2017年10月17日

失われたうまい棒

 12月16日に公開される映画『オレの獲物はビンラディン』の前売り特典として主演であるニコラス・ケイジの顔をパッケージデザインに使用したうまい棒、その名もニコラスティックがつくことが報道されていましたが、直前になって配布中止に。なんと、本人の許可を取っていなかったとのこと…


ニコラス・ケイジ主演映画の“特製うまい棒”配布中止「肖像権の使用許諾与えていない」
http://www.oricon.co.jp/news/2098853/full/


>FilmNation International, LLCとトランスフォーマー社は、ケイジがこの施策について認識しておらず「肖像権の使用許諾も与えていない」と文書を通じ説明。「特製うまい棒」配布のニュースが拡散したことで、ケイジが日本の製菓会社に対して肖像権を与えているような誤解が生じてしまったとしている。

 一部映画ファンの反応の中には「こんなバカなものに許可出すわけねーじゃんw」とうまい棒そのものにケイジが拒否反応を示したかのような書き込みが散見されるが、果たしてそうだろうか?

こんなバカなもの

 去年、ケイジは『ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄』の日本公開時にケイジの顔を模した金太郎飴、『ペイ・ザ・ゴースト 特製組飴』通称ニコラス・ケイジ飴を二個(“ニコ”ラスだけに)前売り券の特典としてつけていたのだ。



 こっちの方が相当バカなものに見えるんだけど!これに許可出してたんだから、うまい棒だってきっとOKだったに違いない。単純なほうれんそうのミスで本人が企画を把握してなかったんじゃないかな。こんなことでケイジが腹を立てそうにも思えないし。
 それに日本ではケイジ主演映画ってどんなに小品でも必ず公開されてるし。本国ではVOD、限定公開だった『ダーティ・コップ』ですら全国公開されてるんだから。そんなおいしいビジネスの相手である日本の国民的菓子とのコラボを断るはずがない。きちんと許可さえ取っていれば…

 でもマスコミ試写はもう始まってるから、観に行った関係者には配られてたかもね。将来価値が上がるかもしれないので関係者は大切に取っておいた方がいいよ。





同じカテゴリー(映画)の記事画像
奪還せよ『エクスティンクション 地球奪還』
約一年で撤去された前田有一
シリーズ最高の傑作にして最大のトンデモ『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』
2010年代のエド・ウッドだ!『ブリグズビー・ベア』
大規模公開の私的作品『未来のミライ』
その後の人生『最後のランナー』
同じカテゴリー(映画)の記事
 奪還せよ『エクスティンクション 地球奪還』 (2018-08-14 11:32)
 約一年で撤去された前田有一 (2018-08-12 23:18)
 シリーズ最高の傑作にして最大のトンデモ『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』 (2018-08-06 00:45)
 2010年代のエド・ウッドだ!『ブリグズビー・ベア』 (2018-08-04 12:34)
 大規模公開の私的作品『未来のミライ』 (2018-07-29 20:01)
 その後の人生『最後のランナー』 (2018-07-21 03:19)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。