2019年11月04日

伝説の戦車映画再び『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』



 ロシアの伝説的戦車映画、『鬼戦車T-34』(1965)のリメイク作品。『鬼戦車T-34』は第二次世界大戦中にナチス・ドイツが戦車隊の練度を高めるために連合軍の捕虜を弾の入っていない戦車に乗せ砲撃の的にしていた、という設定の物語でソ連の捕虜3名+フランス兵を乗せたソ連戦車T-34が射撃訓練に駆り出される。だが車長のイワンは一瞬の隙を突いて包囲網を切り抜け、東へと逃亡する。4名の逃亡兵は途中で戦車を乗り捨て逃げ出すが、忘れがたい縁のようなものを感じて戦車に戻り、ドイツの町を進撃する。戦時中だけど平和な街中に突然戦車が現れるシーンが面白く、途中で呆気にとられた市民からビールをいただいてしまう、つかの間の自由を謳歌する場面が切ない。名画座なんかの「ソ連映画特集」などでいつもラインナップに入っていたので、シネフィルの人たちはよく見ていたかも。現在はDVDで安価に手に入れられるが、カルト映画として語られているその映画を最新のVFX技術にてアップデートしたのが『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』だ。


 舞台は同じく第二次大戦中の独ソ戦場。ネフェドヴォの雪原でナチス・ドイツの戦車隊に襲われる一両のフィールドキッチン(炊事自動車)。風前の灯となる車両だが、ドイツ戦車の砲撃の瞬間を突いて見事脱出に成功する。運転していたニコライ・イヴシュキン少尉(アレクサンドル・ペトロフ)は腕を買われて一両しかない戦車の指揮を任される。撤退する部隊を掩護しドイツ戦車中隊と戦う任務のためにだ。
「たった一両で?無茶だ」「銃をくれ。自殺する」
 という操縦手ヴァシリョノク(ヴィクトル・ドブロヌラボフ)ら兵士たちを一喝し、整備を整え戦場に立ったイヴシュキンは待ち伏せ、奇襲でドイツ戦車中隊を翻弄する。しかし中隊を指揮するイェーガー大佐(ヴィンツェンツ・キーファー)のⅢ号戦車の反撃を受け、乗員のコブザレンコ(アルトゥール・ソペルニク)らは死んでしまう。砲弾が直撃したわけではない。かすった際の衝撃とわずかな破片を食らってしまったのだ。衝撃の反響音だけで乗員が気絶する。恐るべきⅢ号戦車の砲弾!

 数年後、イェーガーはヒムラー長官からSS装甲師団ヒトラーユーゲントを任されるほど出世していた。最初の任務は師団の戦車隊育成。ソ連兵捕虜の中に傷を負いながらも生き延びたイヴシュキンの名を見つけたイェーガーは師団戦車隊の演習の的になるため戦車に乗れと命令する。砲弾を積むことすら許されず、ただ逃げることしかできない的だ。命令を拒もうとするイヴシュキンだが、従わないのなら通訳につけられた民間人の捕虜、アーニャ(イリーナ・ストラシェンバウム)を殺すと脅され命令を受け入れる。捕虜の中から使えそうなものを3人選ぶイヴシュキン。うち一人はかつてネフェドヴォの雪原で共に戦ったヴァシリョノクだ。
 ドイツ軍が鹵獲したソ連戦車T-34を渡されたイヴシュキンらは車内から同志の死体の下に隠された6発の砲弾をこっそりと回収する。反撃の手段を手に入れたイヴシュキンはただの的になるつもりはなかった。同志の死体を埋葬する際に演習場の光景を記憶し整備場にジオラマをつくると脱出の計画を練り上げる。

「無理だ。成功するわけない。俺たちはウサギ、やつらはオオカミだ」

 と弱気になるヴァシリョノクに

「外には自由がある。勝利がある。共に行こう」

 と男泣きの決め言葉で口説き落とすイヴシュキン。
 

 すっかりやる気になったヴァシリョノクはT-34の整備状態を見に来たイェーガーらの前で「華麗なダンスを見せてやるぜ!“白鳥の湖”だ!」と踊るように舞うように戦車を操って見せる。BGMは白鳥の湖だ(当然)!片輪走行、360℃ドリフト旋回という軽やかなライディングを見せつけられたイェーガーは警戒し、演習場の外に地雷を置くよう部下に命じる。それを小耳に挟んだアーニャはイヴシュキンに伝え、外の地図を手に入れるから自分も逃げるときに連れて行ってくれと頼む。

「それはできない」
「囚われの身はもうウンザリ。死んだ方がマシよ」

 アーニャとイヴシュキンの淡いラブロマンスがあるのが、リメイク版の特徴でもある。演習場を脱出後、バス停(!)で待つアーニャの元にT-34で駆けつけるイヴシュキン!このダイナミックな再会の場面、最高です。
 あっさり逃亡を許すわけないイェーガーはT-34の逃亡ルートを想定し、先回りで罠を張り待ち受ける。それを一手早く見抜いたイヴシュキンは市街戦でネフェドヴォの再戦を挑む。今度は我々が勝利するのだ。

 オリジナル版はサイレント映画化と思うぐらいセリフも少ない。その上ドイツ人のセリフには字幕ではなく、ドイツ語をしゃべった後にロシア語の「通訳」が入るのだ。逃亡するソ連兵らの物悲しい友情が情感をもって描かれたオリジナルとリメイク版が大きく違うところは最新のVFXによるド派手な戦車バトルだ。砲弾はスローモーションで交錯し、T-34がすんでのところでⅢ号戦車の砲撃を交わす!砲弾が命中した戦車が爆炎を上げて吹っ飛ぶ!クライマックスはイェーガーのⅢ号とイヴシュキンのT-34の一対一の勝負。戦車同士の一騎打ち!中々見られない光景だ。

 イヴシュキンとイェーガーは単なる敵ではない。二度の対決を超えたことで互いに認め合うライバルになったのだという激熱の解釈がリメイク版最大の魅力である。その魅力は瞬く間にロシア全土に広まり、興行収入40億円を超え、観客動員800万人を達成。ミュンヘンオリンピック男子バスケでアメリカの8連覇を阻んで優勝したソ連代表の活躍を映画化した作品が持っていた記録を抜き去ったという。
 これだけの記録となったのは、リメイク元の『鬼戦車T-34』自体が懐かし映画としてシニア世代がなじんでおり、懐かしさに惹かれて劇場に足を運び、最新VFXによるド迫力戦車バトル映画を若い世代が楽しみに行ったことによる相乗効果ではないだろうか。日本でいうところの『君の名は。』現象が起きたのだと。これは日本の『君の名は。』だ!

  


Posted by 縛りやトーマス at 22:06Comments(0)映画

2019年11月01日

ワケわからんが、スーパーワンな『ロボット2.0』



 チッティが帰ってきた!「ワケわからんが面白い」という身も蓋もないキャッチコピーと共にインドからやってきたSFロボット映画『ロボット』はインド映画破格の37億円を投じてつくられた。
 生みの親であるバシー博士の彼女に恋をしたロボット・チッティは博士の怒りをかって破壊されるが、彼と対立する悪の教授によって悪の回路を組み込まれ、自らレプリカを大量に生産し殺戮兵器となり人間の敵になる。博士はロボットから悪の回路を抜き取り、捕らえる。ロボットは自分自身を分解し、博士は罪を許されることに。
 大量に生み出されたロボット軍団が大暴れする場面はハリウッドも呆気にとられる破天荒さで、インド映画の自由な発想は素晴らしいぞう。その『ロボット』の続編がやってきたのだ。製作費はさらにアップして90億円!これは『バーフバリ』の製作費(2本で約70億円)を遥かに超える、インド映画史上最高額である。監督と主演は前作に引き続きシャンカール(『ジーンズ 世界は二人のために』)、インド映画界が世界に誇る“スーパースター”ラジニカーントだ。今回も、「ワケわからんが」もっと面白い!

 自らつくったロボット・チッティの暴走で大変な被害が起きたことを反省し、人間のためになる良いロボットをつくっているバシー博士(ラジニカーント)。現在の助手はスーパーモデルのごとき美貌の美人ロボット、ニラー(エイミー・ジャクソン。ほんまもんのモデル兼女優)。
 街では人々のスマホが持ち主の手を離れ、どこかで飛んで行ってしまうという怪事件が勃発。スマホたちは携帯業者や通信大臣らを抹殺するのだった。えっスマホでどうやって殺すのって?たとえばこんな感じ。

・大量のスマホに圧し掛かられて圧死
・喉にスマホが詰まって窒息死
・体に入って爆発


 恐ろしい・・・スマホは恐ろしい・・・

 バシー博士は美人ロボットのニラー(エイミー・ジャクソン)とともに事件の調査を開始。このニラーの特殊スーツが『僕の彼女はサイボーグ』の綾瀬はるかっぽいデザインで素敵。
 博士は事態の解決に改良したチッティを復活させようとする。かつて暴走したチッティに殺されたボラ教授の息子は「また暴走して人を殺すぞ」と博士の計画に反対。彼は父親の復讐の機会をうかがっていたのだ。軍隊による解決が選択されるが、大臣がスマホによって殺されてしまい、政府はチッティの復活を承認する。

 街では大量のスマホが空を埋め尽くし、鳥人になったり、怪鳥に変化して人を襲っていた。い、一体どういうことなのかよくわからないと思うけど、映画を見た僕もよくわかりません。ワケわからんが、それがイイ!

 博士らはこの怪事件を生み出したのは鳥類学者のパクシにあることを突き止める。パクシ役は『パッドマン』で一躍名を知られることになったアクシャイ・クマール。
 パクシは携帯、スマホ普及のために短期間で大量に建設された電波塔の影響で鳥が死んでしまうことを嘆き、携帯業者の規制と電波塔の建設反対、スマホの使用禁止を訴えるが、まるで相手にされず失意の果てに首を吊るのだった。
 巨大な怨念となったパクシは霊体となり、スマホを自由にあやつることで人間たちに復讐をはじめる。

「携帯を持つ者には今から閻魔の審判が下る!」

 その前にバシー博士によって正義の戦士となったロボット・チッティ(ラジニカーントの二役)があらわれる!はぁー、なんという『ターミネーター2』感!奇しくもジェームズ・キャメロンが久しぶりに制作することになった『ターミネーター・ニューフェイト』が公開される前に『ターミネーター2』のパロディをやってしまおうとは・・・

 復活したチッティ(ラジニカーントの二役)はパクシと戦い、死闘の果てに勝利する。だがチッティの活躍を良く思わないボラ博士の息子は封印されたパクシの怨念を再び開放。パクシはバシーの体を乗っ取り、博士に手を出せないチッティをも破壊してしまう。
 もはや誰も彼を止めることはできないのか?ただ一人、いや一体だけ残されたニラーはチッティの修理を始める。ニラーはこのままのチッティではパクシに勝てないことを悟りバシーが封印していたファームウェア2.0のチップをメインCPUにセット。バージョン2.0のチッティが誕生!(タイトル回収)
 前回同様のワルなロボットとなったチッティはニラーとイチャつき始めるのだが、「おふざけはこれまで。あなたはパクシにバラバラにされた。ナンバーワンは彼よ」と煽ってくる。しかしチッティは動じない。

「ナンバーワンにこだわるのはガキだけだ。俺様はオンリーワン。スーパーワン。唯一無二だ!」

 唯一無二のスーパースター、ラジニカーントだからこそ説得力のあるセリフだなあ。クライマックスのサッカー場での決戦はとにかくハチャメチャで、全編にわたって常識に囚われない驚天動地な場面の数々にひっくり返る。スーパーワンの活躍はワケがわからん。が、この後本家『ターミネーター』もやってないようなネタが飛び出してきて、単なるオマージュで終わっていないのがインド映画の奥深さであろう。ワケわからんが、本家を超えた!

 インドでは現在VFXスタジオが多く作られており、VFXの本場ハリウッドのスタジオもインドにサテライトスタジオを持っている。『ターミネーター』っぽいとは言ったが、その『ターミネーター』の制作に関わってるスタン・ウィンストン・スタジオの後継スタジオ、レガシー・エフェクツも制作に加わっているので、公開間近の『ターミネーター・ニューフェイト』が「正統な続編」と謳っているようにこの『ロボット2.0』も「正統なスピンオフ」と言えなくもない(バカな)。

  


Posted by 縛りやトーマス at 01:49Comments(1)映画

2019年10月31日

総集編まで駆け抜けろ

 2019秋アニメの中で、最もイカれてどうかしているアニメ、『神田川JET GIRLS』。

http://kjganime.com/


 地球温暖化により水面が上昇した世界で水上スポーツが盛んになり、中でも水上ジェットスキーを用いた「ジェットレース」は世界中に普及している。かつてのチャンピオンで、伝説のジェッターを母親に持つ女子高生・波黄凛はジェッターを目指し地元長崎から東京の浅草に転校してくる。そこでルームメイトの蒼井ミサに出会う。中学時代は名の知れたジェッターだったが、ある理由からジェットレースを辞めていた。彼女は凛と出会うことで再びジェットレースに復帰する。

 マシンをあやつる「ジェッター」、ウォーターガンで相手選手やマシンを撃って妨害する「シューター」の二人一組で行うウォータースポーツなのだが、ウォーターガンで撃たれた選手のスーツはダメージが蓄積されると安全のために弾け飛ぶ。そう、安全のために・・・だ!

 巨乳と巨尻描写には定評のある金子ひらく監督によるダイナマイトグラマラスなバディを持つ女子高生たちがこれでもか!とばかりにレース中の(いや、レースでなくても、だ!)乳と尻をド迫力のアングルで晒してくれる。あまりの限界突破な描写は常に謎の発光が飛び交っていた。AT-Xでは光がばっちり消されているので安心だ(何が)。

 というわけでアニメファンのみなさまから熱い支持を集めている『神田川~』だが、一方で安定しない作画の乱れが気になってましたよ。
 そして案の定、万策が尽きた(予定通りに制作が進まず、放送日に完成が間に合わず、放送自体が延期されること)のであった・・・


2019.10.31
放送のお知らせ

11/5(火)から放送予定の第5話について、
制作進行上の都合により放送を延期し第4.5話 「そうしゅうへん」の放送とさせて頂きます。
大変申し訳ございません。

第5話は11/12(火)から順次放送となります。




いくらお願いしてもダメ

 ジェッターには一時的にマシンのスピードを上げる「ブースト」が存在しているので、どこで使うかが腕前の見せ所なのだが、アニメ制作の現場ではブーストはかけられないのであった・・・

 本当に万策尽きるか、それとも土壇場で無事完成させられるのか、先の見えないゴールに向かって走り出すんだ二人とも!

  


Posted by 縛りやトーマス at 03:40Comments(0)アニメ

2019年10月29日

土壇場からの大逆転、これが上田慎一郎監督の作家性だ!『スペシャルアクターズ』



『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督による長編第二弾。『カメラを止めるな!』はたった2館で劇場公開がはじまったが、話題が話題を呼び、公開劇場数が増え続け最終的には300館越えを達成するロングラン・ヒットとなった。
 未曽有のヒットを生み出したあとの第二弾には当然のごとく期待がかかるわけだ。上田監督はワークショップを開催して出演者を公募し、18人に絞ったメインキャストにアテ書きする形で脚本を書こうとしたがプレッシャーに苛まれてまったく書けなかったのだという。
 キャストらが意見を出し合う形でようやく完成した脚本は「プレッシャーに異常なほど弱い男」が主人公の物語という、自分自身の置かれた状況をそのまま形にしたものだった。


 大野和人(大澤数人)は子供のころに見たテレビの特撮ヒーロー番組『レスキューマン』に憧れ、役者を目指すものの、オーディション現場で監督から「それのどこが演技だ!もっとお前の持ってるもんをみせてみろよぉ!」と『カメ止め』風に詰め寄られ、気絶してしまう。気弱な上に緊張状態が限界になると気絶してしまうという、致命的な欠点を抱えている和人はオーディションに落ち続け、警備員のバイトもまともにこなせず、家賃も払えずどん底人生。
 ある日、数年間会っていなかった弟の宏樹(河野宏紀)と偶然再会。宏樹は「スペシャルアクターズ」という俳優事務所に所属しているという。その事務所はドラマの端役などを提供する他に、依頼者の相談を演じることで解決するなんでも屋のようなことをやっていた。例えば恋人の前でええかっこをしたい、という依頼には酔っ払いを演じて依頼者に街中で絡んでわざと負ける、といった役を演じるのだ。

 金も仕事もない和人は演じることができる、ということでスペシャルアクターズに入所する。最初は映画館の笑い屋、行列の代行などをしていくが、思わぬ大仕事が回ってくる。実家の旅館がカルト宗教団体に乗っ取られようとしており、洗脳状態に置かれている姉の女将・津川里奈(津上理奈)を助けてほしいという妹・祐未(小川未祐)からの依頼を受けたスペシャルアクターズは事務所の全メンバーを総動員した大作戦を計画。その主要メンバーに和人が選ばれたのだ。
 大役を任され、まさに気絶しそうなほど緊張する和人だが、カルト教団の信者を装って潜入した旅館で女将の里奈と『レスキューマン』のヒロインを重ね合わせた和人は勇気を振り絞ってミッションに挑む。努力の結果、カルト教団がインチキだという証拠を手に入れるのだが、予想外のトラブルが続出、緊張状態はMAXに。気絶してしまえばすべては台無しになってしまう。和人は人生最大の危機を乗り越えられるのか。



 役者生活10年間で役者の仕事が3回、自分が役者をしていることは母親と知人の二人しか知らないという、異色にもほどがある経歴の大澤数人の存在感よ!そんな彼はワークショップで上田監督に「緊張を解くためにやわらかいゴムボールをずっと揉み揉みしている」というインパクトあるアイデアを出したりしていて、彼のなんともいえない素人感、よくぞこの人を見つけてきたなと。

 長編一作目の『カメラを止めるな!』はすでにある舞台演劇にヒントを得た作品であり、純粋なオリジナルとは言い難いかもしれないが、その根底には上田監督がプロの映画監督を目指そうとしながら、専門学校を中退、詐欺にあったり、ホームレスにまでなったりした苦悩と失敗の人生があり、追いつめられた人間が思いもよらない実力を発揮する土壇場からの大逆転があった。『スペシャルアクターズ』も主人公の和人が気絶しそうなほど追いつめられながら、ずっと好きだった『レスキューマン』への思い入れが超能力という奇跡の大逆転を呼び込む。失敗の人生を経験しながらも映画への熱い思い入れが失われなかったことが『カメラを止めるな!』という奇跡を呼び込んだように「ダメ人間の土壇場からの大逆転」というテーマこそが上田監督のオリジナリティであり、作家性なのだろう。

 そんな作家性が炸裂した『スペシャルアクターズ』は148館という規模で公開されたものの、興行ランキング圏外スタートとなり、興行的には大苦戦となっている。『カメ止め』でまさかの大ヒットとなり、今度はまさかの大苦戦。
 だが2館ではじまった映画がファンの支持に支えられてロングランとなったのだから、まだまだわからない。なにしろ、上田監督は「土壇場からの大逆転」の男なのだから。

  


Posted by 縛りやトーマス at 00:28Comments(0)映画

2019年10月27日

2019年11月告知

11月の予定です


11月3日(日)
『アイドル十戒放浪記 其の七』
場所:アワーズルーム
開場:18:30
料金:1500円(ドリンク別)
出演:竹内義和 しばりやトーマス

アイドルさえいなければ苦しまなかった人たちの慟哭。ゴキ帝YouTubeチャンネル登録数は果たして5万を超えるのか!!
※今月は日曜日開催となります


11月5日(火)
『旧シネマパラダイス』
場所:なんば紅鶴
開演:20:00
料金:1000 (1drink&1food付き)
司会:しばりやトーマス

昔の深夜番組みたいな映画企画。今回はリメイク作が絶賛公開中、ロシアの伝説的戦車映画『鬼戦車T-34』(1965)。デカいジョッキのビールが美味い!



11月16日(土)
『僕の宗教へようこそ一二三教義~地下ニュースグランプリ2019後半戦』
場所:なんば白鯨
開場:18:30
料金:1,000円(1drink別)
出演:しばりやトーマス アシスタント・トモ

毎年恒例の地下ニュースグランプリ、今年後半の話題を前夜祭的に紹介。これを見て来月にそなえよう!


11月21日(木)
『キネマサロン肥後橋』
場所:アワーズルーム
開場:19:00
開演:19:30
料金:500円(1drink別)
出演:しばりやトーマス

カルトについて語る若人の会。今回は勝新太郎VS三船敏郎、時代劇スター頂上決戦の『座頭市と用心棒』!



11月23日(土)
『桂ぽんぽ娘の京都ピンク花月~第六夜~』
場所:よしもと祇園花月
開場:18:30
開演:19:00
料金:全席指定2000円
ローソンチケットで発売中
https://00m.in/R1Gvw
出演:桂ぽんぽ娘 スマイル 瀬戸 マルセイユ 紅しょうが 瀧川鯉白 しばりやトーマス




11月26日(火)
『スーパーヒーロートーク』
場所:なんば紅鶴
開場19:45
開演20:00
料金:1,500円(1drink込)
出演 :にしね・ザ・タイガー ソエジマ隊員 花鳥風月 緒形 しばりやトーマス

スーパーヒーローにこだわってるやつらのスーパートーク。今月もイベント報告でいっぱい!