2019年11月24日

宮内洋のスカしっぷりが決まってるぜ!『現代ポルノ伝 先天性淫婦』

宮内洋のスカしっぷりが決まってるぜ!『現代ポルノ伝 先天性淫婦』


 70年代に東映がポルノ路線に突入した際、石井輝男監督とともに多くの作品を手掛けた鈴木則文監督。石井輝男が新東宝の流れを汲んだ「異常性愛路線」のエロ・グロであるなら、鈴木則文作品はエロ・ナンセンスであった。そのエロ・ナンセンスが炸裂したのが『現代ポルノ伝 先天性淫婦』である。

 主演は同年の則文作品『温泉みみず芸者』にてなんと16歳でオールヌードデビューした池玲子(あまりにグラマーだったのでプロデューサーや鈴木監督は年をごまかしてデビューさせた)。共演はこれと『徳川セッ クス禁止令 色情大名』の二本で大人気となり、レコードデビューまで果たしたフランス女優サンドラ・ジュリアン!日仏裸体合戦!女人渦巻島!(渦巻島ってなんだ?)


 ミッション系の学校できびしく育てられている尾野崎由紀(池玲子)だが、京都の場末のバーでママをやっている母親の絹江(三原葉子)がおり、夫に死なれてからは若い男と関係をもっている。その母親の淫蕩の血が流れていることを恐れていた。それを証明するように学校では先輩から迫られ、夜ごと身もだえている有様であった。

 冬休みに帰宅した由紀は母の情夫安川(藤木孝)が由紀がいるのにベッドでくんずほぐれつの様子を見てしまい、自らを慰めてしまう。ちなみにこの安川という男、「僕はボウリングにはまってるんだ」と無職のヒモのくせにしょうもないことを自慢するのだが、画面にはボウリングのピンがドーン!と大写しになるナンセンスな則文演出に頭がクラクラする。
 翌朝、シャワーを浴びているところを安川に襲われ処女を失う由紀。

「やっぱり私にはお母さんのいやらしい血が流れているのよ!」

 由紀は実家を飛び出し、夜な夜なゴーゴークラブで憂さを晴らしては男に抱かれるやさぐれ生活を送るようになる。元ヤクザの用心棒大場(小池朝雄)に抱かれ、彼が不能であったことからポイ捨てし、次は会社社長の梶村(松竹新喜劇の小島慶四郎)をパトロンにしたりと順調に堕ちていく由紀。大場が由紀を追って梶村のところまで乗り込んでくると梶村に雇われたヤクザの川谷拓三が大場を「もうてめぇなんか兄貴分でもなんでもねぇんだ!」とボコボコにし、逃げ出した由紀は鍵のかかっていない車に隠れる。それは若き建築家・松村洋一郎のものであった。洋一郎を演じるのは『仮面ライダーV3』でおなじみの宮内洋!車の中で酔って眠り込んでしまった由紀を「しょうがねえな~」と家に連れ帰る洋一郎。
 洋一郎の色男っぷりに由紀は「わたし、酔うとどうにかなっちゃうの~抱いてぇ~」としなだれかかる。すると洋一郎は強かにビンタをくらわし、「新手のコールガールか?あいにく俺は安物は買わねえんだ」とスカした男っぷりを見せるのであった。

 由紀は別の町で働き始めた絹江を再開し新しい生活をはじめる。絹江は会社社長の戸間口(北村栄三)をパトロンにしており、羽振りもよさそう(なにしろお手伝いさんが『ハレンチ学園』の渡辺やよいだし)。が、その実、戸間口は金融屋のボス松村権一郎(遠藤辰雄)に借金でがんじがらめにされており、権一郎は密かに絹江に目をつけているのだった。
偶然にカフェで洋一郎と再会、洋一郎は「ああ、あの時の酔いどれ天使か?」と宮内洋でもなければ絶対似合わないようなセリフを吐く。さすが宮内洋、最高だぜ!!

「旦那は家庭の諸悪」などという洋一郎を初めて男として愛する由紀だが、洋一郎にはフランス時代の女、サンドラ(仏女優サンドラ・ジュリアン)がいた。
 由紀が一旦絹江の元に帰ったあとでサンドラと仲睦まじく京都旅行などする洋一郎。サンドラとフランス時代の思い出に浸っていると、洋一郎への想いで悶々としていた由紀が耐え切れず京都まで戻ってきて、二人とばったり!三人で夕食の席を囲むも「私のことをどう思っているの」とサンドラに問い詰められ修羅場発生!が、そこはあくまでクールな宮内洋。由紀を愛していないとはいえない、サンドラとはいい友人でいたいんだとその場をしのごうとする。二人の間に並々ならぬ空気を感じ取った由紀は「今すぐここでキスして!」と椎名林檎のようなことを言って迫る由紀!やっぱり淫蕩の血は隠せないんやな・・・翌日大学の恩師の手伝いをするため京都を離れないといけない、というもっともらしい理由で危機を脱する洋一郎。旅館に取り残された由紀とサンドラの女体決戦が開幕するのか?

 夜、サンドラはモンモンを背負った三人の男に襲われる夢を見る。フランス女にも淫蕩の血が流れていた!(失礼)由紀はサンドラに手招きされ、洋一郎を賭けた肉弾戦がスタート。戦い済んで日が暮れて、敗北を悟ったサンドラは洋一郎への想いをしたためた手紙を残し去っていく。

「さよなら、私の京都。さよなら私の青春・・・」

 さあて、ややこしいのが去ったとなればあとは結ばれるだけ、ということで洋一郎は由紀へプロポーズ。しかし洋一郎の父には「銀座のバーの女などと!」と反対されてしまう。このおやじがなんと、金融屋の権一郎なのであった。絹江のみならず、娘の由紀も狙っている権一郎は二人の仲を引き裂くべく、娘婿の明人(渡辺文雄)に依頼。明人と戸間口は結託し、由紀に眠り薬入りの酒を飲ませて権一郎に強姦させる。
 洋一郎はバーの女などに興味はないと言ってたぞ、と言い捨て、ヤケになって飲んだくれるようになった由紀は洋一郎と別れることに。権一郎はさらに由紀の母親に自分の子供を孕ませているにも拘らず乱暴に扱い、子供を流産させる。絹江も傷つけられた挙句死んでしまうのだった。母の復讐を誓った由紀は権一郎の家に秘書兼妾として潜り込み、一家を破滅させようとする・・・って、序盤、中盤、後半で話のトーン変わりすぎだよ!

 まんまと松村の家に潜り込んだ由紀は松村の家を破滅させるべく、スパイのように暗躍する。権一郎の娘綾乃(女屋実和子)が夫の明人とは完全に関係が冷え切っており、おまけに不感症なので戸間口にいたぶられることで憂さを晴らしていることをあっという間に掴み(探偵かよあんたは)、明人を「あんたの方がいいのぉ~」と誑し込み、奥さんは戸間口に好きものにされてるわよと告げ口。怒り狂った明人は情事の最中に殴り込み、かつて由紀に眠り薬を飲ませたように酒に毒を混ぜて二人を心中に仕立て上げる。その間に権一郎のもとで抱かれる由紀。娘婿の明人が内心で権一郎をバカにしていて、松村の家を乗っ取ろうとしていることを知った由紀の陰謀なのだった!彼女の計画通りに明人は権一郎を始末する。しかしその場に突然洋一郎が現れた!帰郷しようとする前に「すべてをお話しします・・・」とやってきた松村の家のお手伝いさんから権一郎が由紀を手籠めにした真相を聞かされて、居ても立っても居られずにやってきたのだ。

「てめえら許さねえ!」
「俺を撃つ気か?やれるもんならやってみろ!お前に人が殺せるのか?」

 あっさり撃ち殺される明人(そりゃそうだよ)。あんただけは救いたかったのに、という由紀に「俺は死刑になるだろう。君が手を汚すことはない」と宮内洋、最後までイカした男だったよあんた・・・!

 周りの人間すべてを失った由紀は、母親のようにバーのママに収まり、酔客を相手につつましやかな生活を送っているのだった。ハッピーエンド・・・ってオイ!


 わずか90分の間にエロ、ナンセンス、トンデモの3大要素が全編にわたって繰り広げられている、ジェットコースターな則文演出が冴えわたる、はっきりいって傑作です。




同じカテゴリー(レンタル映画館)の記事画像
ここは世界一優しいただいまが待ってる場所『劇場版のんのんびより ばけーしょん』
ゾンビファンの脳みそを破壊する『トウキョウ・リビング・デッド・アイドル』
理想の漫画実写映画第二弾『咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A』
リアル大人の鬼ごっこ『TAG タグ』
全編PCの画面で展開する、追っかけが女優を救う…のか?『ブラック・ハッカー』
倒錯趣味があってもいいじゃないか『ワンダー・ウーマンとマーストン教授の秘密』
同じカテゴリー(レンタル映画館)の記事
 ここは世界一優しいただいまが待ってる場所『劇場版のんのんびより ばけーしょん』 (2019-03-14 00:06)
 ゾンビファンの脳みそを破壊する『トウキョウ・リビング・デッド・アイドル』 (2019-02-27 23:59)
 理想の漫画実写映画第二弾『咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A』 (2018-12-31 17:29)
 リアル大人の鬼ごっこ『TAG タグ』 (2018-12-11 23:55)
 全編PCの画面で展開する、追っかけが女優を救う…のか?『ブラック・ハッカー』 (2018-10-28 03:04)
 最後のビデオ店 (2018-07-18 17:29)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。