2018年08月14日

奪還せよ『エクスティンクション 地球奪還』

 ネットフリックスで配信されているSF映画『エクスティンクション 地球奪還』を観た。



 主演はマイケル・ペーニャ。『エンド・オブ・ウォッチ』で主役ジェイク・ギレンホールの相棒役を演じ、『アントマン』でアントマン=スコットの親友役、『オデッセイ』で主役マット・デイモンの親友役…って親友役ばっかりだな!なんか、親友役が似合う顔なんだな。

 そんなマイケル・ペーニャ演じる主人公ピーターは悪夢にうなされる。何者かに襲撃され、同僚も友人も家族も殺される。そのせいで家族と不和が生じ仕事も上手くいかない。上司デヴィット(マイク・コルター)の勧めで医者にかかろうとするが病院で自分と同じ悪夢にうなされている男に出会う。これは妄想か?現実なのか?
 画してどこからかやってきた宇宙船(!)と武装したエイリアン(!)によって攻撃が始まる。ピーターは職場の工場が安全だという夢を見ていたのでそれを信じマンションから家族を連れて脱出する。途中でエイリアンを返り討ちにし彼らの武器を奪う。しかしエイリアンは気絶していただけで武器である銃を追跡してピーターたちに追いつく。そしてピーターはエイリアンたちの正体と目的を知る。


 最初はよくあるベタな侵略SFかと思い、2018年とは思えない古びた描写が続く上にピーターのうつ病に悩まされるようなダメ社員ぶりが胃に痛いのだが、中盤からはあっと驚く仕掛けが施され『エクスティンクション 地球奪還』のタイトルの意味がわかるようになると映画の内容自体が一変する。
 主人公の周囲でしか展開しないような話だが最後には世界規模にまで拡大するのだった。こういうの見るとやはり映画はアイデアだと思う。現在の社会問題にも相通じるテーマがあって唸らせてくれた。




同じカテゴリー(映画)の記事画像
福田雄一はなぜ起用されるのか
分断をなくそうとする映画により分断を煽る人たち『グリーンブック』
美女二人と二回!まだ弾は残ってるぜ!『運び屋』
観客を見事に欺く展開が秀逸『THE GUILTY/ギルティ』
ふざけたものほど大真面目にやらなきゃ!『翔んで埼玉』
女王は愛されたいの『女王陛下のお気に入り』
同じカテゴリー(映画)の記事
 福田雄一はなぜ起用されるのか (2019-03-21 15:56)
 分断をなくそうとする映画により分断を煽る人たち『グリーンブック』 (2019-03-20 23:40)
 美女二人と二回!まだ弾は残ってるぜ!『運び屋』 (2019-03-17 04:55)
 観客を見事に欺く展開が秀逸『THE GUILTY/ギルティ』 (2019-03-10 22:55)
 ふざけたものほど大真面目にやらなきゃ!『翔んで埼玉』 (2019-03-06 01:32)
 女王は愛されたいの『女王陛下のお気に入り』 (2019-03-03 15:10)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。