2018年04月21日

巨匠のマジコン疑惑

 80年代オタクが大歓喜の映画『レディ・プレーヤー1』、日本でもつい公開され大ヒットを記録。巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督がまるで30~40代ぐらいの時に撮ったかのような瑞々しいアクション・アドベンチャーで、まさに年代そのものが80年代に回帰したかのような傑作の誕生です。これを71歳のスピルバーグが撮っているというのは物凄いことです。
 そんなスピルバーグ監督が来日、映画について語ってくれました。

【インタビュー】『レディ・プレイヤー1』スティーブン・スピルバーグ監督「皆さんを、空想と希望のある世界にいざないたかった」
https://ovo.kyodo.co.jp/interview/a-1149929

>-監督は、実際にVRゲームをプレーしたことはあるのでしょうか。

>プレイステーションで「マリオ」などをやりました。最初にやったときはゴーグルを外したくありませんでした(笑)。


 「プレイステーションでマリオをやった」ってどういうこと?映画の中にガンダムが出てきたり、『シャイニング』を追体験していることよりもこっちの方が気になってしょうがない!
 まさか巨匠がマジコン的なアイテムを使っていたということなのでしょうか?いやそんなことはあるまい。なにしろスピルバーグは巨匠ですから、巨匠に相応しいPSでもマリオが遊べる巨匠専用ハードを所有しているに違いない。さすが巨匠は一味違うぜ。

巨匠のマジコン疑惑





同じカテゴリー(映画)の記事画像
第92回アカデミー賞直前予想
猫人間が有力!第40回ゴールデンラズベリー賞
永遠に閉じ込められるミステリー『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』
狼が帰ってきた!『野獣処刑人 ザ・ブロンソン』
これが日本の格差社会映画だ『カイジ ファイナルゲーム』
吹替がお好き? けっこう。ではますます好きになりますよ。
同じカテゴリー(映画)の記事
 第92回アカデミー賞直前予想 (2020-02-10 09:29)
 猫人間が有力!第40回ゴールデンラズベリー賞 (2020-02-09 23:12)
 永遠に閉じ込められるミステリー『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』 (2020-02-02 23:42)
 狼が帰ってきた!『野獣処刑人 ザ・ブロンソン』 (2020-01-27 23:14)
 これが日本の格差社会映画だ『カイジ ファイナルゲーム』 (2020-01-18 15:15)
 吹替がお好き? けっこう。ではますます好きになりますよ。 (2020-01-18 00:02)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。