2018年07月01日

奇想天外!これこそバットマンだ!『ニンジャバットマン』



 バットマンが日本の戦国時代にタイムスリップ。歴史を改変しようとするジョーカーの野望を止めようという想像の斜め上を行く物語である。知能を持った猿、ゴリラ・グロッド(CV:子安武人)の時空震エンジンによるマシンの暴走でゴッサムシティのヴィランたちとバットマンらがタイムスリップ。たどり着いた先は日本の戦国時代。バットマンより2年先にタイムスリップしていたジョーカー(CV:高木渉)、ハーレイ・クイン(CV:釘宮理恵)、そしてヴィランたちは戦国武将とすり替わる形でこの国を手中に収めつつあった。ジョーカーは第六天魔王と名乗り、ハーレイは森蘭丸的なポジション。デスストロークは独眼竜正宗のようないで立ちをし、ポイズン・アイビーは上杉謙信(女性だったのではないか?という伝説に準じる形で)のように越後を支配し、ペンギンは風林火鳥と武田信玄のような幟を立てる!
 バットモービル、バットウィングといったハイテクメカを早々に使いつぶしたバットマン(CV:山寺宏一)に残されたものはアルフレッド(CV:大塚芳忠)、ロビン(CV:梶裕貴)ら仲間と己の肉体のみ!


 『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズのOP、『ポプテピピック』でおなじみ神風動画がはじめて長編に挑戦。それがバットマンのアニメでしかも戦国時代が舞台ってどういうこと?しかしこの選択が間違ってなかった!バットマンの世界観に完璧にハマっているのだ。もともとバットマンは蝙蝠の面をかぶったオッサンが夜な夜なイカれた悪党を私刑して回るという悪趣味(キャンプ)なジャンルだからこの奇想天外な設定、アクションこそがバットマンのスタイルといえる。ひたすらリアルにしようというクリストファー・ノーランのシリーズはやっぱダメだな。

 クライマックスでは城から手足が生えてロボットになる。アメコミで城がロボットに!東映版スパイダーマンのレオパルドンかよ!さらに5体合体で巨大ロボットに!ボルトロンだ!アメリカ人ではなかなか出てこない発想だ。

 そして中堅、ベテランのプロ声優による豪華な声の共演。『ニンジャバットマン』を見てもまだ俳優のイマイチな吹き替えをやらせようなどという連中は時空の彼方に消え去るといい。百姓に身をやつした高木渉&釘宮理恵の名演技を見てくれ!俺は魂が震えたね。




同じカテゴリー(映画)の記事画像
長年の疑問が解決した『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』
生きてる人間の方が怖い『ルームロンダリング』
メレ様が実質主役『宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド』
俺ちゃんの映画、どうなるの?
俺ちゃんに差別はない!『デッドプール2』
普通がそんなに偉いのか『万引き家族』
同じカテゴリー(映画)の記事
 長年の疑問が解決した『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』 (2018-07-16 19:38)
 生きてる人間の方が怖い『ルームロンダリング』 (2018-07-10 19:55)
 メレ様が実質主役『宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド』 (2018-07-04 22:44)
 俺ちゃんの映画、どうなるの? (2018-06-28 22:49)
 俺ちゃんに差別はない!『デッドプール2』 (2018-06-26 02:10)
 普通がそんなに偉いのか『万引き家族』 (2018-06-23 13:21)

Posted by 縛りやトーマス at 22:02│Comments(0)映画アニメ漫画
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。