2017年06月14日

乗り越えるにはつらすぎる『マンチェスター・バイ・ザ・シー』



 第89回アカデミー賞の主演男優賞(ケイシー・アフレック)と脚本賞(ケネス・ロナーガン)を受賞した作品。『ラ・ラ・ランド』でも『ムーンライト』でもなく『マンチェスター・バイ・ザ・シー』が主演男優と脚本を受賞してるという辺りがこの映画の真価といえる。


 ボストンで便利屋を営むリー・チャンドラー(ケイシー・アフレック)は腕は確かだが、寡黙で喧嘩っ早く、バーでガンをつけたのどうだので暴れるような人間なので周囲に友人が一人もいない。ある日、リーの元に兄のジョー(カイル・チャンドラー)が発作で倒れたと連絡がくる。急いで故郷のマンチェスター・バイ・ザ・シー(マサチューセッツにある港町で、街の名前がタイトルになっている。撮影も実際のマンチェスター・バイ・ザ・シーで行われた)に戻ったリーだが、一足遅く兄は亡くなっていた。
 兄には16歳のパトリック(ルーカス・ヘッジス)という息子がおり、パトリックの将来をどうするか話し合いが行われる。兄の残した遺言にはリーを後見人にすると書かれていた。ジョーの弁護士は早速リーの引越手続きをしようとするが、リーは頑なにそれを拒む。リーには故郷の街にどうしても戻れない理由があった…

 この映画、ネタバレが恐ろしくこれ以上のことが何も話せない!紹介する人たちがものすごく苦労していたよ。「リーはなぜ故郷の街を離れたのか、なぜ帰ってくることが出来ないのか」がテーマなのだがそれが言えない。リーは過去にある事件を起こして、自ら命を絶とうとするほど悔やむものの、周囲の人間は彼を責めない。「君は悪くない」「あれは避けようのない事故だったんだ」と言われれば言われるほどリーは追い詰められて故郷には居られなくなってしまう。

 映画の中では過去に幸せな暮らしを送っているリーと、現代の過去を悔やみ続けているリーとが交互に映し出される。過去と現代のリーはほとんど別人のような顔をしていて、ケイシー・アフレックが主演男優賞を取るのも頷ける。今まで兄貴のベン・アフレックのおこぼれで仕事をしているぐらいしか記憶になく、「ベン・アフレックの弟」という仕事をしている人なんだと思ってたけど、こんな演技ができるんだなと呆気に取られた。
 一人の男がつらい過去を乗り越えることができるかという問にリーの「乗り越えるには、つらすぎる」という返答が見終わった後も引きずるように心の奥に残る。安易な癒やしを与えようとしなかったケネス・ロナーガンの英断よ!

  


Posted by 縛りやトーマス at 00:33Comments(0)映画

2017年06月12日

ひらパーヒーローショーにガチ勢も興奮



 6/11はひらパーで行われた宇宙戦隊キュウレンジャーショーを見てきました。今回のゲストは特捜戦隊デカレンジャーよりデカレッド、デカマスターは登場。そのせいか、会場には『特捜戦隊デカレンジャー 10 YEARS AFTER』のシャツを来たガチ勢が多数集結。ごく普通の家族連れのお父さんが今やってるキュウレンジャーは知ってるけどデカレンジャーは知らない人で、「このデカレンジャーっていうの、なんで出てるの?去年のやつ?」って言ってたけどお父さん、もう13年前のやつなんです…

 この日の朝に放送されたキュウレンジャー18話では、もうすぐ公開されるギャバンとデカレンジャーの共演映画『スペース・スクワッド』宣伝も兼ねてギャバンとデカレンジャーが出演していたのですが、その内容はマーダッコを追ってワームホールに飛び込んだラッキーたちが自分たちのいる宇宙とは違う別世界に到達。そこではギャバンやデカレンジャーたちがいて…という話。
 ひらパーのショーではなんとデカレッドとデカマスターが犯人を追ってワームホールに突入、そこはキュウレンジャーたちのいる地球だった…というTV本編とは逆の話に!(ヒーローショー関係の人たちはTV本編の数話先の内容を教えてもらえるということを聞いたことがあるので、今回もこの日放送の内容を聞いた上でこういう話にしたとしか思えません)
 しかもラッキーにはデカレッドと会った記憶が当然あるんだけど、デカレッドらの方は「2004年の世界から来た」という設定なのでキュウレンジャーのことを知らないという、凝った話。それを説明するためにデカレッドはファイヤースクワッドのコスチュームを着ておらず、それをラッキーから聞いたバンが「そうか、俺は吹っ切れたんだな」とTVシリーズ見てた人間はグッとくるセリフで相変わらずひらパーヒーローショーの脚本はどうかしてるよ!
 ひらパーのショーははいつもTV本編では消化しきれなかったエピソードや回収できなかった伏線をさらっと織り交ぜたり、キャラクターの背後関係をわずかなセリフだけで匂わせて補完したりとどう見てもオタクの仕事です。ガチ勢のみなさんはデカマスターが登場したり、TV本編の敵ボス、エージェント・アブレラが出て来るだけで大喜び。特にアブレラが出て来るだけで別に倒されたりするわけではないという展開もオタクの仕事ですね!

 と、完全にデカレン話になってた今回のショーですが、キュウレンジャー関連も凝っており、これまではラッキー、ガル、ハミィ、スパーダ、ナーガの5人だったのがナーガを外して、スティンガーとラプターちゃんが初登場。TV本編ではリベリオン本部に引きこもってるスティンガーが「セイザブラスターを取りに戻っただけ」(19話で本部にいるスティンガーがブラスターとジャケットを外してどこかに行く描写がある)とつぶやいてショー後にやる握手会でも完全に手持ち無沙汰、背景と化していた。握手会ですらキャラクターの特性を出しているひらパーショーの本気ぶりときたら。


めっちゃアピールしてるラプターやスパーダと比べてスティンガーの黄昏っぷり

 あとラプターが握手待ちの間、ずーっと観客アピールしていて、どう見ても本人。ハミィと並んでBGMのキュータマダンスに合わせて体揺らしたりしていて、何この可愛い生き物。


 下手すると本編の特別編やDVDシリーズより凝っているひらパーヒーローショー、注目。次回は18日のウルトラ父の日。


  


Posted by 縛りやトーマス at 22:27Comments(0)特撮・ヒーローひらパー

2017年06月11日

今が愚行

 未成年への淫行疑惑で無期限休養となった小出恵介。今までの爽やかなイメージも一瞬で吹っ飛び、「前からあんなやつだった」などという関係者(誰だよ)の意見も聞かれ、あっという間に手のひら返されちゃってまあ大変。放送予定のドラマも飛んでしまい、その影響で出演した映画も上映中止に、しかし…


小出恵介出演映画「愚行録」上映中止 代替上映作決まらず困惑の劇場も
https://news.goo.ne.jp/article/dailysports/entertainment/20170609077.html


 『愚行録』って2月に上映してた映画で、今は地方での上映が始まってるんだけど、そんなものまで上映中止扱いになるのか…相変わらずの過剰反応。
 この映画での小出恵介は出世のために他人を利用して、女もやり捨てしてなんとも思わないという最低の男を演じてましたが、やった女へのタクシー代をケチるというこすっからい本性が暴かれた今、色んな味わいがあって面白く見られる映画なんですけどねー。
 上映中止反対!被害者女性はこの映画を見ておくべきだった!

 あと小出恵介が出演して、橋本環奈ちゃんが主演した『ハルチカ』のソフトがもうすぐ出ますけど、延期だけはご勘弁。


  


Posted by 縛りやトーマス at 05:20Comments(0)映画

2017年06月10日

ピン立ち勝負

 元フィギュアスケーターの浅田舞さんが出演する舞台で、見事なコスプレ下乳を披露。どんな舞台か知らないし、彼女以外に興味ないけど(おい)エロいことはわかった。




浅田舞のバストちら見えカット公開で高まる“姉妹共艶”への期待!
http://www.asagei.com/excerpt/82311

 グラビアならズバリ 舞>>>真央 派の僕なので堂々エロボディをアピールしてくれる舞姉さんに拍手を贈りたい。アサ芸の下品な記事では姉妹共演が期待されているが、僕は舞姉さんのピンだけで十分ピン立ちできるのでピンで頑張って!


ピン立ちキャプ

  


Posted by 縛りやトーマス at 00:26Comments(0)アスリート系

2017年06月08日

豚の逃走

 数日前、JR六甲駅で爆破テロ予告が起きていて、タイガース連敗以外のテロは起きないと言われていた阪神界隈もテロの標的に?と思ってたら単なるいたずらだったみたい。今や首位を争っているタイガースの姿に絶望した(?)というところか。
 これもそんなつながりの事件かと一瞬錯覚しました。


ブタ19頭、トラック事故で逃げる 阪神高速が通行止め
http://www.asahi.com/articles/ASK683JLFK68PTIL005.html?ref=tw_asahi_tokyo

 ブタが逃走。食肉として処理されてしまうであろう動物たちの反乱か。思わず『あしたのジョー』の1シーンを思い出したことは言うまでもない。脱走はあきらめるんだな!




  


Posted by 縛りやトーマス at 12:04Comments(0)日記日本のとんでも事件