2019年05月27日

山口真帆、無事大手事務所に移籍

 元NGT48山口真帆のいろんな問題はほとんど何も解決しないまま、収束を迎えようとしていて、まるで納得いかない・・・のですが、彼女は新しいスタートを切るべく新事務所に移籍したのです。

「令和のシンデレラストーリー」 元NGT山口真帆の「研音」移籍に驚きの声
https://www.j-cast.com/2019/05/25358346.html?p=all

 芸能史上かつてない騒動に巻き込まれた彼女を受け入れる事務所もすぐには見つからないのでは?と思われたものの、割とあっさり決まりました。移籍先は業界大手の研音。
 研音は反町隆史、竹野内豊のビーチボーイズコンビを筆頭に、唐沢寿明、沢村一樹といったドラマの常連男優陣に、女優では天海祐希、山口智子、財前直見から菅野美穂、成海璃子、榮倉奈々、川口春奈、志田未来、福原遥・・・とベテラン、中堅、若手まで手広く抑えたスターぞろい。どちらかというと役者事務所のイメージが強く、今回アイドルの山口真帆を引き受けるのは異例中の異例ともいえる。

 各マスメディアでは大手事務所への移籍を異例の大抜擢、シンデレラストーリーと言われていますが・・・ちょっと持ち上げすぎというか、褒めすぎじゃない?という気がしなくもない。

 まず移籍があまりにもスムーズにいきすぎてる。大手の事務所がそんなにスンナリともめごとに巻き込まれたタレント(本人に咎がないとはいえ)を短期間で受け入れる決定に至ってるのも珍しい。その辺をちょっと探ってみると色々なことがわかったりするのです。

 移籍先の研音には女優の伊東美咲が所属してます。伊東美咲は現在女優活動をほとんどしておらず、2009年に結婚した男性との間に3人の子供がおり、芸能活動についてはCM出演ぐらいしかない。
 この結婚相手が榎本善紀というパチンコメーカー京楽産業.の社長で、京楽といえばAKBの運営会社AKSの大株主。現在のAKS代表取締役吉成夏子は京楽の榎本宏会長の秘書だった人物。
 吉成社長といえば事件報道の際、山口真帆を「会社を攻撃する加害者」呼ばわりしていたような人でネットでは批判されてました。


 ここまでくると山口真帆が研音にスムーズに移籍できたのは大人の話し合いが為された結果、最良の落としどころがコレなんだろうなあ・・・と勘繰ったりしてしまうわけです。
 移籍が発表されると山口真帆はツイッター、インスタの過去投稿をすべて削除。これも移籍の条件なんでしょう。これを大手に移籍させてやったんだからあとは黙ってろ、と強制されたわけではないんでしょうが、マスコミが何もかも美談として持ち上げようとするのもどうかと思うんですけど!

 邪推するとこの移籍には京楽社長の榎本善紀が絡んでいた、と思われます。加害者のくせに被害者ぶって騒動を収めることもできなかった吉成夏子の無能ぶりを見るにつけ、榎本善紀が騒動の後始末をつけるべく乗り込んできたってことでしょう。
 彼はこの騒動で表にでず、まるで遠隔操作のごとく、後ろからの指示でAKS、山口真帆、そのどちらも最低限納得できる落としどころを用意したのはさすが、パチンコ業界でのし上がってAKSの大株主として君臨した人物のことだけはありますね!パチンコだけにチューリップが開いたということで。

 山口真帆も色々あったけれども移籍先で頑張って大当たり連チャンを目指してください。

山口真帆、無事大手事務所に移籍




同じカテゴリー(AKB48)の記事画像
二股の歴史を修正したい廣瀬智紀
NGT48第三者委員会報告書とリアルタイムで反撃する山口真帆の激闘
なぜアイドルに熱を上げるオジサン、オバサンは醜いのか、という三枝成彰は醜いのか
生田絵梨花の血管が浮き出るおっぱい
NGT48騒動、いまだに収まらず
山口真帆を守ろうぜ
同じカテゴリー(AKB48)の記事
 二股の歴史を修正したい廣瀬智紀 (2019-05-24 13:14)
 NGT48第三者委員会報告書とリアルタイムで反撃する山口真帆の激闘 (2019-03-23 15:25)
 AKBを覆う病理 NGTと須藤凜々花問題 (2019-02-05 00:53)
 なぜアイドルに熱を上げるオジサン、オバサンは醜いのか、という三枝成彰は醜いのか (2019-01-27 18:44)
 生田絵梨花の血管が浮き出るおっぱい (2019-01-22 14:49)
 NGT48騒動、いまだに収まらず (2019-01-20 22:12)

Posted by 縛りやトーマス at 13:29│Comments(0)AKB48NGT48
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。