2019年03月10日

観客を見事に欺く展開が秀逸『THE GUILTY/ギルティ』



 緊急通報指令室の隊員、アスガー・ホルム(ヤコブ・セーダーグレン)は一本の通報を受け取る。
「誘拐されたの…お願い助けて!」
 イーベン(イェシカ・ディナウエ)と名乗るその女性は誘拐犯の目を盗んで連絡してきたのだ。犯人が運転する車の中から電話している彼女の通話は途中で切れてしまう。誘拐犯の名前も居所もわからない。電話から聞こえる声と音だけを頼りにアスガーはイーベンを救い、犯人を捕らえようとする。


 これが長編映画一本目だというデンマークの新鋭、グスタフ・モーラーの『THE GUILTY/ギルティ』は緊急通報指令室の中からまったく出ずに、電話を受けているアスガー以外の人間は指令室にいる同僚、上司ぐらいしか映らない。事件に関与する人間は電話からの声しか聞こえない、状況を察するのは電話からかすかに聞こえる音だけだ。

 なかなか斬新な設定のように思えるが、実は似たアイデアを使った映画は他にもある。2013年のアメリカ映画『ザ・コール 緊急通報指令室』だ。911(緊急通報指令室)の隊員、ジョーダンは見知らぬ男に誘拐されて車のトランクに放り込まれた少女ケイシーからの通報を受け取る。ジョーダンは姿も名前もわからない誘拐犯をケイシーからの通報だけで救おうとする。ほぼ同じ設定なのだが、『ザ・コール』は愚かにも映画の序盤で誘拐犯の正体や姿を明かし、カーチェイスまでおっぱじめ、クライマックスでジョーダンは指令室の外に出て犯人と直接戦うのだ。肝心な設定をすべてダメにして終了する。アカデミー主演女優賞のハル・ベリー、助演女優賞ノミネートのアビゲイル・プレスリンまで使ったのにこの体たらく。

 そこへいくと『THE GUILTY/ギルティ』はこの設定を最後まで生かす。攫われたイーベンも、誘拐犯も、最後まで姿を見せない。視覚からの情報がなく、聴覚からの情報が頼りになるため観客は耳を澄ます。映画の中ではBGMもない。そんな観客をうまく欺く脚本が素晴らしく、意図的にミスリードさせてくれるので本当に気持ちよく騙される。タイトルの意味が判明するオチも秀逸。ハリウッドリメイクが予定されているらしいが、 『ザ・コール』の二の舞だからやめて。そんなスタッフはギルティ(有罪)だ!

  


Posted by 縛りやトーマス at 22:55Comments(0)映画

2019年03月07日

カンパニー松尾×森咲智美!?

 今、最もセクシーで色気のあるグラドル、森咲智美さんのTwitterは僕もくまなくチェックしているのですが、その彼女が衝撃の発表をつぶやいてました。


森咲智美
‏@p_tomo0812

なんと!松尾カンパニー監督とお仕事しちゃいました森咲智美、初めての挑戦でした。今でもドキドキしています。。喜んでもらえるといいな…
#カンパニー松尾
#森咲智美

https://twitter.com/p_tomo0812/status/1102571742394953729


 ハメ撮りの達人、カンパニー松尾と仕事をした、とは…!この発言に先走り汁、じゃなかった先走った東スポが飛ばし記事を勢いよく飛ばした。

グラドル女王・森咲智美「アダルト作品デビュー」浮上
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1301206/

 カン松と仕事をした、というだけでハマジムでリリースするとか一言もいっていないのに…当然のごとくインタビューを受けたカン松も嬉しそうにリップサービスを展開。

>「春だからすごいことをやろうと企画が立ち上がって、僕から森咲ちゃんにオファーをかけた。僕のスタイルは知ってるでしょ? そのままの手法で今月頭に森咲ちゃんを撮影した」

>「詳しいことは言えませんが、いつもの自分の撮影手法を駆使したことは認めます。彼女は想像を超えてました。間違いなく“実用性”に堪えうる映像になってます」


 如何にもそういう撮影をしたといわんばかり!でもAVを撮影したとか一言もいってない!カン松は以前月刊シリーズでグラドルを撮影したことあるので、今回もその手法を駆使したイメージ映像だと思われますが、宣伝効果は抜群!各エロ系まとめサイトでは森咲智美の名が上位にランクインしています。
 もちろん本当にやってはいないでしょうが、本当にやっているかのような極エロの作品が出来上がるに違いないので股間を大きくして待ってます!!


週刊SPA!に掲載されたグラビア。SPA!でこのレベル!

  


Posted by 縛りやトーマス at 20:11Comments(0)アイドル

2019年03月06日

ふざけたものほど大真面目にやらなきゃ!『翔んで埼玉』



 伝説の漫画の実写化――とはよく言われるが、『翔んで埼玉』は本当の伝説だろう。100巻越えを達成した『パタリロ!』の魔夜峰央が1982~83年に発表、86年の短編集で発売されたっきり、よっぽどのファンでもなけりゃ覚えてないようなタイトルだったが、2015年に突然、単独の単行本として発売され、テレビの深夜番組などで取り上げられた結果、今回の実写映画化に!


 架空の日本、東京では出身地によって激しい差別が行われ、特に埼玉県民は通行手形がなければ外出することすら許されない!通行手形なき者は強制送還。そんな東京のエリート校にやってきたアメリカ帰りの転入生、麻実麗は実は埼玉県出身で都知事となって通行手形の撤廃を目論む。都知事の息子、壇ノ浦百美はそんな麗に恋心を抱き、エリート都民のステータスを捨てて麗とともに埼玉解放戦線に加わる。都知事の執事、阿久津翔は千葉解放戦線のリーダーで、麗とは違い、都知事に媚びることで千葉出身者の通行手形を撤廃してもらおうとしていた。翔が率いる千葉解放戦線と埼玉解放戦線は決戦の時を迎える。


…というあまりにバカバカしい話なので、どう実写化しても浮いてしまうような気がするのだが、実写版では原作漫画の部分を過去の都市伝説として、それを現代の埼玉人が「昔はこんなひどい差別があったんだ」と振り返るという構成にした。これは上手い。どんなに漫画チックな描写であっても現代人が「そんなバカな!」と突っ込みを入れれることで漫画チックな話が無理なく成立するわけだ。


 現代の埼玉。熊谷に住む菅原愛美(島崎遥香)は結納のため両親(ブラザートム、麻生久美子)とともに東京へ向かっていた。カーラジオからはさいたまんぞうの『なぜか埼玉』が流れていた。延々と続くあぜ道の中でようやく田舎を脱出して東京に住める、という愛美に父の好海は「埼玉だっていいとこだぞ」というが聞く耳もたない。地元ラジオ局のNACK5からはかつてひどい差別を受けていた埼玉を開放した伝説の人物、麻実麗の物語が紹介されていた。

 東京では出身地によってひどい差別が行われ、埼玉県人は通行手形がなければ通ることも許されなかった。通行手形無き者は強制送還。差別に耐える埼玉人たちは救世主の出現を待ち望んでいた。
 上流階級の生徒が通うエリート養成校の白鵬堂学院では都知事の息子にして生徒会長の壇ノ浦百美(二階堂ふみ)によるヒエラルキーが築かれていた。東京都出身の生徒たちは宝塚のような生活を送っていたが、ピラミッドの最下層に存在する埼玉出身の者たちは木と泥でできた小屋で勉強させられていた。

「あいつらはいまでも通行手形がなければ外を歩けないのよ。生まれも育ちも埼玉なんて。おぞましい。ああいやだ!埼玉なんて言ってるだけで口が埼玉になるわ!」

 ひどい言われようだな!体調が悪くなっても埼玉県人は医務室すら使えない。
「医務室は都民専用だ!埼玉県人はそこらへんの草でも食わせておけ!そうすれば治る!」

 そんな学院に港区出身でアメリカ帰りの転入生、麻実麗(Gackt)がやってくる。アメリカ流の洗練された物腰の美青年で、8か国語に精通する麗に学院の生徒たちはうっとりするのだった。

 高校生の役を二階堂ふみにGacktが演じるのがすさまじいギャグなんだが、二人とも現実感のない異次元のような役者なので過剰にデフォルメされた役がハマっている。ただのコスプレを超えた存在感で漫画の実写化を演じる役者として適任だ。

 なぜか麗は差別されている埼玉県人の生徒に優しく手を差し伸べるのであった。そんな麗を嫌う百美は東京23区の空気をつめたグラスで「東京のどの地区かを判別する東京テイスティングで麗に勝負を挑む。最短記録を持つ百美は自信満々であったが芸能人格付けチェックの王者、Gacktにそんな勝負を挑むとは命知らずだぞ!
「かすかに漂うインドカレーの香り…これは西葛西だっ!」
 と全問的中で最速記録を達成するのであった。くやしさのあまり気を失う百美をお嬢様抱っこで連れ去る麗。麗に仄かな恋心を抱いた百美は生まれてはじめてのデートに麗を誘う。遊園地で二人は隠れ埼玉人を逮捕するSAT(埼玉アタックチーム)による埼玉県人狩りを目撃する。麗の屋敷の家政婦・おかよ(益若つばさ)と子供が捕まりそうになっているのを見て助けに入ったことで出身地を疑われた麗はSATによる踏み絵を強制される。それは埼玉県の県鳥、シラコバトが描かれた埼玉県草加市の名産品、草加せんべいであった。

「貴様が都民ならばこれが踏めるはずだ!」

 ちなみに原作では都知事の踏み絵だったが、実写化ではよりデフォルメされた!麗はそれを拒否してSATの手からおかよたちを救う。実は麗は埼玉の大地主、西園寺家の子息で通行手形の撤廃を目論む埼玉解放戦線のリーダーだった。
 正体がバレた以上、ここにはいられないと逃亡する麗に百美はついていこうとするが、所沢へ行こうといわれると「あの所沢!?」と恐れおののくのだった。所沢はメットライフドームもあるのに、ひどい扱われ方w

 そんな話がNACK5で流れている現代パートでは事件が起きる。運転マナーの悪い車のナンバーが千葉ナンバーだったことにブラザートム(マウイ島出身、埼玉熊谷育ち)が「このチバラギがぁ!」とキレたことで助手席の奥さん役、麻生久美子(千葉県出身)が「ハァ?今なんつった?チバラギって、千葉バカにしてんのか?このダサイタマが!!」と突然のブチギレ。それまでは親子のもめ事をまあまあと諫めてたのに。

「海もねえ埼玉がいばってんじゃねえ!千葉にはディズニーランド、船橋ららぽーと、商業施設がいっぱいある!成田国際空港もあるんだよ!」

 という久美子の千葉自慢に対してブラザートムの

「埼玉にはなあ、東京航空交通管制部があるんだよ!飛行機が問題なく飛べてるのは全部埼玉県のおかげなんだよ!」

 といくらなんでも無理がある埼玉自慢。「どうでもいいから早く東京へいってよ!」と島崎遥香の一言に心の底から同意する。本当に、どうでもいい千葉と埼玉の維持の張り合い。

 そのころ都知事(中尾彬)の元では壇ノ浦家の執事、阿久津翔(伊勢谷友介)が百美の連れ戻しを画策する。翔は千葉解放戦線のリーダーで、埼玉県人の誇りを取り戻すべく戦おうとする麗とは違い、都知事にすり寄ることで通行手形の撤廃を企んでいた。翔によって麗と百美は捉えられ、麗は体中の穴という穴にピーナッツ(千葉名産)を入れられる拷問を受けそうになったところを、謎の一団に助けられる。それは埼玉県人でありながら上流階級の都会人のオーラを持った伝説の埼玉県人、埼玉デューク(京本政樹)であった。

 京本政樹もまたGacktに負けず劣らずの異次元オーラを漂わせる役者なので、伝説の人間にピッタリ。この映画、あと及川光博さえ出ていれば完璧だった。

 麗の本当の父親は埼玉デュークであることが判明する。長年の負け犬根性が染みついた埼玉県人たちは「所詮俺たちは田舎者だから」と卑下する彼らにかつての埼玉人は海がないことを羨んで、穴を掘って水を引こうとしたこともある気概があった。埼玉県人の誇りを取り戻そうと彼らを鼓舞し、千葉解放戦線との決戦に挑む。
 人数では劣る千葉側は大漁旗に千葉県出身のミュージシャン、YOSHIKIの肖像が掲げて有名人対決を挑む。

「あ、あれは世界的ロックミュージシャン、XJAPANのYOSHIKI!」
「うろたえるな、埼玉にだってロックミュージシャンはいる!」

 とアルフィー高見沢俊彦の大漁旗を掲げる。

「あれは日本のライブ回数No.1を誇るアルフィー高見沢!」

 このギャグのポイントはアルフィーには秩父市出身の桜井賢もいるのにスルーしてるところだね!無視すんなよ!

 この後、桐谷美玲・真木よう子VS反町隆史・竹野内豊の俳優対決を経て追い詰められた千葉側は「小島よしお・小倉優子」を送り出してくるんだけど、「小物過ぎる!」と一喝されちゃうの、小島と小倉に失礼だろ!


 …とバカげた対決をしている頃、百美は都知事が不正で蓄えた金塊の隠し場所が群馬にあると知り、未開の土地と呼ばれている群馬に足を踏み入れていた。埼玉、千葉、茨城のディスりが激しい本作だが、もっともボロクソに扱われているのが群馬で、プテラノドンが飛び、ビッグフットの足跡がある人外秘境。群馬県をなんだと思ってるんだ!


 本当にバカバカしい物語は想像を絶するクライマックスに突入していくのだが、もう、どうしようもなくバカバカしいというしかない。こんなバカバカしい話を大真面目にやったスタッフ、役者陣は最高の仕事をしましたね。ふざけたことは真面目にやらなきゃ面白くないのだから。真面目でなけりゃGacktと伊勢谷友介の濃厚なキスシーンなんかできるわけないわな。多くの漫画実写映画が漫画ならではのふざけた部分を真面目に再現しようとせずに「漫画だから」と鼻で笑いながらやったがために大失敗していますが、今後すべての漫画実写映画は『翔んで埼玉』を基準に制作すべき。

 埼玉という絶妙な「弄っても笑いになる」立ち位置なのが『翔んで埼玉』の笑いのツボですね。これ、他の地方では絶対にない、埼玉でしか成立しない笑いで、他じゃあ本気の争いになってしまう。それを象徴するように埼玉では異例の大ヒットで、普通映画の興行収入で地方ごとのトップは大体東京都の映画館なのに、『翔んで埼玉』だけは地元MOVIXさいたまがトップを記録してるぐらいだから。さいたまは懐が深い。



  


Posted by 縛りやトーマス at 01:32Comments(2)映画漫画

2019年03月03日

女王は愛されたいの『女王陛下のお気に入り』



 18世紀末のスペイン継承戦争を描いた『女王陛下のお気に入り』でイギリスのアン女王を演じたオリヴィア・コールマンは第91回アカデミー賞にて主演女優賞を受賞。前評判では今回で7度目のノミネートとなるグレン・クローズの受賞が囁かれていたが、この結果は91回アカデミー賞中で一番の驚きだった。


 アン女王は継承権のトップであったので女王の位につくが、お嬢様育ちでブランデーを好んでケーキばかり食べていたので肥え太り、痛風を患って車いす生活を送っていた。政治にも疎かった女王は豪華な宮殿を建てようとして配下たちから「今、フランスと戦争中ですのでそのような予算は…」と言われて「え…戦争ってまだ終わってなかったの?」と言い出す始末であきれ返る。

 だから戦争や国政については側近である公爵夫人サラ(レイチェル・ワイズ)が取り仕切っていた。サラの夫マールバラ公爵は軍のトップであったから、サラはスペインを手に入れるためにアン女王に戦争をけしかける。トーリー党員のハーレー(ニコラス・ホルト)は長い戦争に国民は疲れ果てているからと和平を勧めるがサラを信頼する女王は受け入れない。

 城に没落した貴族の娘アビゲイル(エマ・ストーン)がやってくる。父親がギャンブルで破産したために生活のため縁故のサラを頼って女中になったのだが、女中仲間たちからは激しいイビリを受けてしまう。
 痛風に喘ぐ女王の足に薬草からつくった薬を塗ったところ、女王の気分は優れるようなったことで、サラは個室を与えられて女官へと格上げされる。
 ある夜のこと、女王の寝室で本を読んでいたアビゲイルは舞踏会から戻ってきた女王とサラがアビゲイルに気づかず寝所で同性愛行為に及ぶのを見てしまう。

 フランスを徹底的に叩き潰さんと戦争を継続させようとするサラの専横が目立ち始め、女王はサラを「国の仕事にかまけてばかりで私に冷たい」と愚痴を漏らす。仕事が忙しいサラは女王の世話をアビゲイルに任せるようになり、アビゲイルは女王が飼っている17匹のウサギを可愛がり、女王がウサギに亡くした子供の名前をつけているのを聞くと子供の死を悼み、女王の心を労わるように寄り添う。
 やがて女王の寵愛はアビゲイルの方に向けられ、サラがアビゲイルを追放しようとした時はすでに寝室付きの女官になっており、女王は「冷たいお前と違ってあの子は口でもしてくれる」サラの進言をはねつける。サラとアビゲイルは女王の寵愛をめぐって激しく争い、女王も二人を煽るような態度を取って楽しむのだった。

「二人がわたしを求めて争うなんて素敵。もっと愛されたいの!」


 世継ぎを産めという周囲のプレッシャーに苛まれ、17度も妊娠しながら流産、死産を繰り返し産まれた子供も若くして死んでしまったアン女王は次第に心を病み、癇癪持ちで酒と甘いものに溺れ王宮の兵士に「今わたしを見たわね!?こんな醜い私を笑っているんでしょう!?」と不安定な精神の女王はただ愛されたいがために側近による骨肉の争いを煽り続ける。
 そんなことをしている間に戦争で何千もの国民が犠牲になっていくのだが、女王や王宮の貴族たちは民衆の死に目もくれず毎夜パーティーと豪華な食事を楽しんでいる。「愛されたかった」がために政治に無頓着で、気に入った人間をそばに侍らせて側近に好き放題させていたアン女王の役をコールマンは「ドナルド・トランプのように」演じたという。好き嫌いで人事を決めて、対立を煽って好き放題させる。18世紀末のイギリス王室の話でありながら現代のアメリカ政権に通じる話なのだ。

 シリアスな話のようで女王の寵愛をめぐる争いはやりすぎて笑えるように描かれている。なにしろジャンルは「コメディ映画」だから!監督のヨルゴス・ランティモスはコールマン、ワイズも出演していた『ロブスター』で出産率が低下した世界で子供を産むことを推奨するため、おひとりさまの男女を無理やりくっつけて、期限までにカップルにならなければ動物にすると脅される恐怖政治を描いていた。恐ろしいのはこっそりオナニーしてたら手をつぶされるのだ!
 当人たちにとっては笑いごとじゃないんだろうけど、やっぱり笑っちゃうよな。そういう作風の監督なの。エマ・ストーンが野望のために結婚した相手との初夜を手コキだけで済ませようとするところとか、絶対笑うよな。


  


Posted by 縛りやトーマス at 15:10Comments(0)映画

2019年03月03日

2019年3月予定

3月予定

3/9(土)
『アイドル十戒 肥後橋死闘編 其の九』
場所:アワーズルーム
開場:18:30
開演:19:00
料金:1,500円(1drink別)
出演:竹内義和 縛りやトーマス

アイドルがいることで悩むことになった人たちの慟哭。スマホ購入とチケット代7300円を放り捨てた話


3/22(金)
『キネマサロン肥後橋』
場所:アワーズルーム
開場:19:00
開演:19:30
料金:500円(1drink別)
出演:縛りやトーマス

カルトを語る若人の会。


3/26(火)
『スーパーヒーロートーク@紅鶴 』
場所:なんば紅鶴
開場19:45
開演20:00
料金:1,000円(1drink別)
出演 :にしね・ザ・タイガー ソエジマ隊員 花鳥風月 緒形 縛りやトーマス


3/30(土)
『僕の宗教へようこそ一一五教義~土曜ロードショー第二十三幕』
場所:なんば白鯨
開場:18:30
開演:19:00
料金:1,000円(1drink別)
出演:縛りやトーマス アシスタント・トモ

史上最低の映画『魔の巣』研究と漫画原作映画の話

※旧シネマパラダイスは今月お休みです   


Posted by 縛りやトーマス at 13:07Comments(0)告知僕の宗教へようこそ