2018年08月23日

浜村淳、『カメラを止めるな!』を観る

 Twitterのタイムラインに「浜村淳、『カメラを止めるな!』をそんなに面白くはなかったという」というのが流れてきた。それはMBSラジオの長寿番組『ありがとう浜村淳です』の8月17日放送分だ。浜村さんは最近になってようやく『カメラを止めるな!』を観たようです。一体どういうことなのか確認した。以下その部分の書き起こしです。この日は金曜日なのでアシスタントは鳥居睦子さん。



浜村:映画もテレビドラマもネタがないんですよ。なにか変わったことやらんと。私はおとといね、『カメラを止めるな!』という映画、300万円でつくって今稼ぎ10億円や
鳥居:今すごいヒットしてますね
浜村:見てきましたけどね、そんなにビックリするほど面白いとは思わなかった
鳥居:まあハードルを上げ過ぎるとね
浜村:あのね、今の若い人は過去の名監督の映画を観てない人が多い。観よう思っても見られない。テレビでちょくちょくやるぐらいで。黒澤明、木下恵介、溝口健二、小津安二郎。名監督中の名監督はね精魂込めて作った映画、ほとんど見てない。外国でいうとジョン・フォード、ウィリアム・ワイラー、あるいはデヴィット・リーン。こういう名監督の映画をね、それこそ40年50年経ってますから、めったに見てないですね
鳥居:そうですね
浜村:本格的な映画というものを。だからね、自分の周りにいる普通の人がね、普通に撮って、ゾンビの映画を撮ってるうちに一人二人と本物のゾンビになっていく。これあの自分の身の回りに普通の人がドジ踏むから面白いんですね。そういうことやと思いましてね。まあなんでこんなに当たったんか、よくわからない、もう一遍、今日か明日観に行こうと…
鳥居:あっそうですか(笑)
浜村:(笑)
鳥居:でもなんか私は若者の情熱はすごい感じましたけどね
浜村:そうですね。情熱は確かに感じますけど、あの無名の人々が上田、上田慎一郎監督やったっけ
鳥居:ねえ、この監督さんもこれがデビュー作で
浜村:初めてね、長編映画初めてでね、確か滋賀県の人でしょ
鳥居:そうですか。へえー
浜村:(スタッフに確認するように)わからない?そこまでは?そうですか。ちょっとそこまでは
ありがとう娘:滋賀県の方ですね
浜村:滋賀県の人、そうなんですね
鳥居:じゃあご両親も喜んではるでしょうね
浜村:そら大喜びですわ。映画の世界という道楽もんが入る世界にね
鳥居:(笑)ホントですね
浜村:うちの息子が入りよってからに
鳥居:入っちゃった(笑)
浜村:ロクに金も稼げないですよ
鳥居:でもこれで稼いでますよ
浜村:今まではロクに稼がんと、実家に仕送りもせんとやね、何をブラブラしとんねん、てなもんやったんですが
鳥居:決めつけてますけど!そうじゃないかも知れませんよ。もしかしたら
浜村:そうかもしれんやんか
鳥居:一生懸命働いてたかもしれませんよ
浜村:あのね、カツドウの世界に入った人の親はみんな心配しますよ
鳥居:心配はしてはるでしょうけど
浜村:あんな世界入って大丈夫やろかと。それがね、もう10億円、その映画だけに10億円入ったわけではないけれど、経費やら色んなもん引いても何億円
鳥居:ものすごい額ですよ
浜村:もうひょっとしたら、うちの息子、琵琶湖を買い占めるんやないやろかと
鳥居:ホントにねえ


 聞いてみるとそんなに否定的には言ってないじゃないですか。もういっぺん観に行こうとか言ってるし。ただ『カメラを止めるな!』の面白さはまったくわかっていない感じですが。「自分の身の回りに普通の人がドジ踏むから面白い」ってどういうことなのかまったくわからない。浜村淳さんだからしょうがないけれど。でも昔の名監督の映画はねえ、面白いですよ。ヴィクター・ハルぺリンとかエド・ウッドとかルチオ・フルチとかジョージ・A・ロメロとか。



同じカテゴリー(映画)の記事画像
映画秘宝ベスト&トホホ2018
XXXLのシャツを売れ!『アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング』
挑戦こそが評価『喜望峰の風に乗せて』
この映画が災害『ワイルド・ストーム』
覚えていれば、存在するヒーロー『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』
理想の漫画実写映画第二弾『咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A』
同じカテゴリー(映画)の記事
 映画秘宝ベスト&トホホ2018 (2019-01-22 06:48)
 XXXLのシャツを売れ!『アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング』 (2019-01-19 21:52)
 挑戦こそが評価『喜望峰の風に乗せて』 (2019-01-18 16:43)
 この映画が災害『ワイルド・ストーム』 (2019-01-15 03:17)
 覚えていれば、存在するヒーロー『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』 (2019-01-03 20:35)
 理想の漫画実写映画第二弾『咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A』 (2018-12-31 17:29)

Posted by 縛りやトーマス at 02:00│Comments(0)映画
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。