2017年12月31日

増えるアライグマ

 去年、エビ中廣田あいかの生誕祭に遠征しようとしたオタクが高速バスの車内で大蛇に遭遇したという話。ペット用の蛇が逃げ出した、もしくは捨てられた可能性があるのだが、蛇に限らずペットの動物が野に放たれて害をもたらす話は尽きないもの。

アライグマ捕獲激増 ペットが野生化、天敵なし
http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15145586279230

>外来生物法で特定外来生物に指定されているアライグマの捕獲頭数が県内で激増している。県によると、2016年度の捕獲頭数は8年連続で増え、前年度から131頭増の419頭と過去最多を更新。県南西地域を中心に生息域を広げており、民家や畑などで被害拡大の恐れが増す。ペットから野生化して繁殖を繰り返しているほか、南関東からの北上も要因とみられている。県は市町村と防除対策に力を入れる方針だ。

>駆除されたアライグマを引き取り、食性や繁殖状況などの分析を行う県自然博物館(坂東市)は「繁殖力が強い上、日本には天敵もいない。自然界で増えていると考えるのが普通」との見方を示す。


アライグマは北米から日本に持ち込まれて繁殖し、あっという間に増えた。わが町でもたまに見かけるので本当に多い。しかしペットとして飼うのは難しく、成獣すると手が付けられないほど暴れるので街中で見つけても近づかない方がよいのだ。
 日本に持ち込まれたのは名作劇場『あらいぐまラスカル』の影響だそうだが、その際もペットで飼うために購入し、暴れるので結局は捨てざるを得ない…ということがあったそうだ。あれだけアニメで飼うのは難しいと描写されたのになぜ飼った?
 また最近になって『けものフレンズ』の影響でアライグマを飼おうとする人間がいるようだが、やめろ!やめるのだフェネック!アライグマを飼うのは難しいのだー!






同じカテゴリー(日記)の記事画像
玉手消滅へのカウントダウン!
僕らのスーパー玉手ライフ
ブスに優しくない
63歳による中学生男子なみの妄想
遺跡発掘
風俗遊びは命がけ
同じカテゴリー(日記)の記事
 成宮寛貴オランダ生活 (2018-07-15 08:28)
 玉手消滅へのカウントダウン! (2018-07-12 18:24)
 僕らのスーパー玉手ライフ (2018-06-17 10:49)
 ブスに優しくない (2018-05-15 20:44)
 63歳による中学生男子なみの妄想 (2018-01-16 15:21)
 漕げよ もっと漕げ (2018-01-09 21:37)

Posted by 縛りやトーマス at 09:34│Comments(0)日記アニメ
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。