2018年05月21日

ピザ配達人と首輪爆弾と真相『邪悪な天才 ピザ配達人爆死事件の真相』



 ネットフリックスで配信されてる『邪悪な天才 ピザ配達人爆死事件の真相』を観た。2003年にペンシルベニア州エリーで起きた実際の事件の真相に迫ろうとするドキュメントだ。
 エリー市の銀行に強盗が押し入り金が奪われる。警察はすぐに犯人を取り押さえたが犯人は「首輪に時限爆弾がつけられている!」と叫んだ。その男はピザ屋の配達人、ブライアン・ウェルズで配達に行った先で首輪をはめられ「強盗してこい」と言われたという。ウェルズはメモを持たされ、指示通りにすれば爆弾を外してやると書かれてあった。細かい字でビッシリと書き込まれたメモが9枚。
 警察は爆発物処理班を呼んだが、周囲の道路に張られた通行規制のため処理班の車は延々遠回りをする羽目になり、現場まで4ブロック先の位置で爆弾は爆発。その瞬間はテレビで生放送されていた!ウェルズが着ていた白いシャツの胸にはGUESS(推理しろ)と書かれてあった。

 この事件知ってる!映画評論家の町山さんの『キャプテン・アメリカはなぜ死んだか 超大国の悪夢と夢』という本に書いてあったからだ。

事件の詳細↓
http://www.asahi.com/motion/ap/wmp/TKY200309050152.html


 残されたメモには強盗の手順、その後首輪を外すための鍵の入手方法が書いてあった。現場近くの道路を延々と周り、数か所に置いてある謎を解かないと次のヒントにたどり着かないという、まるで謎解きゲームのようだった、と警察はいう。時限爆弾のタイマーは60分で、「とてもそんな時間ではすべての謎を解いて鍵を手に入れられない」初めからウェルズは殺される予定だった?

 ウェルズが強盗時に持たされていた杖型の銃や、首輪からはまったく証拠が見つからず、容疑者はまったく絞れなかった。その後ウェルズの同僚だったロバート・ピネッティが自宅で死んだ。死因は薬物の過剰摂取。FBIによる事情聴取の前夜に。ピネッティの死が事件にどう関係するかはわからず、捜査は難航。

 しかし事件は急展開を迎える。「ある女の家に死体がある。処分を依頼されたが断った」という通報があった。現場に駆け付けた警察は冷凍庫に放り込まれた死体を発見、女を捕らえる。女はマージョリー・ディール・アームストロングといい、冷凍庫の死体は彼女の夫、ジェームズ・ローデンだった。マージョリーは夫を殺したとして逮捕されたが「ビルがやったのよ!あいつは大ウソつきよ」と警察署にやってきたテレビカメラに叫んだ。ビルとは警察に冷凍庫の件を通報したウィリアム・ロススタインという元電気配管工だ。彼女と長年の友人だったロススタインはローデンに嫉妬して殺されたのだと。
 FBIはこの二つの事件が関連しているとして捜査を始める。マージョリーの自宅、ウェルズがピザを配達した電波塔の隠れ家はともに離れていない距離だ。そしてマージョリーは以前にも同居していた恋人を殺した容疑がある(正当防衛とされて無罪になった)。さらにウェルズの家には機械の部品が山ほどあった。マージョリーはロススタインを「俺に逆らうととんでもないことになる、とよく脅すのよ」と言っていた。

「倹約家で金属の収集癖がある」「機械に詳しく凶暴性がある」

 というFBIのプロファイリングにも一致するためロススタインはうそ発見器にかけられたが結果はシロ。「切り抜ける方法を知っているんだ」とFBIは悔しがる。
 そうこうしているうち事件から一年後にロススタインはガンで死んでしまう。一方マージョリーはローデン殺しの件で服役中にムショ仲間にピザ配達人爆死事件のことをさも自分たちがやったように語っていた。首輪爆弾を作ったのはロススタインだとも。
 2005年にマージョリーは刑務所の移動を条件に情報を渡す。マージョリーは仲の悪い父親の遺産が自分に入らないことに腹を立て、父親を殺すことを計画。釣り仲間のケネス・バーンズに殺しを依頼(ケネスはやる気がなかったと証言)、その金を工面するために銀行強盗を計画。実行犯を脅すために使う首輪爆弾をロススタインにつくらせた(ローデンは計画を邪魔しようとしたので殺した)というえらく遠回しな計画だった。

 しかしこれだって真相ではない!ムショのマージョリーはバーンズを「大バカ」と呼び、「私は正当防衛とはいえ二人の夫を殺した。なんだって父親の殺しをあんなバカに依頼するのさ!自分でやった方が安上がりだよ!」というのだ。
 バーンズとマージョリーは互いを「真犯人」といって罵り合ったが、2007年ついにマージョリーは終身刑+30年の有罪判決。マージョリーは獄中からとんでもない真相を告白する。ウェルズもピネッティも事件の「共犯」だというのだ。「あいつは共犯なんだ!だから犠牲者じゃないんだよ!」これは重い罪を逃れるためのデタラメなのか?それとも…

 ロスステインは寂しい男で、女性の愛を望んでも得られず、いろいろな道具を発明しても誰にも認められない。マージョリーはかつては総代をつとめるほどの秀才で美しかったが、心を病んで躁と鬱の間を行ったり来たりした。夫を二人も「正当防衛で」殺したはずのマージョリーが内縁の夫扱いだったロススタインだけは殺さずにいた。そしてピザ配達人爆死事件という世にも奇怪な事件を起こした。二人はまるで犯罪で結ばれたボニー&クライドのような関係に見える。
 というと『俺たちに明日はない』みたいなカルトでロマンティックなクライムサスペンスに思えるけど、実際はどうかしてる人たちの外道以下な事件だから。ドキュメントの力って恐ろしい。




同じカテゴリー(ネットフリックス)の記事画像
奪還せよ『エクスティンクション 地球奪還』
ハイな料理対決
まさにおそロシア『イカロス』
目指せ10億点『ゲーマーVSニブラー:最高得点を狙え』
同じカテゴリー(ネットフリックス)の記事
 中国版カイジ『動物世界』 (2018-09-28 19:31)
 奪還せよ『エクスティンクション 地球奪還』 (2018-08-14 11:32)
 ハイな料理対決 (2018-06-24 21:39)
 まさにおそロシア『イカロス』 (2018-03-04 00:52)
 目指せ10億点『ゲーマーVSニブラー:最高得点を狙え』 (2018-02-19 03:49)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。