2019年02月15日

有安杏果ファンはもう少し冷静になろう

 元ももクロの有安杏果さんがソロ活動開始を発表したのは1月15日。奇しくもグループ脱退を発表したのは去年の同日。きっちり一年間休養した後での活動再開報告にはファンも胸にこみ上げるものがあった。
 その後新たに個人事務所の立ち上げ報告が2月6日にインスタ、Twitterで。しかしこの報告には続きがあった。それは突然雑誌記者に取り囲まれたことと、現在結婚を前提にした一般人男性との交際をしていることだ。
 二日後の金曜日に発売されたFRIDAYに杏果を直撃した記事が掲載される。週刊誌の前に先んじて自ら発表したということだが、これをめぐって各マスメディア上では喧々諤々の論争となった。

有安杏果ファンはもう少し冷静になろう



 それは交際相手がメンタルクリニックの院長で、独身の48歳、そして二年ほど前から杏果の相談を受けていたということ。つまり自分の患者と交際していたわけで「医者が患者に手を出すってアリなの?」と批判が続出した。

 多くのファンは彼女の復活、交際宣言も好意的に受け止めていて、インスタやTwitterには応援メッセージが寄せられているが、中には納得できない人が「これってどういうことなの?」と不満タラタラの様子。

 僕は杏果ファンだし、卒業に至るまでの決断は理解できるし、以前から必ずソロで復帰するだろうと予想していたので活動再開は待ってました、というところ。クリニックに通っていたということに関してもグループ一メンタル弱めなのが杏果だったし(メンタル怪しげなのは、れにちゃん)、クリニックぐらい通っていても不思議ではない。その医者が交際相手というのは若干モヤっとするが、担当医と交際したのではなく、交際したのがたまたま担当医だっただけではないか。何ら騒ぐことではない。

 なのに世間にはグループ脱退までの経緯に納得できず、今回のことに絡めて文句を言い出すやつの多いこと!その典型が以下だ。


元ももクロ・有安杏果“結婚前提交際宣言”に感じる「割り切れなさ」の正体
https://www.cyzo.com/2019/02/post_193013_entry.html


 この記事には、脱退後の杏果に対して文句言いたがり連中の果てしなくダメなところが全部凝縮されている。

 まず冒頭に杏果ファンであることをチマチマ説明して、ただのゴシップ的興味本位の記事ではないのだアピールしていますが、ファンならグダグダ言わずに彼女の決断を支持して応援してやれ、というのが第一。

>私は、好きなアイドルがすることはすべて肯定しようという考えを持っている。本人が望んでいないのに、周りにやらされているようなことは別だが、卒業も、解散も、最終的に本人が決めたことであれば、応援するのがファンだと思うからである。

>そのため、昨年、彼女がグループを卒業したことも、(発表から卒業までの期間が短すぎるなどの不満はあるものの)納得はしてきたつもりだ。

>ただ、今回の件については、何か心から祝福できない気持ちが先立ってしまう。この正体は一体何なのだろうか?


 本人が決めたことであれば応援するのがファンだと言いながら、その決心が揺らいでいるのである。この後にはまるで関係がない秋篠宮家の眞子さまと小室圭さんの結婚問題と杏果の件を強引に結び付け、こんなことを言い出す。

>違う分野での2つのニュースであるが、根底に感じる割り切れなさには、共通しているような感覚を覚える。

>それは、アイドルを応援するファンも、皇室の安寧を願う国民も、みんなが考えているのは、「当人が将来的に幸せな人生を送ってもらいたい」という思いだということだ。


 ほっといたれよ!はっきりいって大きなお世話ですよ。彼女からしたら。
 こんなもん、水泳の池江璃花子が白血病であることを告白したら、民間療法を勧めてくるやつと一緒で池江のことなんかどうでもよくて、困っている人(とそいつが思っている)にアドバイスできる自分に酔ってるだけなんだから。僕だって杏果のことをどうこういうけど、自分の言ってることが戯言だってわかってますから!
 このライターは愚かにも杏果にアドバイスすることでエクスタシーを感じてる変態で、説得力を持たせるために

>今回のニュースで、私を含めた多くのファンが、「将来的に苦労をするリスクがあるのではないか」と感じているのではないだろうか。

 個人の意見ではない、「みんな」が「そう感じている」というのだ。みんなって誰だよ?5ちゃんか?

有安杏果ファンはもう少し冷静になろう

 先に卒業した早見あかりと比較して、「普通の女の子の生活を送りたい」といいながら復帰した杏果を「ブレている」などと批判し始める。こうなったらもはや意見ではない。「批判」だ。
 僕はももクロ時代の杏果のソロコンを見て、ももクロではできないグレードや、アーティスティックなステージに興奮した(別にももクロのライブにグレードやアーティスティックさがないというわけではない)。彼女の目指す方向性が間違いなくソロライブでやっていることにあると。そのステージをももクロの活動と並行しながらやるというのもアリなんだろうけど、杏果のストイックな性格からしてそれは無理だと。だから脱退なんだというのはソロコン見てたらわかるので、それをブレてるといわれてもねえ…


杏果ソロコン

 年齢も不安要素、までいくとただのいちゃもん、難癖のレベル。

>48歳で独身というと、いろいろな過去や事情を抱えていることが多く、それらのものを若い女性が背負っていくのは大変だろうという気持ちになる。事実、結婚後さまざまな問題が露呈し、別れてしまった例も多く聞く。


 ほっといたれよ!!

>今、もし彼女に伝えられることがあるとすれば、「できるだけ冷静になって、自分が何をしたいのか、どうすべきなのかを見つめ直してほしい」ということだ。できれば、世間の反響やファンの声にも耳を傾けてほしい。

>その上で、彼女自身が、誰の影響も受けることなく決断したことなら、納得するだろう。とにかく、自分が少しでも応援し、幸せをもらった相手が、後々後悔するようなことにだけはなってほしくないのである。


「できるだけ冷静になって、自分が何をしたいのか、どうすべきなのかを見つめ直してほしい」だって?これはこのライターをはじめ、杏果批判をしているファンすべてに相通じる言葉だ。多くのファンは杏果の復帰や担当医との交際という事実を受け入れられず、精神崩壊に近い状態になっている。だから彼女や交際相手を批判することで自我を保っているのだろう。杏果本人がどう思っているかなど、考慮していない。ファンなら「彼女が選んだ人なんだから、いい人に違いない」と思えばいいのに。そう思えなくとも、そっと見守ってやるぐらいのことができないのか。
 ファンはできるだけ冷静になって、自分が何をしたいのか、どうするべきなのかを見つめなおしてほしい。



※サイゾーと比べて杏果のことがよくわかっている良い記事。
元ももクロ有安杏果、“洗脳報道”に古参ファンの複雑な心境
https://bizspa.jp/post-123778/




同じカテゴリー(ももいろクローバー)の記事画像
おかえり杏果
ゆく桃くる桃 第2回ももいろ歌合戦 総合司会変更
祝え、新たな桃色王の誕生を
ゆく桃くる桃 第2回ももいろ歌合戦 出演者発表
ベストジーニストかなこ
あかりんおめでとう
同じカテゴリー(ももいろクローバー)の記事
 おかえり杏果 (2019-01-15 18:59)
 ゆく桃くる桃 第2回ももいろ歌合戦 総合司会変更 (2018-12-31 00:45)
 祝え、新たな桃色王の誕生を (2018-12-24 23:53)
 ゆく桃くる桃 第2回ももいろ歌合戦 出演者発表 (2018-10-22 19:33)
 ベストジーニストかなこ (2018-10-19 20:25)
 あかりんおめでとう (2018-07-24 02:23)

この記事へのコメント
所詮人間なんて基本的には全て自分本意な生き物なんですよ。
それこそ身内や近い血族でさえも優勢するのはまず自分か自分の子供くらい。

それがファンという赤の他人レベルなら尚更。

有安さん本人でさえ優勢項目は彼氏より親よりファンより自分でしょ?

それを理解してる有安さんは強いよ。
ブレないし今後も我が道を行くでしょう。
それこそがアーティストととしては必要な要素でありそこを理解出来る自分本意な人はついていくと思いますよ。

よくいうアーティストはファンの鏡ってやつです。
Posted by 一郎 at 2019年02月16日 16:54
未だにイライラして「ファンやめます」報告する人たちがいっぱいいて、早く彼女のことを忘れて他のタレントを応援すればいいのに、わざわざ辞めます宣言する人たちって暇なんだなあ
Posted by 縛りやトーマス縛りやトーマス at 2019年02月26日 11:49
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。