2019年09月08日

映画の中の夢こそ現実『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』


映画の中の夢こそ現実『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・・・といえば4時間近くあって途中で休憩時間のあるレオーネの遺作か、リー・リンチェイが実在の格闘家を演じたシリーズが思い出されるところだが、これはタランティーノ監督の9作目で、1969年のハリウッドを描いた作品だ。過去にタランティーノ映画で主演を務めたレオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが初の競演を果たしている。

 ディカプリオ演じるリック・ダルトンは西部劇TVドラマのスターだったが、映画への進出に失敗し今は若手スターを輝かせる悪役ゲストで食いつないでいる落ち目の俳優。プロデューサー(アル・パチーノ)からは「イタリアの西部劇にでも出たら?仕事はいっぱいあるよ」と言われてしまう。クリント・イーストウッドなどはTVの西部劇からイタリアのマカロニ・ウェスタン(当時はスパゲッティ・ウェスタンと言われてた)に出て活躍し、ハリウッドに復帰して大スターになった稀有なケースだが、イタリアで仕事をすることは「落ち目」以外の何物でもなかった。

「俺、イタリアで仕事しろって言われたよ~もう落ち目だよぉ~」

 とディカプリオは運転手として雇っているスタントマンのクリフ・ブース(ブラッド・ピット)にめそめそ泣きつく。ブラピはディカプリオ専属のスタントマンで長年の相棒だ。今は彼も仕事がなく、普段はトレーラーハウスに住んでいるほぼ無職だが、ボスであるディカプリオとは友情で結ばれ彼のためならなんでもする男だ。風で倒れたアンテナの修理だってやっちゃうぞ!意味もなくシャツを脱いでムッキムキの肉体(50代とは思えない)を晒すブラピ(観客サービス)。

 男らしいブラピに比べてめそめそして情けないのがディカプリオ。必死に取ってきたコロンビア版スパイダーマンのピーター役、ニコラス・ハモンドが監督の西部劇の悪役仕事も、前日に酒を飲み過ぎてセリフが入っていないまま二日酔いで現場入り。

「なんで俺、飲んじまったんだ!あれほど控えろっていったのに!どうして8杯も飲んだ!そこは4杯にしておけよ!」(いや4杯もダメだよ!)

 休憩中に子役の女の子に説教されたり、暇つぶしに読んだ本の主人公が怪我のせいでまともに動けなくなって、みじめな人生を送っているという内容に「まるで今の俺みたいだぁ~俺はダメだよぉ~」とズルズル鼻を啜って泣いちゃう。情緒不安定にもほどがあるよディカプリオ・・・

 そんな男は不安定なディカプリオの隣の家に引っ越してきた人がいた。若手映画女優のシャロン・テートと若手映画監督のロマン・ポランスキーだ。『スーサイド・スクワッド』のハーレイ・クインでおなじみのマーゴット・ロビーが演じるテートは『哀愁の花びら』(のちにカルト的人気を誇ることになる『ワイルド・パーティ』の前作、だったが『哀愁~』の原作者に拒否されてパロディ化することになった)『サイレンサー第4弾/破壊部隊』で人気上昇した若手女優。それまでは陰キャの女王みたいな役や、トーニャ・ハーディングとか、どぎつい役ばかりしていたロビーも、本作はキラキラ笑顔が眩しい天使のようなテート役を好演。
 しかしテートの人生の顛末を知っている人にはわかる。ハリウッドを震撼させたシャロン・テート殺害事件まであと2日ということを。

 ブラピはテート殺害事件の実行犯グループであるチャールズ・マンソンファミリーのアジトにそうと知らず入り込む。それまではロサンゼルスの陽光が眩しいラブ&ピースな画面が突如『悪魔のいけにえ』みたいなタッチになるのでびっくりだ。その後の惨劇を予兆させておいて、映画は衝撃のクライマックスに突き進む。

 最近のタランティーノは本当の歴史とは違う顛末を用意する歴史修正映画とでも呼べばいいのか・・・にハマっていて、ユダヤ人がヒットラー他ナチスの人間を火炎放射器で焼き尽くす『イングロリアス・バスターズ』や。黒人奴隷が白人の奴隷商人らに復讐する『ジャンゴ 繋がれざる者』などを作ってきた。
 それは映画に取りつかれた人生で、実際の歴史とは違う、「俺にとっては映画の中の夢こそが現実なんだ!」という映画の現実を愛したタランティーノのメッセージ、愛なのだ。





同じカテゴリー(映画)の記事画像
2世タレントサメ映画『海底47m 古代マヤの死の迷宮』
一緒や!なんぼやっても!『ランボー ラスト・ブラッド』
俺がドン・キホーテだ!『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』
ランボー新作吹き替えに花澤香菜!戦争は終わってなかった!
他人の揉め事は外から眺めるに尽きるね
となりの白骨化
同じカテゴリー(映画)の記事
 2世タレントサメ映画『海底47m 古代マヤの死の迷宮』 (2020-07-27 14:41)
 8月なんばパークスシネマ爆音映画祭 (2020-07-03 18:32)
 一緒や!なんぼやっても!『ランボー ラスト・ブラッド』 (2020-06-29 12:46)
 俺がドン・キホーテだ!『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』 (2020-06-23 02:21)
 ランボー新作吹き替えに花澤香菜!戦争は終わってなかった! (2020-06-19 08:51)
 他人の揉め事は外から眺めるに尽きるね (2020-06-16 21:32)

Posted by 縛りやトーマス at 21:38│Comments(0)映画
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。