2018年12月30日

改名カルキン

 この間、クリスマスでしたが、この時期に見る映画といえば『ホーム・アローン』ですね。パート2にはあのトランプ大統領も出ているので話題性もバッチリです。
 その『ホーム・アローン』に主演したマコーレー・カルキン君はその後あっという間に人気凋落し、ストリップ・バーでダンサーの胸元にドル札を突っ込むなどイメージを粉々にするスキャンダルばかりが目立つようになり、「堕ちた元子役」「アメリカのケーキ屋ケンちゃん」と呼ばれるように(何処で)。
 そんなカルキンがイメージを払拭すべく、改名することに。

マコーレー・カルキンがついに改名!正式決定した「新たな名前」は?
https://front-row.jp/_ct/17238987

 新しい名前はマコーレー・マコーレー・カルキン・カルキンに。
 言い難いし、これじゃあ結局マコーレー・カルキンって呼ばれるようになるんじゃない?なんか石森章太郎から石ノ森章太郎に表記が変わった、ぐらいの。全然違う名前にするのかと思ったら…マコーレー・カルキンの名前を忘れないでくれ、という心の叫びが聞こえてくる。プリンスが「かつてプリンスと呼ばれたアーティスト」としても長すぎるから「元プリンス」呼ばわりした、みたいなことになりそうな。
 能年玲奈が「のん」にしたようにカルキンも「マン」とかにするのはどう?


大人になって『ホーム・アローン』のセルフパロディをするカルキン




同じカテゴリー(映画)の記事画像
福田雄一はなぜ起用されるのか
分断をなくそうとする映画により分断を煽る人たち『グリーンブック』
美女二人と二回!まだ弾は残ってるぜ!『運び屋』
観客を見事に欺く展開が秀逸『THE GUILTY/ギルティ』
ふざけたものほど大真面目にやらなきゃ!『翔んで埼玉』
女王は愛されたいの『女王陛下のお気に入り』
同じカテゴリー(映画)の記事
 福田雄一はなぜ起用されるのか (2019-03-21 15:56)
 分断をなくそうとする映画により分断を煽る人たち『グリーンブック』 (2019-03-20 23:40)
 美女二人と二回!まだ弾は残ってるぜ!『運び屋』 (2019-03-17 04:55)
 観客を見事に欺く展開が秀逸『THE GUILTY/ギルティ』 (2019-03-10 22:55)
 ふざけたものほど大真面目にやらなきゃ!『翔んで埼玉』 (2019-03-06 01:32)
 女王は愛されたいの『女王陛下のお気に入り』 (2019-03-03 15:10)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。