2016年12月25日

クリスマスだから、みんなで見よう!

 世間はクリスマスということで、聖なる夜とは一切縁のない人生を送っている僕もクリスマスの話題に便乗したことブログに書かなくちゃ!ということで今回は『ウルトラマンA』のクリスマス回、第38話『復活!ウルトラの父』の話をしよう。



 クリスマスに湧く街を買い物に出かける北斗そして梅津香代子とダンの姉弟。三人は養護施設をTACが慰問に訪れる際のプレゼントの買い出しをしているのだ。「まだ買うの?」というダンに「何いってるの、かわいそうな子供たちが待ってるんですからね」と香代子。施設で雪の代わりに雨を降らすいたずら好きな子供たちを見て香代子、「こういうところの子供たちって本当はとっても明るいのよ!」と言葉の端々に不穏当な表現をにじませる香代子。いいのか?
 クリスマスパーティーでは子供たちが劇をやるのだが、「かわいそうな少女にプレゼントをあげようとするサンタクロースが実は宇宙人が化けているニセモノだった」というエースらしい内容ともいえるが、もう少し夢のある話にしようよ…



 そしてエース史上に残る衝撃シーン。子供たちがウルトラマンAの主題歌を合唱。当然サビの♪いまだ!変身!北斗と南~の部分も歌う。子供たちにエースの正体バレてるよ!主題歌の歌詞って考えものだな…

 この後、庭に飾ってあった発泡スチロール製の雪だるまに潜んでいた雪超獣スノーギランが怪光線を発し、施設のゆかり先生を失明させてしまう。それと入れ替わるようにあらわれたのはなんとサンタクロース!演じているのは『スーパーロボットレッドバロン』の熊野警部や『シルバー仮面』などの出演で知られる玉川伊佐夫。
 珍客の訪問にいつものごとく猜疑心をつのらせて「あなたは一体誰なんです?」と詰問する北斗。「わしは見ての通りのサンタクロースじゃよ」


 北斗のもとに美川隊員からあちこちで怪光線を浴びた人々が失明したとの報告が。施設を香代子とダンにまかせてTAC本部へ急ぐ北斗。正体を訝しんでしまったサンタに「すみませんでした。思い違いをして」と素直に謝罪する北斗に「頑張りなさい」と声をかけるサンタ。

 巨大化して街を破壊するスノーギランと戦うタックアロー、タックファルコン。スノーギランを操っているのはナマハゲだった!



 「この国に太古から済む八百万の神々を祀らずに、異国の神々を崇めて、クリスマスのサンタクロースなどと言っているやつらを踏み潰すのじゃー!叩き壊せ!殺しつくせ!叩き斬れ!」
 と恨みつらみをぶつけるナマハゲ。西洋かぶれの悪い子はいねぇがぁ!!スノーギランの前に虚しく敗れるTAC隊員たち。脱出した北斗は空中でウルトラタッチ!しかしエースもスノーギランの前に苦戦。ついに踏み潰されてしまう。怪我をした竜隊長に変わって山中たちが施設を子供を助けに行くが、失明したゆかり先生の傍を離れないと子どもたちは施設に居残る(一緒に逃げればいいんじゃあ…)。
 施設に迫るスノーギラン。山中たちは囮になって子供たちを逃がそうとする。だが「待ちなさい!」とサンタクロースが割って入る。「サンドイッチマンのおじさん、相手は超獣だ!大人しくしていてください」と今野隊員の制止も聞かず、「私に任せなさい」と自信満々のサンタ。「おじさんはいい人なのかい?それとも悪い人なのかい?」と聞くダンに「君はどう思う?」と笑って外へいったサンタはなんと巨大化!



 それを見たダンの目に一瞬、大きな角がサンタに生えるのが見えた。「あっ、ウルトラの父だ!」というダン。しかしウルトラの父は27話で死んでいるのである。サンタはエースに立ち上がる力を授ける。復帰したエースは再びスノーギランと死闘を繰り広げる。ようやく保護された竜隊長も「あれはウルトラの父だ」というが救護班に「頭を打ちましたか?」と言われるのだ(ひどい)。もちろん、サンタの正体はウルトラの父で、光線でナマハゲを倒し、エースはメタリウム光線でスノーギランを撃退。超獣の出現を予言する自称「ウルトラ6番目の兄弟」ダン少年や、27話でヒッポリトにやられるウルトラの父を見ていた竜隊長にはウルトラの父の正体がわかるというのはなかなか心憎い演出ではないか。北斗が気づかないのは、まあ北斗だから(笑)
 超獣を倒したものの、ゆかり先生をはじめ、失明した人々の目は治らない。サンタは「わたしでは治せない」といいながら「それがTACの諸君へのプレゼントになるかな」といって姿を消す。サンタは空からソリを呼び寄せる。そのソリに乗っているのは…南夕子だ!



 28話で降板となった南夕子(降板に至るまでのエピソードはここでは語りきれないので割愛する)の力で失明した人々の視力は元に戻った。途中降板した夕子の一話限りの復帰回だが、竜隊長や北斗の反応はぞんざいでもう少し感動的な展開にできたんじゃないのとも思うが、色々事情があったのだろう…
 特撮番組でクリスマス回というと無理やりクリスマスに当てはめたおざなりな話になりがちなところ、うまくシリーズの流れを繋ぎつつ、ファンに向けたサービスとしても完全ではないにしても、よくできている。クリスマスが近づくと思い出す話なんだよな。みんなで見よう!(岸田森風に)





同じカテゴリー(特撮・ヒーロー)の記事画像
すぅちゃん殴られすぎ『スペース・スクワッド』
ひらパーヒーローショーにガチ勢も興奮
まさかの「リア充じゃない」恋愛モノ『ReLIFE』
正義か悪かウルトラマンジード
地上最強のオレとやれ!『キングコング:髑髏島の巨神』
韓国でもブレイブ!
同じカテゴリー(特撮・ヒーロー)の記事
 すぅちゃん殴られすぎ『スペース・スクワッド』 (2017-06-27 05:03)
 ひらパーヒーローショーにガチ勢も興奮 (2017-06-12 22:27)
 まさかの「リア充じゃない」恋愛モノ『ReLIFE』 (2017-04-30 21:36)
 正義か悪かウルトラマンジード (2017-04-28 01:20)
 地上最強のオレとやれ!『キングコング:髑髏島の巨神』 (2017-04-18 00:10)
 韓国でもブレイブ! (2017-04-15 22:04)

Posted by 縛りやトーマス at 17:13│Comments(0)特撮・ヒーロー
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。