2018年12月14日

ハリウッドデビューの被害者たち

 日本の女優がハリウッドデビュー…この言葉に我々(誰だよ)は何度となく騙されてきた。騙されても騙されても犠牲者は次々と現れた。振り込め詐欺の被害者のように。

 松田聖子が『アルマゲドン』で「私はショッピングに行きたいの!」と叫び、北川景子が『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』にどこに映ってるのかもわからないぐらいの出演だったり、森川美穂が飛行機で渡米するところまで激写されたのに、「カジノの客」という扱いだった『007 ワールド・イズ・ノット・イナフ』とか…

 そんな被害者たちの姿を見ても懲りずにハリウッドデビューを果たす女優たちがまた現れるのだ。そしてあらたな被害者が誕生したぞ!

山崎紘菜、実写映画「モンスターハンター」でハリウッドデビュー!
https://eiga.com/news/20181213/3/

 ポール・W・S・アンダーソンの『モンスターハンター』で山崎紘菜がハリウッドデビュー!山崎といえばTOHOシネマズに映画観に行ったら必ず出てくるあの子で、それ以外に何をしているのか思い出せない女優ですがな。おめでとう。ついに代表作ができたぞ。
 ちなみに山崎が演じるのは受付嬢ことハンドラー。モンハンシリーズにはギルドガールズとか受付嬢というキャラがいるけど、ハンドラーってのは今年発売されたPS4の『モンスターハンター:ワールド』に登場する受付嬢らしい。らしいっていうのは、僕はモンハンやったことないのでよく知らない。僕はラブプラスで忙しかったんだよ
 なのでネットで検索したら、悪口いっぱい書かれててすげえ不人気キャラなんだけど…そんな不人気キャラを押し付けるなよ!アンダーソン!!バイオシリーズで中島美嘉やローラを出したりしていて、アンダーソンは日本が大好きなんだな、と思ってたらこの扱い。


>山崎が演じることになったのは、ゲームではステージ、モンスターについてプレイヤーに説明をしてくれるハンドラー(受付嬢)だ。「ハンドラーという役はゲームで実在するキャラクターでファンがたくさんいるので期待を裏切らないように演じられたらと思います」と胸中を吐露


 ファンがたくさんいる受付嬢の中でも不人気キャラを押し付けられちゃったのに健気なコメントをして、かわいそうになってきた。このまま新たな被害者になってしまうのか、「実写になったら意外と可愛かった」と土壇場の逆転ホームランを放つのか、山崎紘菜の明日はどっちだ!?






同じカテゴリー(映画)の記事画像
この映画が災害『ワイルド・ストーム』
覚えていれば、存在するヒーロー『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』
理想の漫画実写映画第二弾『咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A』
改名カルキン
史上最低映画とはこれだ『魔の巣』
タイトルとは裏腹に、映画館には誰も来ない!『来る』
同じカテゴリー(映画)の記事
 この映画が災害『ワイルド・ストーム』 (2019-01-15 03:17)
 覚えていれば、存在するヒーロー『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』 (2019-01-03 20:35)
 理想の漫画実写映画第二弾『咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A』 (2018-12-31 17:29)
 改名カルキン (2018-12-30 08:21)
 史上最低映画とはこれだ『魔の巣』 (2018-12-28 02:52)
 タイトルとは裏腹に、映画館には誰も来ない!『来る』 (2018-12-25 19:38)

Posted by 縛りやトーマス at 20:47│Comments(0)映画ゲームネット
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。