2019年08月07日

狂った男が世界を救う!『地球の危機』

狂った男が世界を救う!『地球の危機』

 ついこの間まで涼しかったのに、今や本格的な夏が到来。暑くて暑くてくたばりそうですよ。あまりの暑さに焼け死にそうとか言ってますが、本当に焼け死ぬほど地球の温度が上昇したらどうする?

 60年代に『原子力潜水艦シービュー号』『宇宙家族ロビンソン』などのTV番組をヒットさせ、『ポセイドンアドベンチャー』『タワーリング・インフェルノ』といったパニック映画で一時代を築いたアーウィン・アレンが制作・原案・脚本・監督を手掛けた潜水艦映画が『地球の危機』(61)だ。

 地球を取り巻くヴァン・アレン帯の異常で、地球の温度は急上昇。南極の氷山も解け始めてしまう。この地球の危機に挑むのは南極で進水式をおこなったばかりの原子力潜水艦シービュー号を発明したおさわがせ男・ハリマン・ネルソン提督だけだ!ネルソン提督を演じるのは58年にSF映画の金字塔、『禁断の惑星』に主演したウォルター・ピジョン。世界に名の知れた天才科学者だが、「お騒がせ男」などと言われる通り、独断的で頑固な男である。シービュー号の若き艦長、リー・クレイン(ロバート・スターリング)は生真面目な常識人であるが故に独断的なネルソンとは意見があわなくなり、対立する。

 南極で燃える空を見たネルソン提督らはこのままでは地球が燃え尽きてしまうと知り、対策を練る。さすがは天才だけあってただちに対策を立て、ニューヨークの国連本部に殴りこむ。
 世界中の科学者を前にネルソンはただちに行動を起こし、ヴァン・アレン帯にポラリスミサイル(潜水艦発射弾道ミサイル)を撃ち込めばヴァン・アレン帯は限度以上の温度に達して砕け散る。ただし、熱量を越えすぎると地球ごと爆発する恐れがあるため、完全に計算した角度でミサイルを打ち上げる必要がある。そのためには16日以内に目標のマリアナ諸島にたどり着かねばならない。
 下手すれば地球ごと心中することになる作戦に、自然に火が消えるのを待つという消極論を唱える物理学の権威、ズッコ博士は猛反対。他人の意見になど惑わされないネルソンは「時間の無駄だ!」とさっさと国会を後にし、港まで追いすがってきた国連の人間を放り出して潜航する。シービュー号の乗組員たちも何がなにやらわからぬまま提督の命令どおり出港。この時点でネルソンの行動は大統領の承認を得ていないので、完全な独断なのだ。「そんなの、あとで取ればいい!」と即断即決の男ネルソンは大統領の意見すら必要としていない!一応は許可を取ろうとするのだが、結局連絡は取れず、「やるしかない」とシービュー号は突き進む。

 この強引すぎるネルソンのやり口に、艦内では次第に賛同派、反発派と割れていく。賛同するのはサメに人間のいうことを聞かせようとしている科学者のエメリー准将(ピーター・ローレ)、艦長の婚約者でネルソンの秘書キャシー(バーバラ・イーデン)、小型潜水艇の搭乗員ジミー(マーク・スレイド)、彼は提督に反発する同僚と喧嘩を始めるぐらい心酔しているのだが・・・その3人ぐらいで、他は次第にネルソンへの不満を募らせてゆく。
 特に艦長のクレインは南極で氷山を観測していたアルヴァレス(マイケル・アンサラ)を救出したあと、彼がうわごとで仲間のことを口にしたのに、「間に合わなくなる」という理由で仲間を救出しようとしなかったり、潜水艦の外の世界がどうなっているのか、状況を知りたがっている乗員のためにラジオの音声をつないだら、あまりに絶望的な話ばかり聞かされるので「士気が落ちる」と音声を切ってしまったりするネルソンに詰め寄ろうとする。それを婚約者のキャシーがなだめようとするものだから、ますます意固地になるのだった。

 さらに助けてやったアルヴァレスが「人類滅亡は神の思し召しだから、余計なことはせずに死を受け入れよう」などと乗組員相手にお諭しはじめたり、スーザン医師(ジョーン・フォンティン)がネルソンを「被害妄想の気がある」と言い出すわ、さらに機雷源を取り除こうと小型潜水艇に乗り込んだジミーがあっさり爆死、おまけに艦内では絶望して自殺する者やテロを起こしてネルソンに逆らうやつまで出てくる。
 ここに至ってもネルソンは自身の計画を微塵も疑わず、断固ミサイル発射を曲げない。提督に反発して艦を下りたがる人間が出てくると「下手に残ってテロを起こされたらたまらん」と半数以上の人間を下ろしてしまう。

 自分に絶対の自信を持つ男、ネルソンは最終的に自分が残っていれば計画は実行できると思っているのだろう。不動の決意を固め、追手の潜水艦との死闘も乗り越えたネルソンのシービュー号は目的地にたどり着く。しかしテロを実行した裏切り者たちによって寸前でミサイル発射を邪魔される。残り時間はあとわずか。このまま地球は滅亡してしまうのか!?

 もちろん滅亡は阻止されるのですが、ネルソンを助けるのがあんなに反発していたクレイン艦長だというのが男泣きのポイントですね。

 アーウィン・アレンとその後『宇宙家族ロビンソン』などで組むことになるSFXマン、L・B・アボットによる潜水艦、海中の特撮は素晴らしく、巨大イカ、巨大タコとの死闘を見るだけでも一件の価値アリ。追手の潜水艦との手に汗握るバトルも「ただ逃げるだけ」のシーンの前にクレインがネルソンを拘束しようとする展開を挟んでいるため危機また危機と、別種の緊張感が持続するよう仕掛けてあり、アレンの巧みな演出が伺い知れる。

 僕はこのネルソンという登場人物が結構好きで、本作のポイントはピジョン演じるネルソンが世界を救う英雄といった位置づけではなく、独断的な男が好き勝手にやっちゃったら、たまたま良い結果になっただけという感じが良い。
 最後には生真面目な常識人に過ぎないクレインが正反対の狂人一歩手前のネルソンに魅入られてしまったようにも見えるわけです。これが誰にも好かれる、感情移入できるいかにもな英雄が世界を救った、という話じゃないところが、本作のたまらない魅力なわけです。

 この後アレンは個人の献身的な犠牲とご都合主義だけが滅亡から世界を救うという『ポセイドン・アドベンチャー』『タワーリングインフェルノ』とか撮るようになって、伝説の大失敗映画『世界崩壊の序曲』で本当に崩壊したのだった・・・




同じカテゴリー(映画)の記事画像
まったく笑えないコメディ映画『ジョーカー』
ツカマルシアター
スミーニャ軍曹の鬼解説T-34
犬が修斗する映画『ジョン・ウィック:パラベラム』
一行さんにツンツンされたい未来『HELLO WORLD』
秋だ一番!ジェイソン・ステイサム祭り!
同じカテゴリー(映画)の記事
 まったく笑えないコメディ映画『ジョーカー』 (2019-10-21 10:18)
 ツカマルシアター (2019-10-17 21:15)
 スミーニャ軍曹の鬼解説T-34 (2019-10-12 05:23)
 犬が修斗する映画『ジョン・ウィック:パラベラム』 (2019-10-10 13:56)
 一行さんにツンツンされたい未来『HELLO WORLD』 (2019-10-06 03:31)
 秋だ一番!ジェイソン・ステイサム祭り! (2019-10-03 10:50)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。