2016年12月20日

地上最強はどっちなんだよ!?

 来年3月公開の超大作(良い意味で)『キングコング・髑髏島の巨神』のIMAX版予告編が解禁。

http://wwws.warnerbros.co.jp/kingkong/


 全長30mレベルの全容が明らかになり、島に住み着く巨大蜘蛛やら巨大トカゲ?やらがわらわらと登場してくる様子も確認できた。本作は過去シリーズが1作目の『キング・コング』(1933)を踏襲しているのとは違い、異様にデカイモンスターたちが大暴れすっぞ!というテーマに集約されている。なぜこうなったのかというと2019年公開予定のギャレス版『GODZILLA』の続編『GODZILLA2』とのクロスオーバー『KING KONG VS GODZILLA』が予定されているからだ。
 ワーナー・ブラザースとレジェンダリー・ピクチャーズによるチャンピオンまつり!血湧き肉躍る企画ではないか。つまり『キング・コング:髑髏島の巨神』はチャンピオンまつりに向けての顔見世であると思われる。『GODZILLA2』では当初、ゴジラがラドン、モスラ、キングギドラと戦うとされていたが(ギャレス・エドワーズが降板したので予定が変更されたという話もあり)それを受けて
「おいゴジラ、三大怪獣なんかとチマチマ争ってる場合じゃねえぞ!地上最強のオレとやれ!観客はどっちが強いかみたいんだよ!」
 とキング・コングの煽りを怪獣王ゴジラがどう受けるか?WWE的展開も期待できる。2020年代に向けて怪獣映画に騒げるとは、いい時代になったもんだ!怪獣バンザイ!







同じカテゴリー(映画)の記事画像
暁照夫の三味線ばりのなんでこんなにうまいんやろうか演技『スプリット』
鷲は舞い降りた『イーグル・ジャンプ』
96年のミニシアター
効率の悪い戦い『グレートウォール』
みんなねこだいすき『キアヌ』
アイドルとファンの理想的なwin-win関係『堕ちる』
同じカテゴリー(映画)の記事
 暁照夫の三味線ばりのなんでこんなにうまいんやろうか演技『スプリット』 (2017-05-19 12:49)
 鷲は舞い降りた『イーグル・ジャンプ』 (2017-05-17 13:23)
 96年のミニシアター (2017-05-15 23:10)
 効率の悪い戦い『グレートウォール』 (2017-05-12 23:30)
 みんなねこだいすき『キアヌ』 (2017-05-11 00:03)
 アイドルとファンの理想的なwin-win関係『堕ちる』 (2017-05-10 04:27)

Posted by 縛りやトーマス at 09:38│Comments(1)映画特撮・ヒーロー
この記事へのコメント
21世紀にキンゴジが復活するとは感慨深いですなぁ
願わくば世紀の一戦!アリvs猪木みたいに腰砕けにならぬ事を
あとタコ部長出してくれないかな、オマージュでいいんで
Posted by shige at 2016年12月20日 17:36
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。