2017年02月18日

CG疑惑をまず晴らそうよ『マリアンヌ』



 第二次大戦中のモロッコ・カサブランカ。イギリス軍カナダ人パイロットの工作員マックス(ブラッド・ピット)はフランス人レジスタンスの工作員マリアンヌ(マリオン・コティヤール)と落ち合い、ドイツ人の要人を暗殺するミッションに挑む。二人は夫婦のフリをしてパーティーに潜入し、要人を仕留めるのだ。成功率数%という紙のように薄い確率の作戦を遂行する二人は死を覚悟するのだが、その状況が二人を燃え上がらせる。
 見事暗殺に成功し脱出する二人。逃走中の車内でマックスは「ロンドンで結婚しよう」とマリアンヌにプロポーズ。「極限状態で結ばれたカップルは長続きしないぞ」という上司フランク(ジャレッド・ハリス)の嫌味もなんのその、二人は式をあげる。式の日にはマリアンヌのお腹に子供がいて、ブラピ早すぎだよ!!
 そして娘が生まれ、永遠に続くと思っていた二人の愛は「ある疑惑」によって引き裂かれようとする。S.O.E(特殊作戦執行部)によってマリアンヌにドイツの二重スパイという疑いがかけられる。S.O.Eはマックスに偽の情報を流し、それをメモしてマリアンヌの目につくろところに放置しろという。S.O.Eが解読しているドイツの暗号に偽情報が流れていればマリアンヌがスパイだという証拠になる。72時間後に判明するのでもし彼女がスパイならその場で殺せ、できないなら君も裏切り者として処分する…マリアンヌへの疑惑が深まるマックスはそれでも妻の無実を信じて疑惑を晴らそうと動き出す。


 愛する妻を一心に案じて疑惑を晴らそうと東奔西走する一途な男の役をつい先日離婚したばかりのブラッド・ピットが演じる…(離婚の理由は朝からラリラリだったとか)という「ハハハ、ご冗談を」なお話にずっこける。そんな純な男やったら何度も離婚しないだろうに…ブラピといえばアンジェリーナ・ジョリーとアフリカ旅行行った時に現地部族の村に泊まって、テントの中から毎晩喘ぎ声を響かせて部族の男性から「あんな美人を毎晩喜ばせているお前は真の勇者だ!」と絶賛されて部族に伝わる勇者の称号(多分でっかいチンコケース)をもらったブラピ兄貴はどこにいってしまったんだ!
 キャスティングのマヌケさの上にストーリーも空虚。マリアンヌは終始「怪しい女」としてしか描かれないので、サスペンスが一切盛り上がらない。例えばブラピが1人で妻の疑惑を晴らそうとしてマリアンヌのレジスタンス時代の同僚を見つけて写真を見せるんだけど同僚は戦時の負傷で視力を失っていたり、同僚に言われてフランスにいるレジタンスメンバーに会えと言われ、部下を使ってフランスに向かわせたらそいつの飛行機が撃墜されたり、もう何もかもが怪しい状態で、マリアンヌに疑わしい部分がないと全然証明されないままクライマックスを迎えるんだから、あのオチは誰も驚かないだろ。

 ただ監督であるロバート・ゼメキスが今まで培ってきたVFX、CG技術の高さは遺憾なく発揮されており、53歳のブラッド・ピットの若々しいこと!あれはどう見てもCGじゃないかと…
 ブラピは妻の疑惑を晴らす前に自身のCG疑惑をまず晴らさないと!




同じカテゴリー(映画)の記事画像
自己完結しているオタクに捧ぐラブストーリー『君の膵臓をたべたい』(アニメ)
『カメラを止めるな!』の本当の元ネタ?忘れ去られたアニメ『超変身コス∞プレイヤー』
浜村淳、『カメラを止めるな!』を観る
カメ止めパクリ騒動
連続82回で止まった!
奪還せよ『エクスティンクション 地球奪還』
同じカテゴリー(映画)の記事
 自己完結しているオタクに捧ぐラブストーリー『君の膵臓をたべたい』(アニメ) (2018-09-19 23:11)
 『カメラを止めるな!』の本当の元ネタ?忘れ去られたアニメ『超変身コス∞プレイヤー』 (2018-08-30 02:45)
 浜村淳、『カメラを止めるな!』を観る (2018-08-23 02:00)
 カメ止めパクリ騒動 (2018-08-21 15:08)
 連続82回で止まった! (2018-08-17 13:18)
 奪還せよ『エクスティンクション 地球奪還』 (2018-08-14 11:32)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。