2019年03月23日

NGT48第三者委員会報告書とリアルタイムで反撃する山口真帆の激闘

 一月に発覚し、いまだ何の解決にも至っていないNGT48メンバー山口真帆の暴行事件。2月に第三者委員会による事件の検証が行われることになり、その調査書の発表が3月21日に公式サイトにアップされ、22日にNGT48運営による記者会見がありました。

NGT48第三者委員会調査報告書
https://ngt48.jp/news/detail/100003226

 この報告書を受けたうえでNGT48運営側の意見から引用します。

>また、第三者委員会の報告書において、今回の事件とは直接関係はありませんが、メンバーが私的領域におけるファンとのつながりがあったことが挙げられており、当社としても、私的領域におけるファンとのつながりは、特定のファンを優遇する行為として、不適切だと考えております。

>しかしながら、責任を問われるべきなのは、組織運営に問題があり、スタッフ及びメンバーに対して、事前に明確な基準を示して適切な指導ができていなかった当社であることから、今までのNGT48内での私的領域におけるファンとのつながりを含め、風紀の乱れ全般は、今回は不問に致します。



事件発生時から発覚後、NGT48運営側の事件に対する対応はお粗末というほかなく、この報告書に対しての意見もいよいよ末期といったところ。事件の背景にはメンバーが特定のファンとつながりをもったことがきっかけとしか思えないのに、つながり自体を「今回の事件とは直接関係はありません」といっていること。
 あとで説明しますが、報告書にはメンバーへの聴取によって12名のメンバーがファンとつながりを持っているとのこと。41人中の12人って、これは…多すぎるのではないですか?グループのイメージを下落させ、崩壊するかもしれないきっかけをつくっている原因の12名に対し、運営側の措置は「責任を問われるべきなのはAKSなので、つながりを含めた風紀の乱れ全般は今回は不問にする」という不可解極まりないもの。ファンとつながりのある人間が3割もいるグループで、特に罰も与えませんが、これからも応援してください、ってどういう神経しているんだ。



 さて、記者会見にはAKSの運営責任者兼取締役・松村匠氏、NGT48の劇場支配人・早川麻依子氏、同副支配人の岡田剛氏が出席。会見の様子はAbemaTVで28日金曜日まで見られます。

http://urx.red/vJPx

 記者会見では冒頭部分に「私的領域におけるつながり」について松村氏が発言していますが、
「第三者委員会の報告によりますと、私的なファンとのつながりということは、道端であいさつを交わすということもその範疇に含まれている」
 などといっていました。道端でのあいさつが「私的なファンとのつながり」?つながりっていうのは個別に会ったり、交際したり、男女の関係になることでしょうが…運営責任者兼取締役の「つながり」に関する認識が間違ってるのも驚くが、「報告書に載ってる」って報告書のどこにも書いてないのですが(会見中に「認識の誤り」だと訂正した)。



 33ページにわたる調査報告書はメンバー38人に聞き取りを行ったもの。大きく分けて・事件について・事件の背景事情・発生原因と対処について書かれている。事件当時の状況などが詳しく書かれていて衝撃的ですが、報告書にはNGTメンバーとファンの「つながり」について調査した内容も含まれている。それによると36名のメンバーの聞き取りによって「つながっている」とされるメンバーの名前12名が挙がったという。


イ つながり(及びそれを疑わせる事情)

 上記の通り私的領域でのファンとの接触は禁止されていたものの、ごく一部のファンによる働きかけに対して、一部のメンバーは、私的領域における接触(いわゆる「つながり」)を持っていたことが、本件調査の中で、「噂」レベルではなく、具体的な事実として、垣間見ることができた。
 例えば、

①丙と思われる男性(筆者注:山口真帆が劇場からの搬送バスに乗っていたことを別のメンバーから聞いて、山口に暴行した被疑者二名[乙、甲]にそれを伝えた男性)に話しかけられて、何の抵抗もなく会話をしているメンバーがいること、しかも、その内容が他の複数のメンバーの現時点での行動に関するものであること
②丙と複数回個別に会っていたメンバーがいたこと
③甲が、山口氏の部屋の番号を知った経緯について、相当前に何人かのメンバーに聞いたと述べていること(本件録音データ。④ないし⑥についても同様)
④甲が、本件事件が発生することを知っていたかもしれないとして、特定のメンバーの名前をあげていること
⑤甲が、以前より、当該マンション内で、他のメンバーと会うなどしていたことから、その延長線上で、山口氏が公演終了後に帰ってきた際に、外で話すより当該マンション内で声をかけたほうがいいと考えて当該マンション内で山口氏に声をかけたと述べていること
⑥甲が山口氏と話すために山口氏の家に行くことについて相談していたメンバーがいるような発言をしていたこと
⑦本件事件後に数名のメンバーがファンとの「つながり」があったとして自ら申告していること

 というものである。ただし、③ないし⑥については、甲の発言があったことは真実であるが、甲が本委員会の事情聴取に応じてないので、その真意、信用性について確認が取れているわけではない。
 この他、メンバーからの事情聴取の結果、確たる証拠はないものの、ファンから聞いた、あるいは、メンバー内のう噂として聞いたとして、36名のメンバーから、他のメンバーとファンとの「つながり」に関する供述があった。その際、12名のメンバーの名前が具体的にあがった。

(報告書21-22ページ)


 この上で松村氏は「メンバーが事件に関与したという確たる証拠がなかった」として、つながりがあったとされるメンバーを不問にするというのはおかしくないでしょうか。
 ③~⑥は甲の推測に過ぎない発言ですが、①②、そして⑦はメンバーへの聞き取りによって確認された事実ではないのですか?

①丙と思われる男性に話しかけられて、何の抵抗もなく会話をしているメンバーがいること、しかも、その内容が他の複数のメンバーの現時点での行動に関するものであること
②丙と複数回個別に会っていたメンバーがいたこと
⑦本件事件後に数名のメンバーがファンとの「つながり」があったとして自ら申告していること


 だったら「確たる証拠」はあるとしか思えないのに!(記者会見の後半でこの事について厳しく指摘された松村氏は①から⑦までについては「疑わせる事情」であると認識していると発言していた)

 松村氏は再発防止案として「いま一度、組織運営体制の整備したい。メンバーとコミュニケーションを取り、セキュリティー向上にも全力で取り組む」などと言ってましたが、運営の対応に不信感でいっぱいの山口真帆の告発によって事件が発覚したのに、今さらコミュニケーションって…とモヤモヤ感が充満する記者会見場に緊張が走ったのは会見から40分ほどが経った頃。テレビ新潟の本宮ディレクターが事件の当事者である山口真帆がこの記者会見中継を見ていて、Twitterに投稿している、ということをぶつけたのだ。



山口真帆
‏@maho_yamaguchi

只今、記者会見を行っている松村匠取締役は第三者委員会が行われる前に「繋がっているメンバーを全員解雇する」と私に約束しました。
その為の第三者委員会だと、
私も今までずっと耐えてきました。コミュニケーションも何も、このことに関して聞くと連絡が返ってきません。
14:05 - 2019年3月22日

https://twitter.com/maho_yamaguchi/status/1108957934006857728


私は松村匠取締役に1月10日の謝罪を要求されました。
私が謝罪を拒んだら、
「山口が謝らないのであれば、同じチームのメンバーに生誕祭の手紙のように代読という形で山口の謝罪のコメントを読ませて謝らせる」と言われました。
他のメンバーにそんなことさせられないから、私は謝りました。
14:06 - 2019年3月22日

https://twitter.com/maho_yamaguchi/status/1108958036800864256


記者会見に出席している3人は、
事件が起きてから、保護者説明会、スポンサー、メディア、県と市に、
私や警察に事実関係を確認もせずに、
私の思い込みのように虚偽の説明をしていました。
なんで事件が起きてからも会社の方に傷つけられないといけないんでしょうか。
14:13 - 2019年3月22日

https://twitter.com/maho_yamaguchi/status/1108959898233004032

 この会見をリアルタイムで見ているであろう山口真帆のことを「どう思われますか?」と聞かれた松村氏は

「え、ああ・・・見ているんだな、という風に感じました、はい」

 なんだそれはw 3つ目のツイートについては

「私どもとしては精いっぱいコミュニケーションを続けてきたつもりですが、やはりそういう指摘を受けるということは、不足しているんだな、という風に思います」

 山口真帆のリアルタイムでの「反撃」を予想していなかったのか、なんとも歯切れの悪いコメント。さらに山口真帆が追撃のツイートを投稿する。
 

報告書に記載もないのに繋がりには挨拶も含まれるというのは勝手な解釈です。
他のファンには公表できないような、特定のファンとの私的交流を繋がりと言うのはメンバーのみならずファンの皆さんも認識していると思います。
証拠がないと仰っていますが、犯人グループとの交際を認めたメンバーもいます
15:43 - 2019年3月22日

https://twitter.com/maho_yamaguchi/status/1108982412334137344

 さらに記者から山口のツイートをスマホで見せられ、「謝罪を強要された」ことについての意見を求められると

「メンバーなので、こういう事実は、謝罪を強要する、というようなことは一切ありません。これも、今後も山口とNGTを元の形に戻るべくしたいので、お気持ちは大変わかるんですけれども、それはちょっと差し控えさせていただきたいかなと」

 会見での松村氏は報告書に沿った発言をするだけでしたが、山口のツイートを受けて以降は「話し合いを」「コミュニケーションを」と強調されるのですが、これらリアルタイムの反撃が行われている理由は記者会見の内容に山口が不満を持っているからだろうと思われますが、この時点で山口と適切なコミュニケーションが取れていないことは明白で、それで再発防止がコミュニケーションって、コントじゃないんだから。それで再発が防止できるとは、俄かには信じがたい。
 この後の質問にでてきたのだけど、報告書にはメンバーが関与している、という山口と関与していない、と主張するメンバー、二つの意見が出てくるのになぜ「関与はなかった」という結論になるのか。「わからなかった」という見解になるならわかるけど。


 この会見を通じてもっとも理解できないのは
「暴行事件にメンバーが関与したと山口は主張するが、運営とのコミュニケーション不足によるもので、事件にメンバーが関与した確たる証拠はない。確たる証拠はないが、つながりを申告したメンバーは12名おり、このような事態になったのは運営の不徳のなすところであり、よってメンバーは不問とする。今後とも話し合いをすることで事件の再発防止としたい。NGT48はこれからも皆様に応援していただけるよう、健全な運営に取り組んでいく」
 という頭がおかしいとしか思えない主張をNGT48が平気でしているところだね。これにどこの誰が納得するんだろう?
 NGT48第三者委員会報告書とリアルタイムで反撃する山口真帆の激闘



同じカテゴリー(AKB48)の記事画像
今時キス写真ぐらいで
山口真帆、無事大手事務所に移籍
二股の歴史を修正したい廣瀬智紀
なぜアイドルに熱を上げるオジサン、オバサンは醜いのか、という三枝成彰は醜いのか
生田絵梨花の血管が浮き出るおっぱい
NGT48騒動、いまだに収まらず
同じカテゴリー(AKB48)の記事
 今時キス写真ぐらいで (2019-09-08 08:50)
 山口真帆、無事大手事務所に移籍 (2019-05-27 13:29)
 二股の歴史を修正したい廣瀬智紀 (2019-05-24 13:14)
 AKBを覆う病理 NGTと須藤凜々花問題 (2019-02-05 00:53)
 なぜアイドルに熱を上げるオジサン、オバサンは醜いのか、という三枝成彰は醜いのか (2019-01-27 18:44)
 生田絵梨花の血管が浮き出るおっぱい (2019-01-22 14:49)

Posted by 縛りやトーマス at 15:25│Comments(1)AKB48ネットNGT48
この記事へのコメント
 身内に不利益が及んで無いから
他人事でいられる。

いじめの遠隔殺人と一緒なのね。
Posted by KAITO1412KAITO1412 at 2019年03月25日 01:18
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。