2016年09月16日

樋井明日香に見る勿体ぶらない脱ぎ方

 関西テレビ局5社共同で製作した『後妻業の女』がスマッシュヒットとのこと。同じ5社製作で作られた『円卓』のズッコケぶりが嘘のようです。
 ヒットの影には演技の達者な役者たちの絶妙な掛け合いもさることながら、チョイエロが含まれているところでしょう。映画ですから、ちょっとはエロいところがないとね!この映画におけるチョイエロとはもちろん笑福亭鶴瓶と大竹しのぶのモンスターなベッドシーンではありません。トヨエツにチョイカキされるホステスを演じた樋井明日香ですよ。


樋井明日香、タクシーの中で上半身裸も…「脱ぐことに抵抗はなかった」

http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160901-OHT1T50217.html

 このシーンはトヨエツのマンションに向かう時にタクシーの 中でトヨエツお気に入りの下着に着替える場面であまりにズバッ!と着替えるのでタクシー運転手が後ろをちら見するというもので、スクリーンに前みて運転しろよ!とツッコミ。タクシードライバーもトップギアですわ。ちなみにトヨエツは樋井の先輩ホステス、水川あさみに最初は入れあげていたのに、若い方がエエ!とばかりにチェンジしちゃうんですが、扱い的には樋井がトヨエツの二号ってことだな。トヨエツブラックかよ!そういえば本家トヨエツブラックの人はどうしたのか。あの人も映画では思い切りよくバンバン脱いでますが…
 彼女もアイドルグループのHINOIチームではさっぱり目立てず(事務所がよくなかったんだな)、歌手を捨て女優業一本にしてからは『さよなら歌舞伎町』の初脱ぎを経ての今回ですから。『さよなら~』はレイプだったから見ていてスカッとしないけど、今回は別に脱がなくてもいい場面で堂々おっぱい出してくれるので本当にありがたい。どうでもいいところで脱いでくれる女優って本当にいいもんですね。おっぱい見せるのにいちいち勿体ぶって脱ぐ人、最悪ですね。
 みんな樋井明日香を見習ってトヨエツブラックになれ!あとトヨエツのカラミを見る度にan-anの付録を思い出す。





同じカテゴリー(映画)の記事画像
本当は怖い児童文学『小さい魔女とワルプルギスの夜』
だってしょうがないだろ、思春期なんだから『ブライトバーン 恐怖の拡散者』
100円寅さん
あかんやつや!ゆるキャン△実写化
地獄だぞ!『地獄少女』
何も始まらないうちに終了『フッド・ザ・ビギニング』
同じカテゴリー(映画)の記事
 本当は怖い児童文学『小さい魔女とワルプルギスの夜』 (2019-12-04 17:21)
 だってしょうがないだろ、思春期なんだから『ブライトバーン 恐怖の拡散者』 (2019-11-29 17:20)
 100円寅さん (2019-11-27 10:11)
 あかんやつや!ゆるキャン△実写化 (2019-11-20 09:16)
 地獄だぞ!『地獄少女』 (2019-11-17 16:41)
 何も始まらないうちに終了『フッド・ザ・ビギニング』 (2019-11-15 20:48)

この記事へのコメント
樋井明日香って言われても知らんなぁと思ったが、wikiで調べると「ピュア・ラブ」に出ていたそうで、当時小学生。
ネットで調べたら一枚だけ小さい写真がある。(検索ワードに陽春を加えるともっと出てきた)
何となく覚えているような気がする。
Posted by Hirokichy at 2016年09月18日 09:23
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。