2018年02月28日

今度は宇宙だ!『ザスーラ』

 この間『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』の完成披露に行ってきた。すでにアメリカでは8週連続ランキング入りというロングランで大ヒット中。元の映画はガッカリズッコケ映画だというのに信じられない受け方が信じられず「今更双六映画のリメイクかよっ」と思ってたんだけど、今回のリメイクは相当面白く、インディ・ジョーンズシリーズみたいな冒険映画の趣があり、青春映画としての甘酸っぱさもありでどの世代が見ても楽しめる内容。



 今回はその前作『ジュマンジ』の「精神的続編」だという『ザスーラ』(05)を見ましたよ。



 『ザスーラ』は『ジュマンジ』がジャングルを舞台にしたリアル脱出ゲームならぬリアル双六ゲームだったが、こちらは宇宙が舞台。そして原作者が同じクリス・ヴァン・オールズバーグ。「精神的続編」とはそういう意味である。

 ウォルター(ジョシュ・ハッチャーソン)とダニー(ジョナ・ボボ)の兄弟は両親の離婚以来ケンカが絶えず、父親(ティム・ロビンス)も子育てに手を焼いていた。スポーツもできる兄のウォルターに比べてダニーは夢見がちで内気。父親は急な仕事が入って兄弟の世話を長女のリサ(クリステン・スチュワート)に押し付けて出て行ってしまう。ダニーは地下室で見つけてきたボードゲーム「ザスーラ」を持ってきて兄に構ってもらおうとする。
 「ザスーラ」はネジを回すと中央のカウンターが回転して出た数だけプレイヤーのコマが進み、止まったマス目のカードに書かれてあることが実際に起きる双六だ。宇宙を舞台にしているのでコマは宇宙船。
 ダニーがひとりでゲームを始め、コマが止まるとカードが飛び出す。「流星群を回避せよ」すると家の天井をぶち破って流星群が降ってくる!しかも自宅の窓の外は宇宙空間になっていて外へ出ることができない…脱出するにはゲームをクリアするしかない。こうして仲の悪い兄弟は力を合わせてザスーラを始めることに。

 この仲の悪い兄弟がゲームを続ける、というのがポイントで二人は何かにつけて言い争ってゲームはまともに進まない。ふてくされたダニーが「パスタをつくる!」と言い出してゲームを放り出したりしてるのを見てるこっちは「そんなことはどうでもいいから、とっととゲームを進めろよ!」とか思っちゃう。この二人がまったく可愛くないのでどうしてもイライラが募ってしまう(そういう脚本なんだけど…)。
 「宇宙飛行士を救え」というカードが出てきて、15年間宇宙をさまよっていたという宇宙飛行士(ダックス・シェパード)が勝手に家の中の食べ物をあさりだすのでウォルターは追い出そうとするがザスーラの敵キャラ、ゾーガン星人を追い払ってくれたことからダニーは残ってくれといい、このことでウォルターは「僕の意見を無視した」と不満顔。
 さらにゲーム盤が移動した衝撃でコマの宇宙船の位置がずれちゃうと「ズルした!」「してない!」とケンカ(いい加減にしろ)。ウォルターはダニーのコマを前の位置にずらすのだが出てきたカードは「不正をしたので罰」。あわれウォルターは宇宙空間に放り出されそうになる。なんとか宇宙飛行士の活躍で助けられるが再び二人はケンカ…

 そんな中、ウォルターは黄金のカードを引き当てる。「流れ星にひとつだけ願い事をする」家の外の宇宙空間を流れ星が通過。険悪になっている二人を見て宇宙飛行士はその願い事だけはやめろと叫ぶ。宇宙飛行士はウォルターがダニーなんかいなくなればいい、という願い事をするのだと思ったのだがウォルターは別の願い事をしていた。宇宙飛行士は
「15年前に自分も弟とゲームをしていたが、ケンカして流れ星のカードを引いた時『弟なんかいなくなれ」と願ってしまい、弟が消えてしまったのでゲームが続けられなくなった。君たちは同じことを繰り返してはいけない」
 と二人を諭す。


 と、ここまで来て二人のしつこいケンカや、仲を取り戻すことの大切さを訴えたいというストーリーのキモがわかるとこの映画俄然面白くなってくる。このままケンカだけしてたらギブアップするところだった。兄弟は協力してゾーガン星人に立ち向かい、故障したロボット(ブリキのおもちゃが巨大化している)を上手く操って窮地を切り抜けていく。
 宇宙船のデザインは50年代の流線形で、トカゲ型宇宙人のゾーガン星人やロボットなどには『ターミネーター』『エイリアン2』『ジュラシック・パーク』のスタン・ウィンストンが関わっている。監督のジョン・ファブロー(『アイアンマン』シリーズ)とウィンストンはCGと特殊効果を上手くミックスさせた映像をつくりあげた。トカゲの宇宙人とか、ブリキのロボットやら流線形のロケットやらが出てきて50年代SF映画のような古典のイメージが『ザスーラ』の面白さである。『ジュマンジ』をあまり気に入っていないというファブローは『ザスーラ』で見事に『ジュマンジ』のガッカリ部分を手直しして、古典SF映画の面白さを十二分に楽しませてくれた。やっぱり特撮では宇宙人とか、見たことないものを見せてくれないとな!





同じカテゴリー(レンタル映画館)の記事画像
倒錯趣味があってもいいじゃないか『ワンダー・ウーマンとマーストン教授の秘密』
不能のヒロイン『富美子の足』
子供の幸せ『ゴーン・ベイビー・ゴーン』
イカレた7人がやってくる『セブン・サイコパス』
お前はジーグだから『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』
ホントの死のゲームはどっち?『青い鯨』と『NERVEナーヴ 世界で一番危険なゲーム』
同じカテゴリー(レンタル映画館)の記事
 最後のビデオ店 (2018-07-18 17:29)
 倒錯趣味があってもいいじゃないか『ワンダー・ウーマンとマーストン教授の秘密』 (2018-07-06 12:55)
 不能のヒロイン『富美子の足』 (2018-07-06 00:11)
 子供の幸せ『ゴーン・ベイビー・ゴーン』 (2018-06-12 18:54)
 イカレた7人がやってくる『セブン・サイコパス』 (2018-02-10 05:39)
 お前はジーグだから『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』 (2017-12-24 20:35)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。