2016年12月26日

どいつもこいつもノッてるねェ・・・

 25日の放送で1クール目のラストとなった『仮面ライダーエグゼイド』は4人のライダーのうちの1人、九条貴利矢こと仮面ライダーレーザーがまさかのゲームオーバー(死亡)で退場という展開に視聴者の多くが衝撃!



 九条は他の3人と違って監察医(死体の解剖や死因の特定をする治療行為をしない医者)なので、他の3人がゲーム病患者の治療やバグスターとの戦いに躍起になる中、ただ1人事件の謎やゲンムの背後や正体を探ろうとし、真相に近いところまでたどり着くのだが、そのために命を落とす。まだ12回なのにこの展開の速さもあってストーリーの壮大さを伺わせる内容で序盤とは思えない激しい盛り上がりを見せてネット上でも騒然となったのだが、違う意味でも盛り上がっていたのだった…

「仮面ライダーエグゼイド」コメで抗議殺到 東映公式ツイッターが謝罪
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/12/25/kiji/20161225s00041000189000c.html


ファンが驚きと悲しみに暮れる中、東映公式ツイッターが「#なんできりやすぐ死んでしまうん」とハッシュタグを付けて投稿。これに対しファンから「神経を疑う」「頭沸いてる」など怒りの声が殺到した。


 九条だけに苦情が殺到、とか言ってる場合じゃない。このハッシュタグは僕も見たけど、そんな怒るようなことなの?なんでネットすぐ怒るん??これぐらいのことで抗議殺到させる方も神経を疑う。東映公式ツイッターもこんなことでクレームつけられるとは思ってなかっただろうに。
 これには視聴者がエグゼイドに相当入れ込んでいて、彼の死を茶化されたくなかったってのと、九条役を演じた小野塚勇人が劇団EXILEってのもあるかもな…ファンのタチが悪そうっていうか…腐女子とマイルドヤンキーのファンには逆らわない方がいいね!





同じカテゴリー(特撮・ヒーロー)の記事画像
これぞプログラムピクチャー時代の進化系『GODZILLA 怪獣惑星』
お泊り&同伴出勤でガチしょんぼり沈没丸
岡部淳也監督の勇往邁進を見よ『ブレイブストーム』
忍びなれども忍ばないエロス
わたしの乳は暴れん坊
マイナス面をプラス面が補った過激アクション『亜人』
同じカテゴリー(特撮・ヒーロー)の記事
 これぞプログラムピクチャー時代の進化系『GODZILLA 怪獣惑星』 (2017-12-09 02:31)
 お泊り&同伴出勤でガチしょんぼり沈没丸 (2017-12-06 10:50)
 岡部淳也監督の勇往邁進を見よ『ブレイブストーム』 (2017-11-20 01:04)
 忍びなれども忍ばないエロス (2017-11-15 22:21)
 わたしの乳は暴れん坊 (2017-11-10 20:22)
 マイナス面をプラス面が補った過激アクション『亜人』 (2017-10-26 21:32)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。