2017年01月08日

誰がカウンターで言えるんだこのタイトル『映画RANMARU(略)』



 あまりに低視聴率すぎて途中打ち切りとなったドラマ『神の舌を持つ男』の劇場映画化。テレビで失敗しているのになぜ映画化!?監督が堤幸彦なのであの大失敗作『銀幕版スシ王子!』の再来か?と散々な評価を受けている本作。本当に・・・なぜ映画にした?



 公開前には配給会社からこのような「堤監督からのお詫びの手紙」が送付されてきて、その時点で軽く引いた。作っておいてチマチマ言い訳するんじゃねえ!嘘でも「自信作です!ぜひご覧になってください!」となぜ言えない?さらにドラマを放送していたTBSが製作としてクレジットされていないことから、ドラマのあまりの不振ぶりに見放されたのでは、と余計な勘ぐりまでされてしまったのだった。

 試写状が届いたんだけど、そこには主人公の舌を模した切り取ると靴べらになるデザインが施されていて、どうしろっていうんだよ・・・と絶望的な気持ちに。



 あまりに長過ぎるタイトル
(『RANMARU 神の舌を持つ男 酒蔵若旦那怪死事件の影に潜むテキサス男とボヘミアン女将、そして美人村医者を追い詰める謎のかごめかごめ老婆軍団と三賢者の村の呪いに2サスマニアwithミヤケンとゴッドタン、ベロンチョアドベンチャー! 略して…蘭丸は二度死ぬ。鬼灯デスロード編』)
 といい、すべてが全力でダダ滑ってる。ダメなものをオブラートに包もうとしてさらにダメになっている堂々巡り。もう一度いうけど、なぜ映画にした!?

 ストーリーは寂れた温泉街を舞台に殺人事件の真相を暴くという金田一シリーズみたいな話で、金田一のパロディをやりたいというのはわかるんだけど、思いついたギャグのそのまま脈絡もなく並べてるだけで、時折登場人物の顔が巨大化するバブルヘッド人形状態になって不協和音が鳴り続けるのだが、それになんの意味があるのかもわからないし・・・もう、なんなの一体!?
 木村文乃のウザカワイイ演技以外は大して見るところもないのであった。主演の向井理の決め台詞は「この僕を舐めないでもらいたい!」だけど、堤!映画を舐めないでもらいたい!!





同じカテゴリー(トンデモ映画)の記事画像
企画・秋元康の似非グルメ感が炸裂『ラストレシピ~麒麟の舌の秘密』
出オチ漫画の実写化は止めよう『東京喰種 トーキョーグール』
暁照夫の三味線ばりのなんでこんなにうまいんやろうか演技『スプリット』
96年のミニシアター
いつもの「頭が弱い」綾瀬はるか『本能寺ホテル』
ロックとポルノ、そして熊『変態だ』
同じカテゴリー(トンデモ映画)の記事
 企画・秋元康の似非グルメ感が炸裂『ラストレシピ~麒麟の舌の秘密』 (2017-11-04 04:20)
 出オチ漫画の実写化は止めよう『東京喰種 トーキョーグール』 (2017-08-03 23:14)
 暁照夫の三味線ばりのなんでこんなにうまいんやろうか演技『スプリット』 (2017-05-19 12:49)
 96年のミニシアター (2017-05-15 23:10)
 いつもの「頭が弱い」綾瀬はるか『本能寺ホテル』 (2017-01-23 22:39)
 ロックとポルノ、そして熊『変態だ』 (2016-12-21 20:31)

Posted by 縛りやトーマス at 14:00│Comments(1)トンデモ映画
この記事へのコメント
2時間枠で十分ですね。
こっそり放映して下さい。
Posted by サイキ at 2017年01月10日 05:46
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。