2019年01月25日

キムタクとまさみタンのイチャイチャミステリーラブコメ『マスカレード・ホテル』

キムタクとまさみタンのイチャイチャミステリーラブコメ『マスカレード・ホテル』

 木村拓哉が刑事役に初挑戦したミステリードラマ。

 都内で発生した3件の殺人事件。現場には謎のメッセージが残されており、警察はメッセージが次の殺害現場を記す緯度・経度であると解読。次の現場とされる高級ホテル「ホテル・コルシカ東京」に捜査員を派遣し、潜入捜査を行うことに。ホテル側の了承をとって捜査官をスタッフに扮して配置。帰国子女の警部補・新田浩介(木村)は英語ができるという理由でフロントスタッフにさせられるが、補佐及び教育係となったフロントクラークの山岸尚美(長澤まさみ)は新田がボサボサ髪でひげ面なのを見て散髪屋で七三にさせる。ホテルの客をじろじろとにらみつける新田の態度に「ホテルマンらしくない」と説教。さっさと犯人を捕まえたい新田のやる気なさに憤慨するのであった。しかしホテルでの日々を過ごすうち、山岸のホテルマンとしてのプロ意識、新田の警察官としてのプロ意識を互いに認め合うようになるのだった。

 初の刑事役といいながらもいつものキムタク演技な木村と、フロントクラーク姿も凛々しい、何やっても最高だね~なまさみタンがいがみ合いつつイチャイチャしながら犯人逮捕するまでのミステリーラブコメですな。東野圭吾原作なので一見関係なさそうなホテルでのトラブルが後々重要な伏線になっていたりと、その辺はさすが東野圭吾といったところ。小説で読んだら真犯人は本気で驚くだろうな~実写だとちょっとズルい気がするけど。
 グランドホテル形式で豪華キャストも出てくるし、正月気分で料金分は元の取れる映画です。東宝はなんでこれを正月第一弾にしなかったのでしょう?今年の正月映画『来る』『妖怪ウォッチ』はズッコケで年末年始の関係者はみんな落ち込む表情を隠すために仮面をつけていたといいますが、初週三日で8億近い興収だったこちらを正月にかけていれば…




同じカテゴリー(映画)の記事画像
自分を偉くみせるためのアピールに必死な前田有一
面白いこと考えてないと死んじゃうの!『スノー・ロワイヤル』
冴えないヤツらの心の叫びを聞いてくれミュージカル『アナと世界の終わり』
114通りの未来を観た男
ゴジラファンは複雑なのだ『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』
次回もドンソクと地獄に付き合ってもらう『神と共に 第一章:罪と罰』
同じカテゴリー(映画)の記事
 自分を偉くみせるためのアピールに必死な前田有一 (2019-06-23 19:22)
 面白いこと考えてないと死んじゃうの!『スノー・ロワイヤル』 (2019-06-22 17:34)
 冴えないヤツらの心の叫びを聞いてくれミュージカル『アナと世界の終わり』 (2019-06-19 11:38)
 114通りの未来を観た男 (2019-06-13 18:33)
 ゴジラファンは複雑なのだ『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』 (2019-06-11 20:32)
 次回もドンソクと地獄に付き合ってもらう『神と共に 第一章:罪と罰』 (2019-06-06 23:19)

Posted by 縛りやトーマス at 17:20│Comments(2)映画
この記事へのコメント
原作にも、あるんですが・・ラストの3分はマジでいらんと、キムタクファンの知り合いはご立腹でしたぜ
Posted by 沖田虎丸 at 2019年01月26日 18:48
あのエピローグは説明過多で不要ですな
Posted by 縛りやトーマス縛りやトーマス at 2019年01月27日 20:47
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。