2017年12月12日

勝手に好きになれよ『先生!、、、好きになってもいいですか?』



 邦画の中高生向けスイーツ映画はキャストも監督も大体定番のラインナップが決まっていて、監督なら廣木隆一、月川翔、そして本作の三木孝浩がローテーション。女優なら土屋太鳳、平祐奈、小松菜奈、そして本作の広瀬すずがやはりローテーションで回している。もう何を見ても同じなので区別がつかない。話も男女がウジウジくっつくのくっつかないので2時間(長いよ!)ダラダラ引っ張るだけ。とっととキスして結ばれちまえよ!と言わざるを得ない。
 男側のキャストは生田斗真。彼はあまりスイーツ映画に出ているイメージがない…とはいえ『僕等がいた』『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』(これも三木孝浩!)などに出ている。僕が生田斗真と言われて思い出すスイーツ映画は『ハナミズキ』だ!クライマックス、借金を返すためにマグロ漁船に乗り込む生田斗真は最大の笑いどころで、マグロ漁船すらスイーツ(笑)のモチーフにしてしまうとは、恐るべし…


 そんな二人によるスイーツ(笑)映画は教師・生田斗真と生徒・広瀬すずの恋愛モノ。ごく普通の女子高生の広瀬すず(こんなカワイイ「ごく普通」はいねえよ!)が社会科の教師・生田斗真と恋愛に落ちる。広瀬すずの同級生は女教師の比嘉愛未に片思いしている竜星涼とやはり教師の中村倫也に片思いする森川葵がいて…どいつもこいつも…君ら、恋愛ごっこにうかつぬかしてないで真面目に勉強しなさい。
 生田斗真先生はすごくぼんやりしていて、ベンチで昼寝していて授業をすっぽかしそうになってしまうほどぼんやりしている!それを上の教室から見ていたすずちゃん、先生を起こすために分厚い辞典を窓から先生目掛けて落とす!

「当たり所が悪かったら死んでたぞ…」(ほんまそれ)

 と抗議するも起こしてくれたことには素直に感謝する生田斗真。同級生の報われない片思い(すくなくともすずはそう思っている)を見て教師との恋愛なんてありえない!と思っているすずちゃんですが、遅くまで居残り勉強させられる彼女のために付き合ってくれる先生を見て、次第に惹かれていくのでした。
 そんなこんなで先生に告白するも過去に付き合った女から酷い振られ方をした生田斗真は恋愛に怯え、さらに相手が生徒なので道徳的に無理だ!とすずを拒否。あきらめの悪いすずちゃんは「今度のテストでいい点を取ったら私と付き合え」と子供みたいなことを言い出す。普段の成績が平均点以下のすずちゃん、猛勉強を始めるも先生がまったく相手をしてくれないのでこの恋は実らないのだ!私は結ばれない人のことを好きになってしまったのだ!と自分の中だけで勝手に完結。ヤケになって他校の生徒と合コンに及ぶのでした。
 しかし根が小心者で奥手のすずちゃん、合コンを途中で切り上げて飛び出す。偶然にも大雨が降りだし傘も持たない彼女はずぶ濡れ。繁華街で酔っぱらいのサラリーマンに絡まれたところ、すずちゃんなぜかそのサラリーマン相手に「なぜ私が先生のことを好きになってはいけないのか?」と大演説。する相手が間違ってるよ!森川葵からすずが合コンに行ったと聞き、駆け付けた先生によって無事救出されて事なきを得る。この一件で彼女の本心を知った先生も惹かれるようになり、文化祭で花嫁姿のコスプレをしたすずと屋上で強引にキス。それを他の生徒に撮られてしまってtwitterで拡散!あわれすずは自宅謹慎、先生は責任を取って放校処分。


 ホント心の底から「知らねーよ」と言いたくなる話なのだが、映画を観る限りこの二人の間に恋愛感情が起こる理由がわからない。いくら20年前の漫画の実写化とはいえ、小学生の恋愛ごっこレベルを高校生に当てはめて描くのは無理がある。
 後半はあれだけ「もう恋なんてしない」と槇原敬之ばりに言ってた生田斗真先生がほぼストーカーと化して、「卒業したら迎えにいく」と告げたすずの卒業式の日、校門の前で待ち構えている!先生我慢できなかったの?少し落ち着こうぜ!
 この話のどこに誰が感情移入できるんだろう?すずも生田斗真も常識人とは思えないほど好き勝手やっている。『先生!、、、好きになってもいいですか?』って勝手に好きになれよ!どうせ止めても聞かないだろうし!





同じカテゴリー(映画)の記事画像
奪還せよ『エクスティンクション 地球奪還』
約一年で撤去された前田有一
シリーズ最高の傑作にして最大のトンデモ『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』
2010年代のエド・ウッドだ!『ブリグズビー・ベア』
大規模公開の私的作品『未来のミライ』
その後の人生『最後のランナー』
同じカテゴリー(映画)の記事
 奪還せよ『エクスティンクション 地球奪還』 (2018-08-14 11:32)
 約一年で撤去された前田有一 (2018-08-12 23:18)
 シリーズ最高の傑作にして最大のトンデモ『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』 (2018-08-06 00:45)
 2010年代のエド・ウッドだ!『ブリグズビー・ベア』 (2018-08-04 12:34)
 大規模公開の私的作品『未来のミライ』 (2018-07-29 20:01)
 その後の人生『最後のランナー』 (2018-07-21 03:19)

Posted by 縛りやトーマス at 00:27│Comments(2)映画アイドル映画
この記事へのコメント
そう言えば脚本家が岡田磨里なんですよね。

『暗黒女子』もコケたし超平和バスターズのプロット名義の実写版『心が叫びたがってるんだ。』は大爆死で『先生』もコケ今年最強のアニメ畑の爆死脚本家ですね。
Posted by ダーク・ディグラー at 2017年12月12日 21:56
トラウマ大好き岡田磨里がなぜか先生の過去のトラウマ話を封印したので大失敗したのです
Posted by 縛りやトーマス縛りやトーマス at 2017年12月15日 19:10
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。