2020年02月03日

本名言うんじゃねー!!『血まみれスケバンチェーンソーRED』

本名言うんじゃねー!!『血まみれスケバンチェーンソーRED』

 タイトルのインパクトだけで誰にも負けない漫画『血まみれスケバンチェーンソー』の2016年版に続き二度目の実写化。コレ、観に行きたかったんだけど、上映劇場がユナイテッド・シネマアクアシティお台場とヒューマントラストシネマ渋谷の2館でしかやってなかったので、ようやくDVDレンタルで観賞。

 今度の鋸村ギーコ役は浅川梨奈。前作主役の内田理央はナレーションに回ったが、浅川梨奈も内田理央に負けず劣らずの短いスカートからふんどしを必要以上に見せまくる大熱演です。ギーコが闘う敵、碧井ネロも前作の山地まりからゆるめるモ!(当時)のあのちゃんにバトンタッチ。山地まりとはまた違った狂気の演技で観客をハラハラさせてくれる。

 今回は前後編の2部制で、前編はギーコとネロの対決、後編ではネロ亡きあと学園を支配する生徒会のボス、ネメシスとの対決を描いている。
 パート2なんでストーリーの説明はいらねえや、とばかりネロに改造された生徒たち(今回はゾンビという設定がない。ゾンビだとなにか問題あるの?)が通学バスの中で突然ギーコに襲い掛かる(ホンマに突然に)。チェーンソー(通学するときに持ち歩くなよ!)であっさり返り討ちにするとバスの運転手から「お前は昨日もバスで暴れてたじゃないか!学校に報告するからな!」その前にいうことあるだろ!どういう学校だよ!

 浅川梨奈は普段は異常なハイテンショントークなキャラなのに、ドラマ映画になると寡黙な美少女やらを演じさせられており、本来はギーコのようなオラオラキャラがハマっている。

 血まみれじゃあ学校にいけねえや、とギーコは銭湯に寄っていく(どう見ても銭湯には見えないビルだけど、気にしてはいけない)ギーコの脱衣シーンは画面がピンクになって、いかにもなBGMが流れる、カトチャンの「ちょっとだけよ」風の、昭和に絶滅したような演出。銭湯でもスク水スタイルの改造生徒に襲われ、湯船にチェーンソーを落としてしまい大苦戦。なぜネロに襲われるのかわからないギーコは改造生徒をシバキ上げて秘密を聞き出そうとする。改造生徒らは「内緒だが、教えてやるぜ!」を連発して色々と教えてくれる(親切だな!)が、冷酷なネロによって裏切者は処刑!チェーンソーの修理と改造を頼んだ機械工作部の仙崎(日高七海)、ネロの命令で殺しに来た、両手をドリルに改造されたドリエ(替地桃子)を仲間に加え、ネロと対決。

 前作と違ってネロがギーコを憎む理由はTシャツだった。教師からいつも校則違反を咎められているギーコのある日の朝、セーラー服の下に来ていたマキシマム ザ ホルモンのシャツを着替えろと言われ、全部脱いでやるよ!とシャツを放り出してサラシまで取ろうとし、同じくホルモンの熱狂的なファンだったネロから「シャツを雑に扱った」と切れられたのだった。ギーコはファンでもなんでもなく、人にもらったから着ていただけで、かつてメンバーがギーコの実家の解体屋にバイトに来ていたがまるで使えなかったと愚痴る。

「あいつ・・・名前が確か川北くんって・・・」
「本名をいうんじゃねー!!!!」


 あのちゃんブチ切れ。ちなみにこの映画の楽曲提供はホルモンです。ホルモンのシャツ一枚で起きる争い・・・オタクを舐めてはいけない。

 つらぬきチェーンソーでネロを始末したギーコらの前に西洋風の鎧を着こんだ生徒会のボス、ネメシス(護あさな)が現れる。ネロ亡きあとのうぐいす学園は生徒会が支配しており、ギーコたちは学校裏手の山にある監獄に収容される(ここからが後編)。

 後編は人気キャラのステゴロ不良娘、ナグルシファー(佐野いずみ。異常にカッコいいぞ!)やネットでよく画像が貼られてネタにされるアイドルのメロン(また演じたのがサブカル映画によく出てくる蒼波純で・・・もう・・・最高です・・・)などが出てきて、前編以上のハードコアに。

本名言うんじゃねー!!『血まみれスケバンチェーンソーRED』
みんな大好きメロンちゃん

 ネメシスの以外な正体に戸惑いつつも、クライマックスは生きていた”ぶっ生き返す”ネロとの最終決戦。延々と続く二人の因縁バトルにはふんどし目当てで見てるドスケベな観客(僕のことです)を覚醒させます。ブラッド(血)、ビースト(化け物)、バイオレンス(暴力)の3B判定は圧倒的な☆5つ!そういう映画が大好きな人は見るしかない!
 前後編通してギーコとネロの血沸き肉躍る青春物語(?)になっているのがわかるラストには号泣必死ですよ。

前作の感想
http://sthomas.otaden.jp/e433436.html




同じカテゴリー(レンタル映画館)の記事画像
宮内洋のスカしっぷりが決まってるぜ!『現代ポルノ伝 先天性淫婦』
ここは世界一優しいただいまが待ってる場所『劇場版のんのんびより ばけーしょん』
ゾンビファンの脳みそを破壊する『トウキョウ・リビング・デッド・アイドル』
理想の漫画実写映画第二弾『咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A』
リアル大人の鬼ごっこ『TAG タグ』
全編PCの画面で展開する、追っかけが女優を救う…のか?『ブラック・ハッカー』
同じカテゴリー(レンタル映画館)の記事
 宮内洋のスカしっぷりが決まってるぜ!『現代ポルノ伝 先天性淫婦』 (2019-11-24 15:05)
 ここは世界一優しいただいまが待ってる場所『劇場版のんのんびより ばけーしょん』 (2019-03-14 00:06)
 ゾンビファンの脳みそを破壊する『トウキョウ・リビング・デッド・アイドル』 (2019-02-27 23:59)
 理想の漫画実写映画第二弾『咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A』 (2018-12-31 17:29)
 リアル大人の鬼ごっこ『TAG タグ』 (2018-12-11 23:55)
 全編PCの画面で展開する、追っかけが女優を救う…のか?『ブラック・ハッカー』 (2018-10-28 03:04)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。