2019年04月30日

わたしが始末してやるよ!『ハロウィン』(2018)

わたしが始末してやるよ!『ハロウィン』(2018)

 記念日に人が死ぬ、いわゆる記念日スラッシャー映画は『ハロウィン』(78)からはじまった。厳密にいうなら『暗闇にベルが鳴る』(74)が最初だ。クリスマス・パーティーを迎えた学生寮で人が次々殺されていく、というカナダ映画はムーブメントを生み出すようなヒットにならなかった。カナダでは有名な都市伝説をモチーフにするという、『ハロウィン』と似ていた上に、主役どころに布施明の元嫁、オリビア・ハッセ―、『スーパーマン』のロイス・レインでおなじみマーゴット・キッダーというキャスティングだったものの、記念日スラッシャーのパイオニアの地位を得ることはできなかった。
 初代『ハロウィン』はなにしろヒットした。32万ドルで制作されたものが国内だけで4200万ドルという数字だ。このヒットの後、類似作品が次々登場した。プロムパーティーに人が死ぬ『プロム・ナイト』(80)、『ハロウィン』以上の有名シリーズとなった『13日の金曜日』(80)、誕生日に人が死に、超トンデモなオチが噴飯ものの『誕生日はもう来ない』(81)、サンタがやっちゃう『サンタが殺しにやってくる』(80)、母の日に(以下略)『マザーズデー』(80)、『血のバレンタイン』(81)、『エイプリル・フール』(86)・・・
 もう、記念日に人が死ぬならなんでもいい!とばかりに雨後の竹の子がニョキニョキ生えていき、残すところなく刈り取られた。『13金』が笑うしかないコメディ映画に成り下がるまで10年もかからなかった。本家『ハロウィン』もリメイクを含め、10本がつくられ、今回の11本目は初代の続編(!)として制作。これまでのシリーズを全部なかったことにしてしまう、大胆な改変が行われた。
 初代『ハロウィン』で6歳のマイケルが17才の姉を殺害。精神病院に入れられたマイケルだが、担当医のルーミス医師は「彼は生まれついての邪悪だ」とマイケルに対して厳重な警戒をするよう要請するが、一笑に付される。15年後、脱走したマイケルはゴム製マスクをかぶり、生まれ故郷のハドンフィールドに戻り、ハロウィンの夜に殺害を繰り返す。女子高生ローリー・ストロードも命を狙われるがかけつけてきたルーミス医師によって銃弾を撃ち込まれたマイケルは二階のバルコニーから転落。下を覗くと血だまりだけが残され、マイケルの姿はどこにもなかった・・・

 というのが一作目のラストだが、今回の続編ではその後、マイケルは警察に捕まり40年もの間精神病院に収容されることに。
 亡くなったルーミス医師のあとを引き継ぐ医者たちによって厳重な管理がなされていたマイケルに40年前の事件を追うジャーナリストら二名が接触。40年間静かな生活を送っているマイケルだが、二人はよせばいいのにマイケルのマスクを投げつけ、
「本当は治っていないんだろう?ホレホレまたハロウィンに人殺しをしてみろよ!」
 とけしかけてくる。なんで煽るんだよ!これが引き金になったのかマイケルは脱走、「スイッチ入れてくれてありがとよ!復帰祝いにまずはお前らを始末してやるぜぇ!」とジャーナリストらをガソリンスタンドのトイレで片付ける。マイケルが帰還したのだからこの二人も大喜びでしょう。
 マイケルの脱走を受けて警察が今も健在なローリー・ストロード(シリーズ4作品でローリーを演じたジェイミー・リー・カーティスが再び熱演)の元に報告が。ローリーはおびえるどころか「あいつは必ず戻ってくると思っていたわ」とマイケルの復帰を待ち望んでいた。「マイケルを殺るのはわたしだよ!」と自宅を要塞化し、銃器で武装していた。ローリーは40年もの間トレーニング(何の?)を欠かさず、自分の娘カレンにも小さいころから「マイケルが必ず戻ってくるからね!」と銃の扱いをさせていた。母ちゃんなにしてんの!
 ハロウィンが近づくごとに「もうすぐマイケルが帰ってくるからね!やってきたら鉛玉をぶち込むんだよ!」とイカれた教育を押し付けるママに反抗した娘とは長年疎遠になるのだった(そりゃそうだよ)。
 しかしマイケルは帰還を果たす。40年ぶりにハドンフィールドに悪夢が訪れた。カレンも警察もおびえまくる中、長年の悲願であったマイケルにトドメを刺す夜がやってきた!とローリーは復讐の炎をたぎらせる。しかしマイケルが最初に狙ったのは孫娘のアリソンだった・・・!

 記念日スラッシャー映画のパイオニアがまさかのリベンジホラーになって生まれ変わったのは、スタッフの慧眼だと思う。ジェイミー・リー・カーティスは60過ぎとは思えない引き締まった肉体で要塞警察ならぬ要塞自宅でマイケルを迎え撃つ。娘カレンに孫アリソンも加わって親子三代の復讐大戦の幕が切って落とされる。これが2010年代のハロウィンだ!
 何もかもが最高なんだけど、日本ではなぜかハロウィンとは離れすぎた4月に公開されてるの。GWにハロウィンかよ!イカレてるな!





同じカテゴリー(映画)の記事画像
期待しかない浅川梨奈
エロの匂いがしない長澤まさみは最高だ!『コンフィデンスマンJP-ロマンス編-』
ピカチュウと思ったら・・・ラ・ヨローナ
妥協するな!オリジナルを貫け!『名探偵ピカチュウ』
映画館の料金細分化を考える
同性愛者であることを「消された」少年の実話『ある少年の告白』
同じカテゴリー(映画)の記事
 期待しかない浅川梨奈 (2019-05-22 07:44)
 エロの匂いがしない長澤まさみは最高だ!『コンフィデンスマンJP-ロマンス編-』 (2019-05-19 08:13)
 ピカチュウと思ったら・・・ラ・ヨローナ (2019-05-12 14:29)
 妥協するな!オリジナルを貫け!『名探偵ピカチュウ』 (2019-05-10 23:36)
 映画館の料金細分化を考える (2019-05-08 23:23)
 同性愛者であることを「消された」少年の実話『ある少年の告白』 (2019-05-06 00:06)

Posted by 縛りやトーマス at 13:16│Comments(0)映画
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。