2018年03月21日

革命的女性アクション映画『悪女/AKUJO』



 裏路地の扉をこじ開け、建物に突入した人物が主観映像で目の前に現れた連中を蹴り飛ばし、銃撃、ナイフで切り付けていく。次々現れる敵を片付けた後、ガラス張りのトレーニング・ルームに。そこで初めて襲撃者の顔が映ると美人じゃないですか!
 …という韓国発のスタイリッシュ・アクション『悪女』はそのような冒頭で幕を開ける。陰惨極まりない乾いたタッチで描かれる女の復讐劇だ。
 スクヒ(キム・オクビン)は子供の頃に父親を目の前で殺され、天涯孤独の身になったところを裏社会の連中に救われ彼らによって殺し屋に育てられる。教育係のジュンサン(シン・ハギュン)に恋し、やがて結ばれる二人だが、ジュンサンは敵対する組織によって殺されてしまう。仲間の静止を振り切ってスクヒは組織に乗り込み、壊滅させる(それが冒頭の主観映像の場面)。

 スクヒは警察に取り押さえられ、その腕を見込んだ政府極秘の暗殺組織に組み込まれる。これが全員美女だけの暗殺部隊という香港映画の『レディ・ウェポン』みたいで盛り上がる。スクヒはお腹に宿したジュンサンの子供のために「10年働けば金を与えて解放する」という約束と引き換えに組織に留まることに。最終試験に合格し、スクヒは別名と舞台女優という仕事を与えられ、娘と二人で暮らし始める。舞台女優として暮らしながら組織から暗殺を請け負う仕事の日々を送るうち、マンションの隣に越してきたヒョンス(ソンジュン)という若い男に声をかけられる。妻を早くに亡くしたという独り者の男の日参に少しずつ心を寄せてゆくが、彼は組織に命じられてスクヒを監視していた。
 組織からの最初の仕事はあるターゲットを狙撃せよというもの。しかもヒョンスとの結婚式当日(こんな日にするなよ!嫌がらせか!)。結婚式場で花嫁衣裳をまとったスクヒの美しさに息を飲むが、直後に待っているのはあまりに血なまぐさい運命。狙撃するターゲットは死んだと思っていたジュンサンだった!

 もはや組織もジュンサンも何もかも信用できないスクヒを殺し屋たちが狙い、監視という任務を超えて彼女を本当に愛し始めるヒョンス。しかし愛する者も何もかも失ってしまうスクヒに残されたのはたったひとつ、「復讐」。

 監督のチョン・ビョンギル(『殺人の告白』)は韓国映画で女性アクション映画のヒット作がまったくないことに不満を持ち「いつか女性アクション映画のヒット作を作る」野望を抱いており、今回「いつかアクション映画で主役を張りたい」と願っていたキム・オクビンと組んで念願の傑作を生みだした。
 ほぼノースタントでアクションに挑んだキム・オクビンの身体能力はすさまじく、冒頭の主観映像アクションや、トンネル内をバイクで爆走しながら並走する敵とチャンバラを繰り広げるシーンなど、セット撮影と思いきや本当のトンネルで実際にバイクを走らせながらのアクション。クライマックスでもアクセル踏みっぱなしにした車のボンネット上で後ろ手でハンドルを操作しながら前を走るバスに肉迫するという、ハリウッドでもやらないような命がけのアクションに挑戦していて興奮に次ぐ興奮だ。

 それにしても『悪女/AKUJO』というタイトルは皮肉だ。スクヒは残酷な殺し屋だが、彼女がそうならざるを得なかったのは騙し、裏切り、搾取だらけの人生を送っていたからだ。生まれながらの悪などなく、生き抜くために悪になるしかなかった。男性中心のアクション映画が多い韓国映画でこういった作品が登場するのは性差別や搾取がまかり通っていると言われがちな韓国映画界(日本映画界も似たようなもんだけど)にとってようやく訪れた革命かも知れない。




同じカテゴリー(映画)の記事画像
長年の疑問が解決した『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』
生きてる人間の方が怖い『ルームロンダリング』
メレ様が実質主役『宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド』
奇想天外!これこそバットマンだ!『ニンジャバットマン』
俺ちゃんの映画、どうなるの?
俺ちゃんに差別はない!『デッドプール2』
同じカテゴリー(映画)の記事
 最後のビデオ店 (2018-07-18 17:29)
 長年の疑問が解決した『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』 (2018-07-16 19:38)
 生きてる人間の方が怖い『ルームロンダリング』 (2018-07-10 19:55)
 メレ様が実質主役『宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド』 (2018-07-04 22:44)
 奇想天外!これこそバットマンだ!『ニンジャバットマン』 (2018-07-01 22:02)
 俺ちゃんの映画、どうなるの? (2018-06-28 22:49)

Posted by 縛りやトーマス at 15:14│Comments(0)映画
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。