローにならんとする気持ちだ!ということを証明した映画『キック・アス』を見た時に「こいつは日本でも出来るな…」と感じた。何かというとすぐハリウッドの浅い部分ばかりパクりたがる邦画では一連のマーベル作品なんかは絶対コピーするのは無理だが、『キック・アス』ならできる!なにしろ気持ちの問題だからな!そして出来たのがコレ。『キック・アス』の最も深い部分に影響されたやつが…

 『ヒーローマニア-生活-』は『僕の小規模な生活』でお馴染みの漫画家・福満しげゆき先生が描いた初めてのストーリー漫画の実写映画化だ。実写化というとある種のトラウマが蘇る福満先生ですが、実話BUNKAタブーの連載ではこの実写化に大変満足していらっしゃいましたよ。そう言わされてるのかも知れないけど…(いらんこというな)

 スラム化したなごみ商店街(外国人労働者や不良、ホームレスがひしめき合ってる。ここは日本か?)のコンビニでバイトしている中年フリーターの中津(東出昌大)は店内で酒盛りする労働者や携帯で喋り続ける濃い化粧の女たち、立ち読みの若者に注意もできない小心者の中津は鬱々とした日々を過ごしている。
 「ポットにお湯が入ってねえよ!」ガラの悪い客に絡まれ、金までせびられた中津(しかもこれが福満先生のリアルな体験談…)は後をつける。するとさっきまでコンビニで立ち読みしていたニット帽の客・土志田(窪田正孝)がそいつを瞬殺!さらに彼の後をつけると手首に仕込んだワイヤーを飛ばしてアパートで女性物の下着を盗んでいるところを発見!下着ドロかよ!しかし彼の強さに惹かれた中津は「俺と一緒にこの街の悪をこらしめないか?」と勧誘。かくして二人は夜の街の自警活動を始めることに。同じように街の悪党をこらしめている“若者殴り魔”(武器は二丁のハンマー)こと日下(片岡鶴太郎)に土志田が下着ドロをした部屋の住人である女子高生・カオリ(小松菜奈)を加えた四人は片付けた悪党をロープで逆さ吊りにしていく。そのうち彼等の活動は“吊るし魔”と呼ばれて話題になるがTVのコメンテーターには批判されるようになり、四人での活動に限界を感じた日下によって吊るし魔を会社化しようという提案がなされる。日下がスカウトしたホームレスの宇野(船越英一郎)を社長にした【ともしび警備保障】がスタート。今まで4人が叩きのめしてきたような街のチンピラを社員に雇い、ボランティア活動をはじめた会社は急成長を遂げるが、実態はチンピラたちを「やりがい」という美辞麗句の元、無償でこき使うブラック企業であり、下っ端の連中は会社の名前をつかってさらに弱いものたちを集団で叩きのめしていたのだった。

「こんなのは俺のやりたかったことじゃない!」

 中津は当初の理想と違った活動に異を唱えて会社を飛び出すのだが…


 宇野を演じた船越英一郎の胡散臭いにもほどがある悪役演技が素晴らしい。特にあの変な髪型!いや、船越英一郎の髪型が変だって言ってるんじゃないですよ。役の髪型が変だっていうね…ドナルド・トランプ型っていうんですか…もうあんたの髪型が2時間サスペンスだよ!って言いたくなる…

 安易な正義感ほど悪事に利用されてしまうという展開や、後半、中津が決して純粋な正義感からヒーローを目指しているというわけではないことがわかり、ヒーローになりたい人間ほど完璧じゃない、「ヒーローになるために必要なのはスーパーパワーじゃない、気持ちの問題だ」という映画のテーマには全面的に同意する。そして人智を超えたヒロインっぷりを発揮する小松菜奈様にはギブアップ!完璧すぎて参りました。




同じカテゴリー(映画)の記事画像
恐怖と笑いの緩急『アス』
右にも左にも配慮した毒にも薬にもならないコメディ『記憶にございません!』
佐藤二朗のギャグで笑ったら負け『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』
映画の中の夢こそ現実『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
連続上映1000日突破!
書くことはやめられない『ガーンジー島の読書会の秘密』
同じカテゴリー(映画)の記事
 恐怖と笑いの緩急『アス』 (2019-09-20 22:55)
 右にも左にも配慮した毒にも薬にもならないコメディ『記憶にございません!』 (2019-09-16 23:00)
 佐藤二朗のギャグで笑ったら負け『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』 (2019-09-12 00:06)
 映画の中の夢こそ現実『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 (2019-09-08 21:38)
 連続上映1000日突破! (2019-08-31 23:16)
 書くことはやめられない『ガーンジー島の読書会の秘密』 (2019-08-30 20:43)

Posted by 縛りやトーマス at 00:59│Comments(0)映画特撮・ヒーロー
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。