2019年02月20日

東映にしかできない!『女番長』シリーズの系譜『BACK STREET GIRLS ゴクドルズ』


東映にしかできない!『女番長』シリーズの系譜『BACK STREET GIRLS ゴクドルズ』

 誓いの盃を交わした犬金組・三人の極道、健太郎(白洲迅)、和彦(柾木玲弥)リョウ(花沢将人)は身も心も立派な極道として生きていくことを誓ったが、慕っていた若頭の永田が対立組織の罠にはめられ服役。三人は敵討ちのため敵対組織に乗り込むが返り討ちに。命だけは助かったが、敵対組織のボス、小黒田(小沢仁志)は犬金組に手打ちを要求。大金を失うことになった組長の犬金鬼万次郎(岩城滉一)は「東京湾に沈むか、臓器を売るか、それとも…」と三人に迫る。「命だけは勘弁してください!それ以外はなんでもしますから!」と土下座する三人に犬金は

「てめえら明日からアイドルになれ!アイドルになって稼いで来い!」

 選択の余地などない三人はすぐさまタイに渡って性転換手術。アイリ(岡本夏美)マリ(松田るか)、チカ(坂ノ上茜)の見目麗しい美少女に生まれ変わってアイドルグループ「ゴクドルズ」(極上のアイドル、の意)としてデビュー。

「売れちまったよオイ!!」

 三人の予想を裏切ってゴクドルズは売れまくり、小さなライブハウスを満杯にするほどに。三人は身も心も立派な極道のはずが、アイドルとして乙女な生き方を強要され、ギャップに苛まれていく。


 週刊ヤンマガに連載された漫画の映画化で、奇想天外かつ破天荒な内容に挑んだのは△マークの東映だ!極道はともかくアイドルって!東映のアイドル映画っていったら『ときめきメモリアル』ぐらいしか浮かばないぞ。
 しかし東映ではかつて杉本美樹、池玲子といった女優らが主役のバイオレンス・アクションを70年代に量産していたではないか。そう、あの『女番長』シリーズ、野獣のような女たちが愚かな男たちを手玉に取って大暴れする様子はまさしく『女番長』シリーズだ!
 さらに東映ならではの要素をミックスさせた。特撮ヒーロー番組からの起用だ。アイリ役の岡本夏美は『仮面ライダー1号』で立花藤兵衛の孫として藤岡弘、をビンタして「老人虐待では?」と言わしめていた。マリ役の松田るかは『仮面ライダーエグゼイド』のポッピー、チカ役の坂ノ上茜は『ウルトラマンX』のアスナ隊員!三人を導くよきライバルであり同志であるアイドル役に元スパガ、『スーパー戦隊最強バトル!』にでている浅川梨奈、外道のようなIT企業のヤク中社長はNEW電王の桜田通。あと、『仮面ライダー電王』の秋山莉奈さんも出てます。

 極道とヒーローの華麗なミックス。東映でなければできない映画だ。最後のカチコミシーンでは人見早苗(元ジャパンアクションエンタープライズ)さんがスタントに入ってるぞ。

 岩城滉一組長が真面目な顔して作詞したアイドルソング『恋のサカズキ』の切って切って切って指切って~にはもう爆笑。大杉漣さんも居酒屋の大将役で友情出演だ!ひょっとしたらこれが遺作!?

 シリーズ最終作から45年。女番長の系譜は生きていた!






同じカテゴリー(映画)の記事画像
期待しかない浅川梨奈
エロの匂いがしない長澤まさみは最高だ!『コンフィデンスマンJP-ロマンス編-』
ピカチュウと思ったら・・・ラ・ヨローナ
妥協するな!オリジナルを貫け!『名探偵ピカチュウ』
映画館の料金細分化を考える
同性愛者であることを「消された」少年の実話『ある少年の告白』
同じカテゴリー(映画)の記事
 期待しかない浅川梨奈 (2019-05-22 07:44)
 エロの匂いがしない長澤まさみは最高だ!『コンフィデンスマンJP-ロマンス編-』 (2019-05-19 08:13)
 ピカチュウと思ったら・・・ラ・ヨローナ (2019-05-12 14:29)
 妥協するな!オリジナルを貫け!『名探偵ピカチュウ』 (2019-05-10 23:36)
 映画館の料金細分化を考える (2019-05-08 23:23)
 同性愛者であることを「消された」少年の実話『ある少年の告白』 (2019-05-06 00:06)

Posted by 縛りやトーマス at 01:13│Comments(3)映画アイドル映画
この記事へのコメント
東映のアイドル映画といえばモーニング娘。の「ピンチランナー」がありましたよ!

原作もアニメも知らないのですがはまって3回観ました。
関西圏の上映は21日でほぼ終わっちゃうみたいです。
なんばパークスシネマのみ23日まで。
ドラマ版も始まりましたがもう少し映画館でやっててほしいです。
Posted by win88 at 2019年02月20日 01:24
なんばパークスシネマ、OSシネマズ神戸ハーバーランド、アースシネマズ姫路は2/28まで上映があるようです。
せめてもう一週間…(´・ω・`)
Posted by win88 at 2019年02月25日 22:45
ドラマ版は新人アイドルで小宮有紗が出ているので、なぜ劇場版に出さなかったのか疑問!
『ピンチランナー』は軽く失敗したので次回作『セーラームーン』がナシになって本当によかった。
DVDは現在矢口真里のせいで廃盤とのこと。押尾学が出てるからだと思ってた。
Posted by 縛りやトーマス縛りやトーマス at 2019年02月27日 21:41
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。