2018年01月23日

開放性と有安杏果

 ももクロ・有安杏果突然の卒業を巡っては未だ納得できない・その決断の理解に苦しむ人々がああでもないこうでもないと独自の解釈のもとブログを更新しており、中には卒業ライブの発言を巡って批判的なことを言い出す(ファンなのに)連中も出てくる始末。まったく理性的でない意見の数々には辟易するばかり。だが中には科学的見地に基づく発言をする人もいる。九州大学大学院理学研究院教授の矢原徹一氏だ。

科学者として考えた杏果がももクロを卒業した理由
ももクロが直面した「かなわない夢」

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/52156

 科学者でありながらガチモノノフという矢原氏は保守系右派メディアのJBpressでももクロのことを語り続けるという突き抜けた人。小林よしのりの例を見るまでもなくアイドルと保守は共通点があるのだろう。それはさておき、矢原氏の分析によると有安杏果は開放性が高い性格であるという。

>人間には、開放性と呼ばれる性質がある。好奇心や創造性の背景にある性質であり、外の世界への関心の強さや、自由な創造への意欲の強さに関係している。ビッグファイブと呼ばれる性格因子の1つであり、代表的な判定項目には「絵画などの制作、著述、または作曲をする」「哲学的、精神的な問題を考える」が挙げられる。有安杏果は、自ら作詞・作曲をし、写真による表現に取り組んでいるので、間違いなく開放性が高い性格である。

 そのうえでこう指摘する。

>開放性が高い人は、何よりも自由を好む。一方で、スケジュールやルールに束縛されるのが苦手である。

>開放性の高い人にとっては、周囲の評価はどうでも良い。また、自分の才能に満足することはあまりない。常により高い水準に、あるいは何か新しいことに興味を抱くので、なかなか自己満足ができないのだ。

>有安杏果は日本大学藝術学部で学ぶ中で、開放性が高い学生たちに出会い、自由に創造することへの憧れを次第に強く抱くようになったのではないだろうか。ももクロの活動を続けながら4年間で日本大学藝術学部を卒業したほどの努力家なので、自分をきちんとコントロールできる人なのだが、創造活動に必要なのは自制心よりもむしろ自由である。彼女の気持ちの中で、自由な時間がほしいという思いが次第に強くなり、その思いを抑えることに「疲れ」て、ついにももクロを卒業するという決断に至ったのだろう。



 ももクロきっての常識人であり、ソロコンも高城れに、佐々木彩夏がアイドル性やステージの楽しさといった部分を突き詰めたのに比べ、自分で撮った写真を見せたり、歌手としてのステージクオリティをひたすら高めることに邁進していた有安杏果は確かに自己満足ができない、開放性の高い人物といえる。

>一度普通の(自由な)暮らしをしてみて、自分にどんな表現の道があるのかをじっくり考えたい、というのが彼女の本心だろう。この気持ちは、クリエーター特有の心の乾きだ。彼女が思い描く「普通の生活」は、決して平凡な暮らしではないはずだ。私の推論が正しければ、彼女はいずれ自分なりの表現手段を見つけて、クリエーターとして頭角をあらわし、ももクロファンの前に戻ってくるだろう。

 この分析による解釈ならば結成10周年の節目を前にグループを抜けるというのも納得できる。彼女の持つ開放性は10周年にはないということになるのだから。矢原氏はももクロの歌詞のひたすら前向きな部分を評価しており、この卒業は本人の開放性と絡めると確かに前向きであり、ゴシップ誌が囚われているハブられ、不仲説より遥かに納得できる考えだ。
 本当に不思議なのは多くのファンが矢原氏のように前向きな意見を持てずに発言ひとつを巡って批判合戦になるのか理解に苦しむ。動き出せよ!君のもとに走れよ!!


帰ってきてよね!




同じカテゴリー(ももいろクローバー)の記事画像
デブオタクのピチT問題
女子SPA!は教養と知性を身につけなさい
年間標語のシンデレラ
【データベース用】ももクロMV・YouTube再生回数ランキング
青春ツアー大阪
ハピクロ公開収録レポ×あーりん、れに圧
同じカテゴリー(ももいろクローバー)の記事
 デブオタクのピチT問題 (2018-04-23 23:00)
 杏果TwitterとInstagram (2018-04-04 00:08)
 女子SPA!は教養と知性を身につけなさい (2018-01-20 20:35)
 年間標語のシンデレラ (2017-11-07 22:38)
 【データベース用】ももクロMV・YouTube再生回数ランキング (2017-11-05 13:31)
 青春ツアー大阪 (2017-06-05 00:27)

この記事へのコメント
やはり、批判合戦しているファンたちには「現状有姿」と「清濁を併せ飲む」思考が必要でしょう。


私は結構ももクロの楽曲が好きなので(モモノフと言われるほど熱心なファンではありません。寧ろDD/MDでしょうな)、
公式動画チャンネルをYouTubeアプリ上でチャンネル登録しているんですが、
有安さんのソロ動画が最近増えているのを見て、おや?どうしたんだろう?と思っていたわけです。


・・・卒業し、芸能界から引退とは。驚きました。
いつも意表を突いてくるももクロならではですな。


メンバー個々にはそれぞれの意思がある。どうやってもファンたちはその決定を覆すことは出来ません。
アイドルとはいえ人間なのですから。人は皆同じではないのです。「清濁を併せ飲む」事が必要。


ここらを勘違いし、ファンだからとアイドルを自身の意のままに操れると妄信しながら駄々こねるドルヲタが多いようで。困ったもんですなぁ(-。-)y-゜゜゜


だから「現状有姿」として黙って見守るべきなんです。もし戻る気かあるなら戻るから受け入れる、そうでないならそっとしておくのが真のファンでしょうね。
Posted by 韓国人と仕事して困った事スマホver. at 2018年03月29日 21:41
アイドルファンの中には自分の思い通りにならないと難癖つけたくなる人がいるから、しょうがありませんね
Posted by 縛りやトーマス縛りやトーマス at 2018年04月04日 21:46
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。